R1以降のド易化した「1次」は、「2次」の最新テキスト代わりに使うと正解。そこで「正解を先に見てしまう」新たな発想に、業界全てがざわめきます。

J事例Ⅲ

【まき戻し事例Ⅲ】QCDより改善ECRS

R4開示スコアを持ち寄ると、採点の納得性に驚愕

S70点~:具体的に一歩踏み込む「解像度の高い答案」
A60点~:従来型のソツやミスのない安全答案
B~59点:第4~5問で一般解や、某低ノウ本で見かけるテンプレ解答

ほとんどの答案が55~65点に収まる中で、一部の70点超え答案を探すとデキが良い。ただしR5で70点は狙いません(後述)。

R4第1~3問は、販売や生産面の課題と対策
①ここで低ノウ収録のQCD一辺倒を避け、②レイアウト~日程・調達・工数計画までの生産管理レイヤーで骨子を作り、③改善手法ECRSで具体的な施策を詰めるとA評価を取りやすい。(100字)
第4問情報化問題は、一般論か具体策かまだ不明
①R4Ⅲは猫でも60点前後に揃うので対策は後回しでよく、②どうせR5出題は大幅変更されるので分析は超絶やふぞに任せ、③当カンファでは実務で大きく進む製造業DXに注目。(100字)
画像:ROBoIN 国内の成功事例を一挙紹介
R5Ⅲの第4問情報化、第5問新規事業は要注意
①各事例ともマーケでいう「解像度の高い」フォーカス答案に加点の傾向が強まり、②旧弊ノウハウで一般解や殴り書きなどすると、③その年の採点係の気分次第で一発Dもある。(100字)

今日のまとめ

Q
試験情報がネットやSNSにダダ溢れし、お受験ノウハウレベルで差がつかなくなると、その年どこを点差にするかは主催側の専権事項に。R4で差をつけず隣が油断するⅢが台風の目に?
A

情弱揃いのお受験サークルを除き、R5でⅢが難化するくらいは猫でも気が付く。そこで明日からは事例Ⅲではなく、その基礎の生産管理知識を解説します。

■■ここからテンプレ■■

-J事例Ⅲ

PAGE TOP