「2次」採点係を務める46名の試験委員が最も喜ぶのは、500点以上の好スコアを叩き出す人が増えることと、同時に短時間で済ませて学習効率を上げること。そんな業界一合理的で賢い解き方を、特設ページで日々公開中です。

1次Action:スコアUP策

【7月先取り学習】1週間で1科目→1週間で7科目→2日で7科目 / 交互配置で深層強化

国内最大級の4択マークシート暗記を競う診断士試験では、どう勉強すると500~540点になるかは常識。そしてAI時代では、それが誰でもできるよう、わかりやすく説明されます。

Q
ウチの試験委員46名は、「お皿回し」と称してマイ学問が粗雑に扱われることをかなり嫌がる。生成AIを使ってその真逆を解説することは、同業D社勢をお皿回しに追い込む意図が露骨すぎて草。
A

「1次」4択マーク対策では、6~7月にかけて「1週間で1科目」→「1週間で7科目」→「2日で7科目」と、試験当日に向けて学習ペースを上げる。これをインターリーブ(交互配置)効果と呼びます。

「情報」で学ぶメモリインターリーブでは、情報をあえて分散配置して同時に呼び出すことで、処理速度を上げる。

効果①エラー耐性②キャッシュ効率③データをストリーミング
CPU処理:データを交互に配置することでエラーが発生した際の耐性を向上させます。例えば、ハードディスクの読み書きエラーが発生しても、データが連続して失われるのを防ぎます。メモリ管理において、異なるメモリブロックを交互にアクセスすることで、キャッシュメモリの効率が向上し、パフォーマンスが向上します。映像技術のようにデータを交互にストリーミングすることで、データの連続的な供給が途切れず、スムーズな再生や処理が可能になります。
試験対策:異なる科目を交互に学習することで記憶の定着が強化され、その科目以外の他科目の覚え方も転用することで、全体的な学習効果が高まります。異なる科目を交互に学習すると脳が異なる知識を統合しやすくなり、各科目間の関連性を理解し、全体的な理解力と応用力が向上します。科目を交互に学習することで学習の進行が途切れずにスムーズに進み、集中力が持続しやすく、学習のリズムが保たれます。

【7月先取り学習】1週間で1科目→1週間で7科目→2日で7科目 / 交互配置で深層強化

元々は同じだった人類が同じ2日間7科目の暗記マークシート試験に臨むとき、ふらふらとわかっていないお皿回し⇔交互配置技術でアプローチが全く違う。今年は深層×強化学習効果を加え、その二極化を加速します。

Step-1:7科目のデータセットで深層学習

Q
同業D社のお皿回しより、少なくとも数倍~数十倍は賢いとされる生成AIの学習能力。そこにまず学ぶべきが、深層学習(ディープラーニング)だ。
A

生成AIをこれまでの機械学習→深層学習に深化させるには、多量の教育データが必要だった。診断士「1次」7科目の大量暗記がそれにうってつけだったのは、同業D社が一生気づかない盲点でした。

説明深層学習は、多層的なニューラルネットワークが異なる特徴を学習し、それを統合することで高度な理解を得る手法です。中小企業診断士試験の7科目をデータセットと見立て、これを交互に学習することで、各科目の異なる知識や概念が相互に関連し合い、深い理解が得られます。
手段・1週間の学習スケジュールを細かく区切り、各科目を交互に学習する。
・例えば、月曜に経済学、火曜に経営、水曜に財務といった具合に、時間帯ごとに異なる科目を学習する。
効果①異なる科目間で知識が相互に補完され、情報が多層的に統合される。
②各科目の理解が深まり、複雑な問題に対する応用力が向上する。
③ディープラーニングのように、複数の層で特徴を学習・統合する効果が得られる。

Step-2:解く順序・角度を変える試行錯誤で強化学習

Q
生成AIが驚異的な学習速度を誇るのは、Try&Errorを厭わずいくらでも試行錯誤を重ねる強化学習のお陰。ページをめくる度に「不正解です。」のダメ出しが続き、自己肯定感がダダ下がって「1次」を極端に苦手化するノウハウ勉の真逆だね?
A

そんなわかりやすい例えをされては、私の出番が減って困ります。それでは辞書より分厚いあの問題集を早めに処分し、解く順序や角度を次々と変えましょう。

説明強化学習は、エージェントが環境との相互作用を通じて試行錯誤し、最適な行動を学習する手法です。同じ問題を異なる角度から眺めることで、問題解決の多様な方法を学び、理解を深めることができます。
手段・過去問をランダムに解くのでなく、難易度や誤答パターン別など計画的に解く。
・正解を先に知っている前提で、誤答選択肢の誤りを自分の言葉で正しく直す。
効果①誤答選択肢を正解に直す正文化を通じ、知識×国語力が向上します。
②1つの知識に対し多様なアプローチを学ぶことで、適応力が高まります。
③試行錯誤から早めに最適学習方法が見つかると、学習効率が向上します。

Step-3:「1次」再直前期の交互配置で深層×強化学習

Q
ヒトの脳の動きやニューラルネットワークを真似て生成AIが成長したのがこれまで。生成AIがここまで成長したこれからは、「生成AIが結果を出す手順に倣って」成果を叩きだすことが常識に。
A

なけなしの小さなオツムでふらふらお皿回しより、深層×強化学習に注目して1科目を解く速度を計画的に上げる。80分で解けない「2次」対策でこのスピード感が有効であることに、同業D社が気が付くことは一生ありません。

説明インターリーブ効果とは、異なる科目や内容を交互に学習することで記憶の定着や蘇生が促進される効果です。計画的に学習科目を交互に配置することで、記憶が強化され、長期的な定着が図られます。
手段・1日の学習スケジュールを細かく区切り、各科目を交互に学習する。
・例えば、朝に経済学、昼に経営、夕方に財務といった具合に、時間帯ごとに異なる科目を学習する。
・試験直前の2日では、本番当日のスケジュールに沿って計7科目の総仕上げを済ませる。
効果①異なる科目を交互に学習することで、記憶が定着しやすくなる。
②記憶が蘇生しやすくなり、試験本番でのパフォーマンスが向上する。
③脳が異なる情報を統合する能力が高まり、理解と応用力が強化される。

今日のまとめ

Q
一見同じことをやっているように見え、その目的意識次第でパフォーマンスが異なるのは分かる。試験合格を目的化・神格化する⇔ビジネス上賢くなる手段と捉えるかで、人類がここまで二極化すると知って驚きました。
A

そこでこうやって、生成AIを普段使いする方でないと難しい内容を、何食わぬ顔でAIに説明させる。この記事の狙い=ノロマな同業D社勢をふらふらお皿回しに追い込む狙いが露骨すぎて草。

■■ここからテンプレ■■

-1次Action:スコアUP策

PAGE TOP