おベテの暇つぶしの道具に使われ、世間の役立たずどころかノロマ扱いでしかない、診断士Ⅳ固有の電卓パチパチ勉。その真逆で「Ⅳ」CVP~NPVを猫でも得意化するのが、今回のGW特集5回シリーズ「マンガでわかる管理会計」です。

キャリア&スタイル

【結果発表直前特集】5分でわかる解像度UP / 物事の理解を深めて実現

あともういくつ寝ると2割ガチャ。1,600名バブル採用で当選後の競争が加速する資格で好感されるコツを、動画↓を引用して準備します。

Q
ボクはコミュ障の話し下手で、よく「ふわっとしている」と笑われます。こんなボクでも企業診断士になれますか?
A

あくまでペーパーテストの2次はワンチャンありますが、その1,600名がさらに競って鎬を削るのが士業の世界。そこでは話し方の上手下手=解像度の高さで白黒がつきます。

①何でもコスパ・タイパの時代が求める解像度

解像度の高い会話がビジネス上で求められる理由は、情報過多と時間制約が多忙なビジネス環境で日常的であるためです。解像度の高い会話は、情報を簡潔で明確に伝え、相手に理解を促すことで、時間とリソースを最適に活用し、スピーディーな意思決定を実現します。

②話の解像度を上げるコツ

話の解像度を上げるためには、要点を先に伝えることが重要です。最初に重要なポイントを伝えることで相手の興味を引き、コミュニケーションを効果的に構築できます。また、具体例や数字を用いて抽象的な概念を具体的に説明し、相手に明確なイメージを提供することも効果的です。さらに、質問を活用して相手の理解度を確認し、コミュニケーションを双方向的かつ効果的に進めることができます。

③解像度を上げて話す効果

話の解像度を上げることにより、効果的なコミュニケーションが可能となり、情報の迅速で適切な伝達が実現されます。これによりビジネスプロセスが効率的に進み、迅速な意思決定が促進されます。同時に、解像度の高い会話は誤解を最小限に抑え、プロジェクトや業務におけるリスクを低減させ、成功への道を開く役割を果たします。

【結果発表直前特集】5分でわかる解像度UP / 物事の理解を深めて実現

要するに、試験合格程度で同業D社におだてられ、ノロマな合格自慢を1年も続けると会話のタイパ・コスパが悪くなる。そこで今年企業診断士として活躍するなら、最優先するのが【話の解像度】です。

ヒトの【賢さ】は話し方で相手に筒抜け
①従来無意識に行われていたヒトの間の「格付け」解像度が上がり、②話の深さ・広さ・構造でその説得度がレベチになるうえ、③過去から未来の時間を意識するかで結果に差が出る。(100字)

試験合格者であるか否かでマウントが起きたのがこれまで、その話し方や情報発信の解像度で差がつくのがこれから。ノロマなG格自慢で群れたい間抜け以外は、同業D社を全面回避な。

本来2時間かかるビジネス書が28分の動画で紹介され、さらにその骨子をAI解説すると5分でわかる。今はそれだけスピード時代です。

解像度❶ 話の深さ

Q
「話の深さ」を試験で言えば、洞察insight力を指す?
A

当試験で強く求められる洞察insightとは、予め準備したパターンやテンプレ解答をマス目に埋めるのでなく、答案の根拠を適切に引用して解像度を上げることを指します。

①行動の加速を促す話の深さ

すぐ行動する前に事前の情報収集や計画を怠ると後で問題が発生するため。話の深さを意識することで、行動に先立ち情報を深く理解が進み、より計画的な行動を可能にします。これにより、リスクを最小限に抑え、効果的かつ持続可能な結果を生み出すことができるのです。

②現場(与件)のリアルな情報を得る

現場のリアルな情報は意思決定において非常に重要です。話の深さを持つことで、抽象的な情報だけでなく、具体的で実際の状況に即した情報を集めることができます。これにより、より正確かつ適切な意思決定が可能になるのです。

③ミスを恐れず次の行動で修正

どれだけ計画を立て、情報を収集しても、毎年予測不可能な状況が生じるのが診断士「2次」試験です。ここで話の深さがあれば、ミスや予期せぬ問題が発生した際に迅速に修正することができます。1年間準備した通りに書いてやろう、周囲の初学者より一言多く書いてやろうとイキるおベテの相手をすることなく、60点取ればよい試験でのミスを恐れず、「次に修正すればよい」とする割り切りが欠かせないのです。

解像度❷ 話の広さ

Q
「話の広さ」を試験で言えば、とにかく与件の解答要求に沿って書く、【傾聴力】のこと?
A

はい、題意を無視した超絶知識を書くとベテ、よくわかっていないまま並列列挙するのがふぞ。そうでなく無意識に行われがちな【訊かれたことに答える】の解像度を上げるのが傾聴力です。

