CATEGORY 2次判断(競合)

  • 2018.08.17

【合格スタイル別】④不合格リスクアプローチ

実力はもう十分。ではミスをどう避ける? この先「2次」の演習を積み重ねると、「表面上の点数では受験者間に有意な差がつかない」。そこに誰でも気が付きます。そのとき、 △周囲より良い合格答案で目立とう!よりも ○採点者に×を付けられるミスをなくそう。 上手にミスをなくす方法があるのかい。 はい、「上手に […]

  • 2018.07.01

【2次で抜け駆け】サイトタイトル変更のお知らせ

一時代を築いた「勝ち組」は、どうして新時代の技術・競争に出遅れがち? 診断士の重要論点「技術経営」で必ず教わるイノベーションのジレンマ(経営学)。その競争モデルを経済学の視点で説明するとあって、診断士なら見逃せないのが当書です。 あっと驚くあの大企業が苦戦中。と思えば、amazonやFBは競合企業を […]

  • 2018.06.08

史上初【奇説?珍説?】540点合格者の競争視点

540点合格者は、誰をライバル視? A:実力たっぷり2年目上級生では。 B:いやいや場数に自信の多年度生。 いえ、両方違います。(当サイトは540点合格ではないので妄想ですが)「確実なスト合格」を狙う時、ライバル視するのは「後から追いかけてくる平均的な初学スト生」です。 【妄想の根拠】 出題側の合格 […]

  • 2018.05.18

【それを言っちゃう?】特定スタイル偏重は狙い撃ち

なるべく多様な方を合格させたい。 古典的な「2次」受験の世界では、「わが校、ボク達の模範解答や解答メソッドがいかに優れているか」。ネットやブログで日々宣伝し、周囲にパクらせるとその答案が多数派になり、自分が受かりやすい。 ところが受験技術の発展で、5,000枚の答案がおそろい化すると。 特定スタイル […]

  • 2018.05.13

【ブログ村のポチ】今週2番目に役立った記事

「2次」の世界にリーダー不在? ①共食い・②抜け駆け・③能力格差。当試験の合格スタイルを3つに分け、さらにコトラーの競争地位別戦略におきかえると、こう↑。そしてさすが「中小企業」診断協会。 独占や寡占、大手企業には敵愾心。自称多数派!や自称リーダーを見つける度に、狙い撃って8割落とす。 すると診断士 […]

  • 2018.04.15

【8月先取り】ウサギとカメは1勝1敗1引き分け

Q:なぜ今、猫も杓子もストレート狙い? A:確率上、一年でたまたま受かるとコスパが良いから。しかしたまストを狙うハイペース学習は、2年目以降「こじらせる」リスクへの注意が必要です。 診断士を受けるならセオリー勝負。例えばマークシートの「1次」対策なら、誰でもこう口を揃えます。 暗記を工夫し、苦手にし […]

  • 2018.03.28

【ほっこりストレート】視覚で磨く合格センス(後)

Q:この試験、なぜ合格バーが年々上がるの? A:得点開示+再現答案が進化し、昨年の合格答案が今年の競争スタートラインになるから。 具体的には「合格さえすりゃ言い放題」など、今は昔。 甲さん:70・70・70・70=280点合格の再現答案 乙さん:55・55・55・80=245点のボーダー合格 合格答 […]

  • 2018.03.27

【ほっこりストレート】視覚で磨く合格センス(前)

【スト合格の3要素】 センス・地頭・たまたま。 スト合格とはセンスと地頭。でも「いえいえ、たまたま」と一言添えれば、ほっこり納得。診断士には「中庸性」が求められ、あまり尖っちゃいけません。 そこで、試験の合格ばかり考え、ついつい思考が丸くなる前に。初学スト生らしい文章で、鋭く切り込むとこう。 センス […]

  • 2018.03.16

【抜け駆け合格】「2次」の合格目安~ グラフの異常は変化のサイン

この2つのグラフ、何がヘン? ※グラフ:診断協会HP公式統計資料より当サイトが推定した申込・合格平均年齢の推移。もちろん詳細データでなく、30代→全員34.5歳と仮定した傾向値。 A:合格者平均年齢は、「2次」の方が一貫して低い。 今日の合格目安は、試験の合否にかかわる競争=数字の話。まず前提として […]

  • 2018.02.28

【抜け駆け合格】「2次」筆記の競争セオリー(Competitor)

「2次」は確率20%のくじ引き競争。 従い3C、5フォース位は当たり前。 Q:ねぇ、知識記述型の試験なのに、なぜ確率20%のくじ引きになるの? A:第一に、解答技術研究が進み、「書く力」では点差がつかないから。第二に、合格努力・実力の高い方をあえて落とすべく、わざと答えがブレる=不確実性の高い出題を […]

  • 2018.02.10

【現場対応】磨け、ミライの予想力~「2次」編

「2次」のミライ予想は難しい。 だから「2次」で起きるミライは、対価を払ってもぜひ知りたい。 年25万円のプレミアム価格のビジネスモデルは、どうやらその辺にありそう。ですが当サイトのミライ予想は完全無料。だってあくまで「合格仮説」。予想する分にはタダなのです。 【現場対応】磨け、ミライの予想力~「2 […]

  • 2018.01.03

【ほっこり初夢】「2次」適性検査説

「1次」が脳のスポーツテストなら、 「2次」はその後の適性検査。 当サイトでは「2次」=卒業検定と位置づけていて、「適性検査」は今回出てきた新しい概念です。 解釈A:診断士としてのハートや、心の在り方が問われる。 解釈B:「右下」を期待したとき、「上」と答えると1OUT。 提案者ご本人はきっと解釈A […]

1 4