【「2次」受験&合格数予想】 7,700人×15.6%=1,200人合格へ

世の中【これから】、キラキラ★ブームに。そう聞きつけ、2月限定のサイトタイトルを用意しました。
可愛らしい絵柄につられてウマ娘を眺めると、課金システムから攻略法までいろいろ納得。同じく超巨大「2次」受験人口が爆誕した当試験では、無料から課金まで好きなガチャを選べます。

「2次」受験者数予想の経験則

・前年「1次」合格4,444人×0.6=2,700人が、「1次」免除で「2次」受験へ。

そこに、想定外の高合格率5,005名が「2次」に向かうと、2,700+5,000=7,700人が、約1,000の椅子を争う8倍試験に?

いやいや、アフターコロナを意識した今年の試験は、例年にない合格枠の大盤振る舞いをするはず。ではグラフを使い、まず現状の把握からです。

「2次」受験&合格数予想: 7,700人×15.6%=1,200人合格へ

グラフ1⃣ 受験科目数別

受験番号を統計的に見ていくと、受験科目数別受験&合格数がわかる。ここは納得です。

グラフ2⃣ 受験回数別

多少の勘を入れて受験回数に分ける。
初学 2,000名
経験者「1次」合格 3,000名
経験者「1次」免除 2,700名
計7,700名の激戦に

グラフ3⃣ 「2次」合格数予想

馬なりに行けば1,200、大盤振る舞いなら1,500名。1,200~1,500の範囲を予想します。

グラフ4⃣ 受験年齢別「1次」合否

傾向としてはやや若返りとなるが、合格率は顕著に高い。

グラフ5⃣ 「1次」「2次」平均受験&合格年齢

「1次」合格平均年齢は1歳以上の若返り。この勢いで「2次」も若返りの実現なるか?

今日のまとめ

それにしても、グラフで視覚化すると。この試験のヤバさが良くわかる
「1次」合格者を2年連続激増させ、合格枠が1,000人据え置きでは、受ける側はたまらない。
でもこれが、合格枠1,000→1,200→1,500人と右肩ダダ上がりする予告なら、大歓迎だ。
そこで試験ブログの書き手側は、そろそろノウハウと合格自慢にサヨウナラ
作問採点係のオトウサン達をウムと唸らせ、合格枠を1,500人に引き上げる、事例の解き方・書き方を提案できるのか。

ほう、そりゃ昨年までの合格ノウハウ自慢に夢中な、のれんバトンと一歩も二歩も距離を置くことだ。

そう。5,005人合格には少しばかり驚いたけど。明日からの記事は、予定通り【のれんのパクリ禁止】シリーズが続きます。

■■記事はここまで。以下は固定のバナーです■■
試験の最新ミライをどうぞ。YouTubeではサイトコンテンツを先行配信中です。※(PCからの視聴のみ)音が出ます
ふぞろいブログはなぜ毎朝ヤル気がゼロ以下? その説明が、「相手の時間を奪う」使用者側のマーケの基本と、「稼ぎの悪い」奴から1年で使い捨てるギョーカイ側の事情です。