【学習仮説】クロスオーバー×インターリーブ

【学習仮説】クロスオーバー×インターリーブ

クリック(応援)お願いします。 にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ にほんブログ村


カタカナが四字熟語になった時、
試験のミライを変えるゲームが始まる。

ミライとかゲームとかいつもウザいよ。今忙しいんだよ、後にしてよ。

いえ、そうでなく。目の前の完成答練に一意専心する時期。そときあえて別のコトを考え、投入した努力・実力以上のスコアを叩き出すのがインターリーブ学習効果。

クロスオーバー=異種融合
インターリーブ=交互配置

カタカナ用語は誤解を生みやすく、ブログならでは「合格さえすりゃ、言い放題」の原則で、時に悪用すらされる。そこでこれも当試験ならでは、図を描いてイメージする。

クロスオーバー(異種融合)とは、例えばこう。

画像:日テレ

クロスオーバー作品 Wikipedia
複数の独立したシリーズが一時的に一つのストーリーを共有、進行させる事をいう。並立したストーリーラインを、新たなストーリーラインが横断していくと解釈してこの名がついた。

  • 8頭身と4頭身のキャラクターが同時に存在するのはヘン。
  • 泥棒と殺人事件ではカテゴリが違うのでは。

そんな意見がある一方、

  • いやお父さんと息子が、お姉さんの色気にムフフ・・な点で共通。

そんな組み合わせが受けるのか、クロスオーバー作品の人気は高い。試験の話に戻すと、受験校の答練・模試になく、本試験(過去問)のみにあるのが、

「経営」を解いていて、突然「経済」。H26第30問
「生産管理」で、突然「店舗管理」のバーコード。H25第7問

このクロスオーバー出題の意図については、ぜひ議論を深めたい。

インターリーブ(交互配置)とは、例えばこう。

画像:Jリーグanalyze

例えば1科目をやりこんだ後、いったん別な科目を解いてから戻る。すると知識の共通点がクロスオーバーし、つながりが増えて理解UPを促す。

本試験対応としては、1週間に2科目、本番2日で7科目の様に、多様な知識を同時並行で処理する場合、忘れにくく、思い出すのが早くなる。

そうか、「1次」7科目の知識とは、単に問うだけでなく、クロスオーバーやインターリーブさせると価値が出るのか。そう感じた方に以下の表を紹介。

中小 法務 情報 経済 運営 財務
経営 経営革新 国語の問題
最後の2択
IT経営
経営意思決定
システム
成長戦略
不確実性
マーケティング
製造・サービス
/店舗管理
構造的意思決定
財務 資金支援 金融商品取引法
内部統制J-SOX
限界概念
費用曲線・CVP
不確実性
業務的意思決定
経済的発注量EOQ
活動基準原価計算ABC
運営 短納期対応 品質・環境
消費者保護法制
平均故障間隔MTBF デシジョンツリー
経済 経済統計 知的財産権
独占禁止法
HHI指数
情報 生産性の向上 暗記手法基本→応用
法務 中小企業基本法

 

今日のまとめ

異種融合に交互配置。過去問で問われたクロスオーバー出題をまとめたのが上の表。

ここにオヤ?と違和感を覚えるのは、「1次」知識を満遍なく押さえ、「実力以上のスコアを叩き出す」荒稼ぎモードに入った方の特典。

なぜクロスオーバーな出題があるのか。受け手がインターリーブするとどんな効果があるのか。当試験、試験ブログが解明できる余地はまだまだ十分。ではまとめ。

・カタカナ用語は極力四字熟語へ。字数節約し、誤解も少ない。
・2科目が異種融合すると、新たな切り口や価値が生まれる。
・複数科目を交互配置学習すると、実力以上の学習効果が生まれる。
・クロスオーバーにインターリーブ。「1次」の競争環境は毎年成長。

クリック(応援)お願いします。

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村

    1次Action:スコアUP策カテゴリの最新記事