2次判断(競合)

2次判断(競合)

【5,000人全員に合格チャンス】ラスト1週で伸びるコト

背伸びをしない等身大のキレイな日本語 診断士受験者は、その努力も実力もバラバラ。でもなぜ5,000人全員に合格チャンス? その疑問は、ごく簡単な三段論法が答えてくれます。 ①スコアが伸びやすいのは、背伸びをしないキレイな日本...
2次判断(競合)

【10月勝負】決勝戦は延長戦?~10回表裏の攻防

10回表裏の攻防。 画像:広島カープブログ 1次は予選、2次が決勝! 勝負は9回ウラの最後まであきらめない! そうかな、「2次」対策の9回ウラとは9月末に相当。ここで全員の合格率が一旦20%に揃い、10回表裏の延長戦で勝...
2次判断(競合)

【9月振り返り】試験委員 今年はどこを 狙い撃ち?

「今年はどの事例で意地悪するか」を考え中の試験委員(イメージ) 巷で良く言われることが、「10月の試験ブログは沈黙期間」。 上場企業などが、決算情報の漏洩を防止し、情報公開の公平性を確保するため、決算に関する情報提供や質問に対...
2次判断(競合)

【中間折り返し】地方・独学有利への変化と根拠

結局は 試験委員の 思う壺。そして全員合格チャンス。 中小さまざまなスクールが軒を競うと思えば、試験サークルが巨大化しそれを飲み込む勢いの「2次」対策。 でもなぜ得点開示に答案分析に無料コーチング。診断士の本業そっちのけの...
2次判断(競合)

【ブログ村のポチ】虹色からモノクロまでの選択肢

①蛍光ペン2~3色②虹色の5~7色使い③4色ボールペン④男は黙ってモノクロで 問題用紙、与件の根拠にどうマークする? すると視認性や書き味の点から「①蛍光ペン」の人気が最も高い。 しかし「②虹色使い分け」を極める方もいれば、カ...
2次判断(競合)

【ブログ村のポチ】国語力の合格目安(下)

等身大で、すぐ会える。ではお目当ては誰にしよう。 いえいえ、アイドルブロガーといえど十人十色。手当たり次第にパクっていたら論調が途中で変わり、気づいた時には本番直前。ぶっつけ本番が通用するはずもなく、来年またいらっしゃい。そんな...
2次判断(競合)

【ブログ村のポチ】国語力の合格目安(上)

等身大の、会いに行けるアイドル 試験サークルとは「会いに行けるアイドル」(HAKS氏の定義による)。するとセミナーが「握手会」で、そこで直筆サインや使った参考書のプレゼント。 さらに見逃せないのが、「毎日会える」。熾烈な競争の...
2次判断(競合)

【検証都市伝説】仙台・広島受験が受かりやすい噂

「2次」受験は7地区から「好きに」選べる。 受験申込はなるべく遅くしなさい。最近のスクールはそう指導するそうですが、そもそも「東京地区は避け、仙台か広島で受けよう」と囁かれる。それが「2年目上級生」「多年度生」の世界です。 ...
2次判断(競合)

【2次合格者数予想】4,945×20%=990人(法務+8点考慮後)

(前)4,279×19%=828名(予)4,945×20%=990名 本日の「1次」合格発表で無事合格を確認された皆様、この度はおめでとうございます。そして下馬評を上回る「8点加点」が行われた合格ライン。この意味するものが、 ...
2次判断(競合)

【合格スタイル別】④不合格リスクアプローチ

実力はもう十分。ではミスをどう避ける? この先「2次」の演習を積み重ねると、「表面上の点数では受験者間に有意な差がつかない」。そこに誰でも気が付きます。そのとき、 △周囲より良い合格答案で目立とう!よりも ○...
2次判断(競合)

【2次で抜け駆け】サイトタイトル変更のお知らせ

一時代を築いた「勝ち組」は、どうして新時代の技術・競争に出遅れがち? 診断士の重要論点「技術経営」で必ず教わるイノベーションのジレンマ(経営学)。その競争モデルを経済学の視点で説明するとあって、診断士なら見逃せないのが当書です。 あ...
2次判断(競合)

史上初【奇説?珍説?】540点合格者の競争視点

540点合格者は、誰をライバル視? A:実力たっぷり2年目上級生では。 B:いやいや場数に自信の多年度生。 いえ、両方違います。(当サイトは540点合格ではないので妄想ですが)「確実なスト合格」...