【ほらっち先生に12の質問】訊かれたコトの答え方

昨年まで40,000円必要だった「TACの赤本」がより使いやすくなって、乗り換え割引2,600円(税別)の驚きキャプティブ・プライスに。そのベストな使い方を、当サイトがさっさと決めておきました。

キレイな国語路線一択の「Ⅰ〜Ⅲ」のベストな使い方が揃うのは、まだまだこれから。今日からまず「Ⅳ」の週10h×3wで、正しい解答プロセスを身につけます。

「Ⅳ」はどうせ猫でも60点で、かつ70点を狙う上値は重たい。そこで最初に得意化すると、12週の後半は「Ⅰ〜Ⅲ」のキレイな国語に集中できます。 ■■テンプレここまで■■
試験の題意→①訊かれたことに ②どう答えるか

来る「1次」が明けるとお受験サークルは3つ揃って「合格ノウハウ!」絶叫へとまっしぐら。その3/4が「与件の読み方」に集中しどうもバランスが悪いのは、何を訊かれかすら自力で判断できない、低国語力の低ノウ揃いが原因。

第一印象で「与件の読み方」=合格ノウハウ!の痛勘違いだけは避けるべく、良書「独学合格ナビ」を使い、当試験で何を聞かれるか12個×4セットのQ&Aを用意しました。

試験は毎年進化するので今年の最新作が一番新鮮。「独学合格ナビ」のまず1次パートを使い、訊かれたことの①捉え方 ②答え方を上達します。
Q
他資格で試験慣れしている人が普通に受かるのでは?
A

「1次」は暗記で「2次」は国語の試験。暗記=他資格保有が有利だが、虹の要求変化に気づくかどうか、な。

Q
そもそも無学無資格で診断士に挑戦する人数はどれ位?
A

「1次」申込者ベースで5割弱、「2次」当選になると1割強とされ(当サイト調べ)、他資格保有は確かに有利。

Q
診断士になりたい⇔資格を取りたいの比率は?
A

開業率からみて2割弱。大学生や若手は資格&知識狙い、年齢が上がるほど脱サラ狙いが一般に。

Q
なぜYouTubeでは最新の資格情報がダダ漏れに?
A

向学心や情報発信に熱心な方が多い。加えて上記の通り試験合格にはコツがあるので、資格系動画はいよいよ全盛期に。

Q
解説がわかりにくく、正答率の記載がない過去問集とは?
A

おべんきょと言えば、お皿回し一本鎗な完マス。3年2,500時間お皿を回すと、28点の法務が夢の60点へと急伸します。

Q
最初から論点順に並んだ過去問集を買ってしまったら?
A

買ってしまったものは仕方がない。スクール模試か公式PDFを年度別に解いて、実戦感覚をつかむ。

Q
過去問を回転させると、正解を覚えてしまいます。
A

過去問の答を覚えることが第一関門に。次は嘘つき選択肢のバツをマルに直します。

Q
「2次」対策向けの良い問題集とは(過去問以外)?
A

初学者の「事例Ⅳ」向けにTACが新作問題集を発売しました。※後日詳報

Q
身近なのに「2次」本試験ド忘れ・頭まっ白が起きる理由は?
A

頭まっ白の原因=普段と同じコトを違う角度で訊かれるため。対策は日頃から「多面的に観る」クセを付けることです。

Q
「財務」は沼の底が深く、どの辺りで止めると良いか?
A

何がどう沼なのか、自分ではわからないのが「沼」。講師や周囲に訊く以外になく、ド苦学を続ける以上は回避不能に。

Q
1次「生産管理」⇔2次「Ⅲ」の出題レベルが違いすぎます
A

ベテ除けです。ふぞレベルの答案で55点に下駄を履かされるので、苦手化しても慌てない。

Q
暗記をがんばるメリットは他にありますか?
A

忍耐力や最後までやりきる誠実性が最初のメリットに。次に知識がネットワーク状にツナがり、ネット情報を素早くサーチする力が上がるのが最大のメリットです。

今日のまとめ

Q
そうか、「2次」はスクールお布施30万円⇔ふぞ2,400円(税別)どちらも当選期待値はコロコロ2割に。自分が気に入った「ノウハウ」で答えりゃOK?
A

こらこら、ほらっち先生・まとめ様のYouTubeをよっく観てから質問を。お受験ノウハウ=与件文の読み方に夢中になるのは、国語がド下手な人類の下位2割に限定な。

■■記事はここまで。以下は固定のバナーです■■

最新の都市伝説=近年AAAAや270、280点超えの高スコア合格が爆増し、その共通点はキレイな国語。そこで今年最初に事例を解くときは、あえてWord打ち+推敲のキレイな書き方に時間を割きます(詳細後日)。
あの一言多いクセを改め、短文で発信するとなんだか上手く行く。それは読み手の時間を取らせず、単位あたり情報発信量が高まるからです。