【急募】「事例Ⅳ」にひとこと言いたい

YouTubeでは、サイト記事の「ホワイト要素」だけを切り取って先行配信。あのお澄まし動画の裏の本音は? 動画とサイトのギャップで2回ウケます。

こちらの記事もどうぞ

5 レスポンス

  1. たなち より:

    ふうじんさん、こんにちわ。

    オレにも一言言わせておくれ。

    今は昼休みなので、後ほど(^^)

  2. たなち より:

    ふうじんさん、リスナーの皆さん。こんばんわ。
    診断士ブログ界のハガキ職人、たなちです。

    とは言っても、こちらはぴちぴちのストレート生向け。二次4回目、40代半ばのおじさんが出しゃばってはいけないと思い、コメントはした事はありません。
    コメントは昔に道場と紫雲和尚様がやってた所に時々。

    今年の事例4。やらかしてしまいました。経営分析と第4問は埋めたので後は天任せ。第2問は計算ミス連発。第3問は全く読み取れず。設問2は回収期間法と正味現在価値法が思い浮かんだものの、こんな問い方するか〜?、こんなこじつけみたいな答えのわけがない、と思い込んで気がついたら空白で出してました。
    財務は好きではないもののH25、H27、H28と一次を受けて72〜82点と助けられてます。銀行員なので。
    今年はふうじんさんの勧めに従いスッキリと過去問エクセルに取り組み苦手意識はなくなっていて、ふうじんさんがダメだと言ってたのに事例4で稼ごうとしてドツボにはまりました。
    それと、新規事業が売電事業??
    借金して設備を買ったら後は電力会社に買い上げてもらうだけ。事業というよりただの資産運用やないか、というのが僕の持論。本業に精一杯取り組んでる社長はこんなことしないはず。組織もマーケも技能習熟もないのに診断士試験?棚卸資産と販管費もなんか不自然。なんでこんな問題だすんだろ、と思いながらやってるうちに終了となりました。

    コメント欄と視力と親指の筋力が尽きたので続きはひとやすみしてからまた書きます。

    • ふうじん より:

      たなち様、同じ思いを持たれた方が多いはずで、代表してのご意見ありがとうございます。

      今の事例Ⅳの問題点(傾向)は、出題難易度を上げるため簿記寄りの作問が多く、ファイナンス(借入&融資)実務に携わる方には、逆に解きにくくなっている点でしょうか。

      「自治体がバックにいるとはいえ、こんな事業に12億も融資する決済は出せないよ!」

      でも単なる問題批判でなく、受験側の率直な意見を出題側がくみ取り、翌年の出題精度を上げてくれるのが当試験の良い所です。

      話の続きを知りたい方も多いと存じます。よろしければファイル形式でメールアドレス宛にお送り下さい。

  3. たなち より:

    おはようございます。たなちです。
    寝たら復活しました。
    2.学習スタイル
    一次一年目ユーキャン。二次2年目はTACバラ売りDVD。3年目はAAS名古屋通信。4年目は鷺山先生の春秋要約だけ受けて、試験ブログを4つ見ながら独学です。それぞれ役に立ちました。
    勉強を続けて5年。仕事はすべて一次7科目、二次の回答スキルに関係していると感じているので日常的にテキストを眺めたり問題を解いたりする事は苦になりません。むしろランニングと同じで止めると衰えるだけなので、もうやめられません。
    また、この試験を通じて、世の中に勉強法というものがあるのを初めて知り、試験は攻略するものだと実感できました。
    3.メリット
    今は自分に足りないものを好きなペースで勉強できる独学が一番いいです。
    4.アドバイス
    今年大失敗したのにアドバイスとはおこがましいですが。
    1年目はもっとできなくて解答用紙を持って帰りたいぐらいスッカスカだったのに64点。それで味をしめて経営分析とあとちょろっと書く戦略にしたらB。去年は一番手ごたえあったのに46点。下げる方に得点調整された?友人はCで36点でした。今年は反省して事例4の勉強ばかりしたのに。
    ま、そんな事情はおいといて。
    僕は仕事で毎日決算書を見る機会がありますが、そうではない人は貸借対照表、損益計算書が頭に思い浮かべられないと経営分析、CF計算書、損益分岐点分析は話にならないと思います。コピーを持ち歩いて勘定科目がどこにあるか、何が計上されるのか頭に叩き込む必要があります。また、計算練習だけではダメで、テキスト以外の本を『読む』事も効果があると思います。
    4.作問者への提言
    来年はなんでも来い。出来ることしかしないけど。

    事例1〜3についてもふうじんさんに導かれてたどり着いた考えを報告します。メールで。

    • ふうじん より:

      たなち様、ひとことコメントありがとうございます。

      ご指摘の通り、「1次」知識はビジネスに直結し、やればやるほど面白い。次に「試験には勉強法があり、攻略するもの」。ゲームのような攻略性も、試験合格を目指す動機の一つになります。

      試験勉強や合格を機に、自分のビジネスをより面白いものにする。貴重なご意見ありがとうございました。

PAGE TOP