【仮説③:新浪氏が吠えると枠爆増】1,200→1,500→1,800へ

ふぞ15発売延期で、今年のベテ冷遇&短期決戦化が確定。ネット2級の100h★チャレンジで思考の加速な。

ド苦学で350hかかる2級を、100hで受かるteam学習。スピード感をそこで培い、秋の試験に乗り込みます
■■テンプレここまで■■
Q
再現答案の狙い=答案再現性とさえ知らない掃き溜めサークル。間違ってアレに入ると一生ショボン?
A

合格自慢⇔受験生支援の見分けがつかない=掃き溜めクン。仮説③回目は奴らが一生知らない、とびっきりな。

Q:ねぇ、80分で解けない試験で受かるには?
A:そりゃ回答QCDのバランスを考慮して、①答案品質Qを下げ、②与件読みコストのCを減らし、③短納期Dの実現へ。
Q
ほう、事例は外段取り化とスピード勝負? ふぞ+パクリの泣きべそが楽しみだから、早く教えろ。
A

設問解釈時点で答が浮かび、究極のECRSで安定解答。今年もYouTube様の圧勝です。

まだまだ発展途上のたまたま君が、よせば良いのに合格自慢。一発パクリ=平均スト合格な。

ラスト1分で詰め込むキーワードで、まさかのボクが診断士! ドンビリ合格=ふぞ先輩です。

仮説③:新浪氏が吠えると枠爆増【1,200→1,500→1,800へ】

秋試験の注目は、合格枠が1,200~1,500のどちらに転ぶか
時流の要請を受け、合格枠爆増に着々と手を打つ主催側。
今年1,200以下なら→ノウハウぶっこくパクリが原因
〃1,500以上なら皿回し根絶の200が貢献
さて賛否両論どころではない「45歳定年」
賛成派:そりゃそうだ、もっとやれ
参考記事→45歳以上は単に邪魔じゃね?
反対派:そりゃそうか、でも反対
参考記事→結局先送りにする茹で蛙
診断士合格枠増への批判バカ
2020/11/11東洋経済の記事を見てどう思う?
① 診断士の増加には賛成!
② 士業の質の低下に反対!
③ そこで従来通り茹で蛙!

競争が激しい週刊経済紙の記事コストダウン&丸投げは有名ですが、こんなバカに記事書かせるのは流石にどーなの?
そこで真面な診断士を目指すなら、論理で因→果を
現状:日本経済の失われた30年
原因:終身型雇用のデメリット
施策:20、30代で勉強し45歳転職
HOW要素:経産省リスキリング
期待効果:若手活躍で時流入れ替え
日本経済が失われた30年とされる最大の理由は、終身型雇用の悪弊にある。

施策として、①20~30代での学習+45歳転職を促すため、②経産省はリスキリングを提唱し、③診断士若手優遇&合格増を進めて時流を入れ替える。(100字)

すごいすごい。高齢ベテは文科省リカレントに任せ、経産省は若手優遇リスキリング。作問進化・採点変化・合格枠増のミライまで、新浪氏の発言一つで丸わかりです。

今日のまとめ

そして診断士は合格枠を増やし、登録後に競争させる米国型資格へ
そこで自分の言いたい・やりたい・自慢したいがあれば登録した後に。もちろんそこは熾烈な競争ですが、その分試験は標準答案で普通に受かる。

今週末の試験で書いてくるのは緑の量産&標準答案。超高性能の赤に乗りたくなっても、その悪目立ちは真っ先に狙い撃たれるリスクが大な。

■■記事はここまで。以下は固定のバナーです■■

4/30発売開始。入手はamazonから、ご本人の告知動画も追加しました。