【目標あっての実力強化】一つコケてもチームでカバー

R3「Ⅰ~Ⅲ」口述対策×全根拠収録。 レイヤー×ブロックシート

口述試験で10分4問をスラスラ完答するデキる君は、与件をビジュアル化して右脳でイメージ記憶。筆記当選したら慌てずほほぅと眺め、足したい根拠があれば自分で加筆も。ギョーカイ最新・先端・最強の口述対策とは、もちろん完全無料で利用・改変・再配布も自由です。※パクリを公言する試験サークルを除く。


R3「Ⅰ~Ⅲ」口述出題可能性のある与件の全根拠を収録↑。2200DLの実績は伊達ではないです。

目標の金30個に肉薄

日本のメダル稼ぎは、格闘技やアーバンスポーツの個人がメイン。ただ野球やソフトでは悲願達成に。

有望視された種目で足を掬われても、他の誰かがカバーする。試験の戦い方でも参考な。

目標あっての実力強化【一つコケてもチームでカバー】

そして当試験は、答案をみせっこする団体競技。メダルラッシュの感動のバトンは、当サイトがしかと受け取ります。

❶チーム学習そもそも論~試験当日以外はカンニング容認

  1. 始まりはスクール演習
  2. 効果の高いセルフ模試
  3. ふぞろい基準相互採点

解説

そうか、ここはそう書けば良い
所定のキーワードを100字マス目に並べる力を競う試験では、キーワードの①選び方②並べ方の順に大事。答案を互いに見せ合う受験技術が発展し、猫や牛でも合格するのが今の「2次」です。(100字)

❷マラソンや自転車レースはなぜ集団走行?

参考:ランニング学会
  1. 空気抵抗の減少
  2. 組織モラール+個人のモチベ
  3. ライバルの動向把握
解説

ド苦学クンが登録してもぼっち確定
主催側が公認し、どの勉強会も幅広く募集するのに、ド苦学自慢のぼっちがまだ多数。これからのマストはそうでなく、①共通目的②貢献③コミュ力の3大効果を登録前に実体験すること。(100字)

❸誰にも愛されるチームカラー:カープ人気は’共感マーケ’

チーム学習、集団走行、共感マーケ。こりゃオリンピックの感動を、いつでも鮮明に思い出せるな。

今日のまとめ

一つコケてもチームでカバー。組織を鍛える’共通目標’

3大試験バカの共通点=ノウハウ。昨年たまたま受かったふっるいやり方でマウントしてきたら要注意です。

チーム学習に始まり、共感マーケまで
高精度のメダル予想はビッグデータの活用あってこそ。そして勝負には時の運があるから、一点張りせず幅広く強化し確実に勝ちに行く。そのためのマストが勝率5割の組織目標設定です。(100字)

■■記事はここまで。以下は固定のバナーです■■
試験の最新ミライをどうぞ。YouTubeではサイトコンテンツを先行配信中です。※音が出ます
合格体験記には業界標準。掲載先をあなたの好みで選ぶ時代に。

書くべき合格体験記の項目はどこでも同じ。周囲とお揃いはもう沢山、言いたいコトを好きに書かせろなあなたの分は、当サイトが喜んで掲載させていただきます。