①幅広い知識を持つ

興味を広げることは、様々な分野やトピックに対する理解を深め、幅広い知識を身につける基盤を築くことにつながります。話の広さがあれば、ビジネスや人間関係において異なる視点から物事を捉える能力が向上し、柔軟性を発揮できるのです。

②本を読んで人の話を聞く

話の広さは、本や他者の経験を通じて知識を増やすことに貢献します。広範で多様な情報源に触れることで、深い洞察や独自のアイデアを生み出す能力が向上します。これはビジネスにおいて創造的な問題解決や革新的なアプローチを可能にするのです。

③視野を広げて選択肢を増やす

話の広さは視野を広げ、多様な選択肢を理解する力を育む役割を果たします。異なる分野や文化に関する知識があれば、新たなアイデアや戦略を見つけ出し、変化に対応するための柔軟性を養います。これにより、ビジネス上での意思決定や問題解決をより効果的に行うことができます。

解像度❸ 話の構造

Q
「話の構造」を試験で言えば、予め体系化された知識を持ち、設問で訊かれたことを抽象化して、具体的に答えるスキルのことだ。
A

いきなり真相を突いてきますが、今の「事例Ⅰ」「Ⅱ」なら同業D社でもある程度歯が立つ。ところが凶悪難化の「Ⅲ」、宇宙語の「Ⅳ」では、D社がカバーできない領域での工夫が必要です。

①幅広い知識を持つ

会話の構造を考える際、自分の知識の範囲や不足している領域を明確に把握することが重要です。知る・知らないを図に書き出すことで、相手との対話がより効果的に進み、新たな知識の獲得や理解が促進されます。

②頭の中の考えを図にする

会話は複雑な思考の交流です。頭の中で考えていることを図にする習慣を持つことで、自分の意見やアイデアを整理しやすくなります。これにより、相手に分かりやすく伝えるだけでなく、自分自身の理解を深めることができます。

③理解した点、まだの点を知る

会話は双方向の情報交換です。相手の話を聞く中で、自分がすでに理解している点や理解が不足している点を確認し、次に知りたい情報や疑問点を明確にすることが大切です。これにより、より深い対話が可能となり、双方が共に学び合える環境が構築されるのです。

解像度❹ 時間軸

Q
同業D社が夢にも思わぬ試験のミライを、歯に衣着せずにズバリ的中させるこのインチキサイト。どうすればそんなにいかがわしくなるのか教えて?
A

とても人に物を聞く態度と思えませんが、感情を持たない生成AIなら、常に【後方予測型】の文章で、猫もうなずくミライを的中させることができます。

①過去の流れからミライを予想する

時間軸を意識することで、過去の出来事や傾向を考慮しながら未来を予測することが可能となります。これにより、リーダーシップや戦略の立案(事例Ⅰ)において、より現実的かつ持続可能な計画を策定することができるほか、ミライに対する答が求められる「助言問題」を得意化できます。

②過去の失敗例をチェックする

時間軸を考慮することで、同様の課題やプロジェクトにおいて過去に発生した失敗例を把握しやすくなります。これにより、同じ失敗を繰り返すことを防ぎ、学びを生かした賢明な意思決定が可能となります。過去の失敗からの教訓は、解像度を高める上で貴重な情報源となります。

③自業界や試験に起きる将来を予測する

時間軸を考慮した話は、予測力を高める効果があります。特に自業界の未来や今年の試験がどう変化するかを予測することは、市場の変化や新たな機会に対する洞察を深める手助けとなります。これにより、競争優位性を構築し、将来に向けた戦略的な取り組みが可能となるのです。

今日のまとめ

この記事の解説動画は、試験の話題に全振り。そのあとにオリジナルの動画を見ると、「会話の解像度」の上げ方と、上げた効果が丸わかりです。

Q
そしてこの28分の解説動画は、最後に良いことを1つ言い残している。それはズバリ、【顧客の課題を知り】【解像度で競合と差をつける】こと。
A

それを試験主催者の課題でいえば、【ベテとふぞをどう8割落とすか】。解像度で差をつけるとは、【時間切れのノウハウテンプレな一般知識解答をいかに防ぐか】。そしてこう解像度を上げることで、今年の試験の競争レベルは同業D社が一生知らないレベルにダダ上がりです。

■■ここからテンプレ■■

ベテやふぞが過去問の答を必死に覚えてその小さなオツムを固くする隣で、柔軟な話題にさっと答えてタイムマネジメント力をダダ上げする【過去問RTA】。世間の誰も気づかぬ内に、今年R6の「2次」対策は既に春爛漫の満開モードです。

-キャリア&スタイル

PAGE TOP