ふぞろいが反面教師で、ノウハウ全面禁止。増枠時代の試験のミライを先取りします。

【ラスト2週の使い方】7が「1次」のラッキーナンバー

7種のトレーニング効果。

多忙なこの時期、「経済学は理解が大事!」なんて世迷い言を信じる人はいないけど。

診断士「1次」は、7科目もある暗記試験。
診断士「1次」とは、過去問回して答えの暗記でOK。
具体的には難問DEを捨て、重要ABCの全4択を暗記。
暗記でなく理解するのは、「2次」で使うにじ論点
この割り切りで、「1次」420点をラクラク超える。その根拠は?
①診断士「1次」は4択マーク。最低1つは「誤答選択肢」に。
②誤答パターンは全部で7つ(うち4つは国語のひっかけ)。
③それを7科目で鍛え、間違いに気づく眼力を磨く。

ではラッキーナンバー「7」に注目して、おさらいを。

【ラスト2週の使い方】「1次」の7はラッキーナンバー

ラッキー1⃣ 選択肢の作り方は7通り

解説

こちらは先日紹介した過去問5年分のデータそのまま。でもよく見ると、①計算問題~②グラフを最初に得意化すれば、後は③用語入れ替え~⑥長文の因果ズレの4パターンで当たります。

解説
こちらは選択肢の作り方パターン別の正答率です。③用語入れ替え(空欄補充)がサービス問題と知っておけば、⑤形容詞エラー ⑥長文因果の誤答選択肢をじっくり復習する時間を取れます。

参考:「経営」H29第36問 誤答×エ

主語目的語形容詞述語
③用語入れ替え③用語入れ替え⑤形容詞エラー④結論あべこべ
○マーケティング視点での製品開発におけるコスト設計では、○製造コストと販売コストの低減が×すべてにおいて
↑ここがウソ
○優先課題となる。

ラッキー2⃣「財務」計算パターンは7通り

解説
こちらは「財務」5年分126マークの分析で、うち77マーク(61%)が計算問題です。「タイムテーブルといえばNPV」「分数を使う代表は経営分析」「グラフで解くのはファイナンス」。

計算問題の基本パターンは全部で7つ。そう知ると、「Ⅳ」対策のスピードに違いが出ます。

ラッキー3⃣ 7月の過ごし方”

初学スト生最新の7月の過ごし方はこの3通り。詳細は後日に。

 A:抜け駆け合格
7pt
B:スト合格者平均
4pt
C:「1次」専念
3pt
「事例Ⅰ~Ⅲ」対策★★★
「事例Ⅳ」対策★★★★
「1次」対策★★★★★★★

今日のまとめ

そうか、ラッキーナンバー「7」を使うと「1次」に有利。

でもこんな受験校が教えるセオリーを、ブログで勝手にネタバレOK?
はい、OK。それは一方的に何かを教えるのでなく、最新・先端の受験者行動を観察し、セオリーにする。それがイマの受験校だから。つまりお互い様なのです。

ラッキーナンバー「7」が「1次」だけでは勿体ない。 「2次」対策も7月中に本格化し、抜け駆けしよう。

おやおや。そんな最新・先端の受験校セオリーまで、ついでにネタバレです。

ふぞを反面教師にノウハウ全面禁止
1,500人増枠時代が待ったなしです↓

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村

>増枠時代の採用面接試験への備え

増枠時代の採用面接試験への備え

ノウハウ君と多年度ベテの合格自慢を一掃すべく、難関国家資格の称号を投げ捨て、「1次」合格時点で〇〇診断士を名乗ってOKとした出題側。ふぞろい200hでコロコロ2割受かるなら、最新ふぞ14の発売を待ち、その真逆をすれば確実5割はイケるだろう。新たな仮説が始まります。

CTR IMG
PAGE TOP