【抜け駆け合格】「2次」筆記の競争セオリー(Competitor)

【抜け駆け合格】「2次」筆記の競争セオリー(Competitor)

「2次」は確率20%のくじ引き競争。
従い3C、5フォース位は当たり前。

Q:ねぇ、知識記述型の試験なのに、なぜ確率20%のくじ引きになるの?
A:第一に、解答技術研究が進み、「書く力」では点差がつかないから。第二に、合格努力・実力の高い方をあえて落とすべく、わざと答えがブレる=不確実性の高い出題をするからです。
Q:それでも一部の方が、確率50~80%で突破するのはなぜ?
A:国語的or理数的読解力がもともと高い方の場合、「読み書き」を苦にせず、「2次」を「経営・診断セオリー」を体系化する機会と捉えます。よく「答えは与件に書いてある」とも言われますが、素養が影響するため、万人向けではありません。
Q:国家試験のくせに、合否がくじ引き、抽選でいいの?
A:アリです。当試験はハイリスクハイリターン。つまり合格努力・実力ある人ほど不合格にされるからこそ、合格プレミアムが高まります。確率20%までは努力やノウハウで到達できるので、完全「運ゲー」とされる某文系国家資格よりマシ。そう絶妙に設定されたクギを読む試験とも言えます。
Q:ねぇ、たかが試験ブログがこんなこと書いて、炎上しない?
A:昨年までなら炎上です。ただ最新体験記を読む限り、出題側の工夫が奏功し、合格者がガラり入れ替わって上方シフトしました。H30「2次」は予断を許さぬ厳しい戦いになりますし、一部の診断士スクールは、もう遥か前方を走っています。
おやおや、これは大変な試験に申し込んでしまった?

いえ大丈夫、合理的に判断できるのが、ヒトの特長。

市中の勉強会への参加や、試験ブログに目を通すのは、
合格ヒント探しより、周囲がナニ考えているかの市場調査。

そこでね。

A:うは、合格先輩はやはりすごいでちゅ!早速パクろう。
B:そうか、この位でたまたま2割、ここで計画たまたま5割か。

自分がA⇔Bどちらでもいいんです。一つはっきりしているのは、正しい合格努力・実力を積み上げると、「2次」は確率20%以上で通過できること。

【抜け駆け合格】「2次」筆記の競争セオリー(Competitor)

導入編の今日は、「競争の森」に深入りはせずこの辺で。そこでとっておきを一つだけ。

当試験の合格先輩のうち、「初学ストレート」に一旦絞ると、合格パターンは大別して2通り。

この時、一般に「読む→考える→書く」と言われる解答モジュールのうち、この先輩は「読む」「考える」いずれを重視? そう積極的な読み方をすると、試験ブログはますます宝の山に。

今日のまとめ

確率20%のくじ引き試験をどう戦うか?

それにはね。「合格者の上半分」に特有の諦観が参考になります。

計画たまスト50%の諦観
「2次」合否は最終的には、語彙を含む国語の試験。
日本語を母国語にする者同士、有意な差はつかない。
疲れ切った採点者相手に余計なコト書いたらドボン。

そうか、この試験では「周囲より良い答案を書く」こと以外のどこかで競争優位を。でもこの答えはすぐ出ません。そこで明日は協力者(Co-operator)の話です。

ポチっと押して「アイデアいただき」。
スッと爽やかにページが閉じます↓

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村

    2次判断(競合)カテゴリの最新記事