R1以降のド易化した「1次」は、「2次」の最新テキスト代わりに使うと吉に。そこで「正解を先に見てしまう」新たな発想に、業界全てがざわめきます。

★As-Is競争

【入替戦結果報告】同業D社との差が加点箇所 / 試験を使って世間をクリア

ふぞろいが間抜けな裸踊りの寝言ではしゃぐ隣で、生成AIは深層学習を通じて日々進化します。

AIに負けるな!なる寝言はやめとけ。AIを味方にしてふぞを毎朝からかう方が、人生2倍は楽しいぞ?

Q
さて診断士試験に最速で受かるコツは簡単。それは知識+国語に苦労し弱いオツムを固くする100字訓練を避け、知識×国語を自在に組み合わせること。
A

チーム学習が5×10=50の結果を出すとき、よくある市中のお勉強会の成果が30で終わる原因は、ベテふぞをうっかり混ぜるボトルネック化(=バランスロス)。そこで混ぜてはイケない3馬鹿要素をチェックします。

①過去マス馬鹿

過去問の答を完全にマスターすることがお勉強と言い張るお馬鹿
過去マス馬鹿とは、過去問題に特化し、過去の試験問題の答えを完全にマスターすることが勉強の本質であると信じているお馬鹿を指します。しかし、診断士試験は予測不可能な質問や新しいアプローチも含むため、単に過去問だけを頼りにすることは十分ではありません。過去問に頼りすぎることで、試験の全体像を見失うリスクを意識しましょう。

②キーワード馬鹿

解答用紙に詰め込むキーワードの数こそが唯一無二の採点基準と信じたお馬鹿
キーワード馬鹿とは、解答用紙にいかに多くのキーワードを書き込むことが、試験の合否を左右する唯一の要因だと主張するお馬鹿を指します。しかし、試験は単にキーワードの数を数えるよりも、それらのキーワードが適切な文脈で使われていることが重要です。自分のたまたま合格がキーワードの数であると勘違いするのは結構ですが、それを公言するのは控える方が身のためです。

③イケカコ馬鹿

イケてない過去の亡霊計算問題集と笑われる、イケカコで味わった自分の苦労を周囲に強制するお馬鹿
イケカコ馬鹿とは、誤った古い計算手法や教材を用いて苦労した経験を他者に押し付けようとするお馬鹿を指します。しかし、他の受験者が同じ方法で成功する保証はなく、それぞれが異なる学習スタイルや強みを持つ認識すらないことで、お馬鹿と笑われます。他者に自分の経験を押し付けることが、それぞれの適切な学習環境を築く上で逆効果になるリスクを、その小さなオツムで少しは意識してから発言することが望まれます。

なお「バカ」とは、その道を極めた者・第一人者との敬称でもある。過去マス・キーワード・イケカコを極めたい馬鹿なら、そっちもアリな。

【入替戦結果報告】同業D社との差が加点箇所 / 試験を使って世間をクリア

そこで同業D社の3馬鹿要素を全面排除
デジタルなネットで情報が自由にやりとりされる時流。時代遅れのふぞろいノウハウをパクる必要は一つもありません。

そして当サイトが業界初出で公表したことは、同業D社のパクリは全面禁止。ベテふぞ要素を近づけないだけで、ここからの学習効果がダダ上がりに。

加点要素❶ 誤答のバツをマルに訂正

Q
過去マス馬鹿の弱点は、辞書より分厚いその量ゆえに、よくて3回お皿回しのふらふら知識。ではなぜ上位5%は、4択マークの誤答3択をバツからマルに
A

それは「資格試験馴れ」と呼ばれ、誤答選択肢のパターンを知ると、つい正解知識に直したくなる。そこをコンプすると知識が鉄板化します。

①正解選択肢のどこかを変えて誤答選択肢にする

国家試験である中小企業診断士試験では、作問ミスが許されないため、出題者は正解と誤答の選択肢を慎重に構成します。このため、正解選択肢のどこかを変えて誤答選択肢にすることが多くなり、さらに日本語としての制約上、その誤答パターンはいくつかに分類することができます。

②そこで誤答選択肢のバツを探してマルに復元

そこで「1次」500点を超える上位5%と言われる方たちは、4択マーク試験では正解を選ぶ他に、誤答選択肢のどこがバツであるかを意識的に注目して解き進みます。これらの誤答選択肢の微妙な違いに気づくことは、正解知識の記憶をより鮮明にする他に、同じ問題に対して様々なアプローチを学び、必要な知識を素早く習得する効果があるのです。

