今年の2次は【チームバトルでエンタメ化】? ド先端で最新の2次対策に興味があるあなたのエントリーは、7/18(木)受付開始です。

★To-Be目指す答案

【4事例総難化対策】再現答案作りは当日ですか? / 試験を使って上位5%へ

採点係の世代・性別を考えると、控えめで可愛らしいものに甘いはず? まさかこの時期の萌え絵連打が、業界に波紋を与えます。

Q
よくふぞろいの再現答案が出来すぎ、盛り過ぎとからかわれるのは、スクール解答発表が一巡してから願望ワード盛り盛りにして提出する行為を許容するため。その真逆サイドで発展したのが【再現答案当日作成】だ。
A

生成AIが5秒で作る答に9ヵ月かかるのが、ふぞろい=ノロマと言われるD社のスピード感です。アレに間違っても寄り添われないために、当日作成で格差を拡げます。

生成AIが立証!再現答案当日作成の効果3選

①答案の再現性向上

当日に答案を再現的に作成することは、その場限りでなく、同じ手順で安定答案を作るスキルを確認できます。これにより、毎年変わる作問採点に対しマス目の書き方には一定のコツがあることを押さえ、一貫性のあるパフォーマンスを実現できるでしょう。

②思い付きナイスアイデアを抑止

当日中の再現答案作成を意識することで、無計画な思いつき答案を防ぎ、試験に求められる要件を満たす答案を作成できる可能性が高まります。具体的には、試験後我に返った時に決して書かないナイスアイデア答案を避けることで、安定好得点を獲得できるでしょう。

③上位5%の手順を意識し時短が進む

再現答案を当日中に効率的に作成するために、トップレベルの手順と計画を実行することが必要です。これにより、試験中のタイムマネジメントが向上し、制限時間内により多くの問題に対処する能力が高まり、時間の有効活用が可能となります。

【4事例総難化対策】再現答案作りは当日ですか? / 試験を使って上位5%へ

独立系のウチが業界ガリバーD社を日々からかって、試験の最新・先端を独占する理由。それはD社子飼い⇔上位5%の間では、集まる再現答案の中身が全く違うため。

100字で説得するなら3要素
D社子飼いに同じ人類を名乗らせないために、①再現答案を作る場所や時期、②予め用意した構文に根拠を転記する再現性、③答案提出先から使い道に至るまで、ふぞを反面教師に発展したと示す。(100字)

しかし試験合格とキーワード布教にかけては、人類最凶クラスにあきらめの悪いD社の子飼い。そこで3要素にあきたらず、5W1Hに並べてノックダウンです。

再現答案の5W1HD社子飼い上位5%の人類
Whenスクール公表後当日作成
Where自宅や図書館みんなで会場確保
Who--
What願望ワード盛り構文に根拠転記
Whyふぞへのお礼答案の再現性
How採点サービスへ共有サービスで
Q
When:再現答案の作成有無、作成時期そのものは合否を左右しない。しかし素早く作るかノロノロ作るかは、その人のスピード感やアジリティ(敏捷性)によりおっきく差がつく。
A

上位5%は効率的なタイムマネジメント力を持ち、試験当日に迅速かつ計画的に再現答案を作成します。一方、ふぞろい信者はスピード感や独自の戦略を欠いて依存心が強いため、スクール解答を見てから書くことが一般的とされます。

Q
Where:コミュ力を競う当試験では、再現答案をどこで作るかのWhereが意外と大事?
A

コミュ力の高い上位5%は事前に計画的に行動し、仲間と協力して再現答案作成の場所を決めて、効率的な環境を整えます。一方、ふぞろい信者は計画性が不足し、よくて自宅や図書館のぼっちで作ることがほとんどで、これも人類の二極化が進む一因です。

Q
What:さあいよいよ核心へ。上位5%⇔D社子飼いの再現答案では、そもそも何が違う?
A

上位5%⇔ふぞろい信者の最大の違いが、答案の構成です。上位5%はあらかじめ選んだ構文に根拠を埋めて書き、一貫性の高い答案を再現します。対照的に、思いつきや場当たり解答が多いふぞろい信者はその再現性も低いため、結果としてスクール解答の影響を受け、願望キーワードの盛り盛り答案になる傾向が見られます。

Q
Why:再現答案の中身や使い道は、もはや同じ人類と呼べないほどの二極化へ。その理由が、再現答案を作る目的の、そもそもな第一ボタンの掛け違い?
A

再現答案に関する情報格差が拡大する背後には、作成目的の違いが存在します。上位5%は再現答案とは答案の再現性を高める手段と考え、戦略的に活用します。一方、信者の再現答案とはあくまでふぞへのお礼であるため、熟考と推敲を重ね、いかにキーワードを数多く盛り込んだ願望答案を作るかを重視するとされます。

Q
How:最後におまけ。再現答案作成後の提出先や使い道まで、同じ人類と思えぬ二極化が進行中?
A

ふぞろい信者は願望答案を各種採点サービスに軒並み提出し、結果に一喜一憂する傾向があります。一方で上位5%は答案を互いに共有し、相互の手応えを確かめ、自分の選択が正しく、その結果合格に至ることで自己肯定感を段階的に高めます。こうして高める自己肯定感と、試験のクジが当たったぼっち同士が傷を舐めあうお受験サークルとの格差は、今後開くことはあっても縮まることはないでしょう。

今日のまとめ

Q
再現答案を作る目的+タイミングのわずかな違いで、同じ人類とは呼べない二極化がさらに加速へ。これからAIに代替されないために、再現答案当日作成は最低限のマスト?
A

D社子飼い⇔上位5%の最初の格差が再現答案
①集めた願望答案の低再現度をカバーすべく100枚単位を求めるD社に対し、②上位5%のお揃い答案ならサンプルはごく僅かで済み、③その結果答案の書き方の二極化が加速した。(100字)

当サイト恒例の【当日再現答案共有サービス】は今年も実施。そして当然D社のパクリを禁じることで、人類⇔そうでないお猿の二極化を加速します。

■■ここからテンプレ■■

-★To-Be目指す答案

PAGE TOP