【答案デザイン論】10連休の9本動画で8割当選(落とす技術と採用基準)

ふぞ15発売延期で、今年のベテ冷遇&短期決戦化が確定。ネット2級の100h★チャレンジで思考の加速な。

ド苦学で350hかかる2級を、100hで受かるteam学習。スピード感をそこで培い、秋の試験に乗り込みます
■■テンプレここまで■■
ベテ回避に朗報? まとめシート実況解法R3

新作事例はこう読み、こう解き、こう書くと採点係が読みやすい。それを品切れリスクゼロでいつでも買える550円の電子書籍が早くも発売へ。

Q
ほう、中身は良いが時期が良くない。来年は6月末ふぞ発売の直前にリリースし、奴らにパクらせないのが常套手段。それくらいは教えておこうぜ?
A

後日紹介しますが、まとめの解法は作問採点係から見た理想。そこで正解を先に知って視野が狭まらない様、当カンファ内では6月末まで開封禁止で合意済です。

【答案デザイン論】10連休の9本動画で8割当選(落とす技術と採用基準)

初学短期合格優遇=「2次」は長期間勉強するなのメッセージ。そこでつい勉強したくなる💛を抑えるコントの紹介な。

【答案デザイン論】ではどう受かるかより、落とす技術を
試験で落とす順序はベテ→ふぞ→パクリ。そこで答を覚えるベテを頭まっ白に追い込み、普段の地が出るヘタクソ国語+イケ好かない決めつけ答案を最初にバツ出し。(100字)
【答案デザイン論】の基本は採用試験
ベテ・ふぞを当落圏外に蹴飛ばす次は、誰から採用するかの技術を。①読みやすさ→②知識→③因果でつなぐ説得力と仮定すると、ほぼそのまま幼稚園お受験→中学入試→社会人入学に相当。(100字)
これまでの事実をまとめる帰納法、これからのミライに当てはめるのが演繹法
“演繹法と帰納法は論理的な考え方の流れが真逆です。演繹法は用いられやすいものですが、前提に置く事実が間違っていると論理破綻してしまいます。一方、帰納法は結論が間違っている可能性があります。”
出典:記事作成代行屋

今日のまとめ

「2次」解法の正解知りたきゃ、○○○シートを
ところがシンプル・明確・簡単すぎるため、功を焦るベテ予備軍ほどよせば良いのにノウハウ集めにまっしぐら。そして80分で解けないノウハウで身動き取れず今年もショボンに。(100字)
Q
そうか、○○○シートは初学に良いが、ベテが読むときゃご用心。あの解法こそ究極のECRS=80分に間に合うベストであって、余計なおミソを足すから本番ドボン
A

正解を先に知ってしまい、我慢できずに余計を始めるウンコはドボン。明日はGWのド本命、作問的に正しい方の学習時間の使い方の紹介です。

■■記事はここまで。以下は固定のバナーです■■

4/30発売開始。入手はamazonから、ご本人の告知動画も追加しました。