③同業D社比1問あたり4倍の知識を得て、国語力も同時にダダ上げ

過去マス勉が表面的な答をマスターする底の浅い勉強法とすれば、この学習法はAI分野で注目される深層学習に近いと言えます。同じ問題に対する理解が深まり、同業D社比で1問あたり4倍の知識を得ることを可能とし、「2次」試験で求められる国語力も向上するため、総合的なスキルを高めることができます。このようなバツマルドリルの効果を知ることで、同業D社勢と同じ学習時間でもその効率が大きく高まり、あの80分では解けない2次事例を時間内で解ける様に進化するのです。

加点要素❷ 生成AIを使って答案添削

Q
スクール勢=近年壊滅とからかわれるのは、古い知識やロジックに偏重し、【読みやすい答案】を作る力がゼロ以下だから。その隣で今年注目されたのが、マイ答案をAIに添削させること。
A

これまでのAI⇔生成AIの違いは、【正解がない】問題に答えるアドリブ能力。運ガチャな「2次」対策にはこれだと気づくかどうかの差ができました。

①猫でもわかる説得力と読みやすさ

診断士2次試験では、与件キーワードの引用だけでなく、説得力や読みやすさも採点基準になるとされています。生成AIは文脈を理解し、説得力のある文章を生成できるため、一定以上の合格答案を作る上で有利に働きます。

②複雑な問題にわかりやすく簡潔に答える

毎年難化する事例の100字記述式マス目では、複雑な問題に対してわかりにくいベテ答案で返すよりも、明確かつ簡潔に回答する方が好スコアになるでしょう。生成AIは大量の情報を処理し、適切な言葉で問題にアプローチするため、難解な設問になるほど、よりわかりやすい文章で解答することで加点になると考えられます。

③時間&学習効率の向上

生成AIを活用することで、素早く質の高い回答を何度でも繰り返し生成することができます。これにより試験時間内に的確かつ効率的な回答するスピード感が養われるほか、答案の再現性の向上と共に時間管理も実現できるのです。

加点要素❸Ⅳ対策に「TACの解き方」

Q
最後に同業D社⇔会計ガチ勢の格差とは、過去問の答を完全マスターするか、理論を用いてわかりやすく説明するかの差?
A

会計accountingに求められるのは、計算力より説明責任accountabilityです。その差を踏まえ、難解になりがちな理論+会計用語を正しく学べることが、「TACの解き方」の利点です。

Ⅳ対策をするなら最初に「TACの解き方」を。その後に他社問題集に手を出すか否かは自由です。

①第1問経営分析は、簿記知識不要で解ける

TAC「事例Ⅳの解き方」は、第1問で必ず問われる「経営分析」に焦点を当て、簿記知識を前提とせず最低限のBS(貸借対照表)やPL(損益計算書)の知識を用いて解答できる方法を提供しています。このように、初学者や簿記に自信のない受験生でも、不安なく事例Ⅳ学習をスタートできる工夫がされています。

②第2問CVP→第3問NPV→第4問ポエムを正しくカバー

次に「Ⅳの解き方」では、第2問CVP分析から始まり、第3問NPV(正味現在価値)法へと進み、最終的に第4問のファイナンスポエムに至るまで、正しい順番で論点が並べられています。この正しい構成に準じることで、一見単なる計算演習を重ねながら、理論的に正しい解き方が段階的に身につく仕組みになっているのです。

③誤解や誤植のない安心のTACブランド

TACは会計領域において信頼性の高いブランドであり、他社問題集と比較して誤った解き方や用語の使い方の心配がなく、誤解や誤植のない会計知識を提供しています。これにより、簿記知識のない初学者でも安心して最短最速で合格答案60点のラインに到達できる仕組みになっています。

今日のまとめ

Q
同業D社が一生知らない所が、この試験における加点箇所。そこで過去マス馬鹿が一生知らない知識をホールド(手がかり)にして、あらゆる壁を自在に超える?
A

加えて、ボルダリングを楽しむ上では【登るルートをまず考える】。そこで一にも二にも、「企業経営理論」では過去マス以外を使います

■■ここからテンプレ■■

-★As-Is競争

PAGE TOP