★ToーDoチーム学習

【load to 口述試験】試験で最後の未利用資源

「2次」の作問採点が毎年変わり、過去問の答を覚える勉強=OUTと全員気が付く。そこで初学⇔経験者を問わず、2023年「1次」を受ける予定の方は、 答を覚えない方の過去問集を7冊セット1万円強で入手しましょう。
■■テンプレここまで■■
口述の理想:10分口述を4問スラスラ

①本試験の10週後わずか準備10日で招集され、②試験正解発表のため「他にありませんか」と追及される口述で、③4問しどろもどろな苦笑いに対し4問スラスラ完答するのがデキる君。(100字)

デジタル時代の勝負は初頭&終末。ここでトチると一生のトラウマで、ド苦学相手の合格マウントが関の山なお受験サークル送りの刑な。

そこでお受験サークルの真逆を選び、今年で試験にモテるコツを今夜限定zoomで開催↑。さらに再現答案当日作成から口述スラスラまで、一挙にお知らせです。

ふぞ提出用の答案は盛って出すのが常識!
①そんな世間の非常識に疑問を呈した当サイトが、②再現答案を当日作成する再現性が合格のカギと提言し、③その答案を共有するシェアリングエコノミーに発展して今年に至る。(100字)
画像:Gigazine 名画を自宅にあるもので再現
試験当選発表までの「未利用な」10週間に注目
①デジタル化の波は受験同期のベスト答案作りにとどまらず、②速やかな相互採点でクヨクヨする時間をカットし、③本当に試験のクジを当てれば隣を蹴散らす大きな自信に。(100字)
口述対策は極力スクール利用でリアルに1回
①そのしどろもどろ感を一度体感するとヤル気のスイッチが入り、②何が訊かれるか〜どう答えるかまで協力して調べ上げ、③オンラインで試問を重ねて本番4分スラスラへ。(100字)

今日のまとめ

Q
合格待機の未利用10週間→事例の復習に使えが主催側の配慮。でも10週間は長すぎるから、主催側の期待以上=ニヤリと笑って10分4問スラスラで自信を付けるのがココのやり方?
A

隣のゆとりがしどろもどろの時、ニヤリと笑って10分スラスラ。それは「他にありませんか?」。折角口述試験で発表された事例の正解は、まだまだ業界を通じて未利用だからです。

■■ここからテンプレ■■

-★ToーDoチーム学習

PAGE TOP