この星で一番最後の過去問解説。毎朝ウルっとするか、イラっとしてガバっと跳ね起き学習するか。夏の朝は2択で始まり。

【HAKS最後の言葉】 ~緊急事態(内的要因)編~

もう明日ですね、、、そわそわします。。。

もう何をしてもしょうがない、リラックスあるのみ。 明日はもう平等にやってくるので、「もし、万万が一、、、わからない事があったらどうするか」わかることはノートやファイナルペーパーにまとめています。

そんな時にはどうしたらいいか?4事例のコツをここに紹介します。

【事例Ⅰ】
・「何を聞かれているかわからない」、そんなことはありません。あなたは日本人です。(だいたい)。聞かれている事は「戦略、組織、人事」のどの話ですか?
・戦略ならば「成長戦略(もしくは失敗した戦略)」は何をしたのか?よく読み返しましょう。
・組織ならば「組織図」を思い起こして、戦略に沿った組織形態になっているか考えましょう。
・人事ならば「組織を円滑にできるかどうか」を考えて、社員の不満がないようにするにはどうしたらいいか考えましょう。
【事例Ⅱ】
・事例Ⅱは「売上を上げる提案をする」事例です。
・売上を上げるには「集客してお客を呼び」「商品を手に取ってもらって(トライアル)」「まとめ買いをしてもらい(クロスセル)」「高い物を買ってもらって(アップセル)」「リピートしてもらう」これこそが重要です。
・分析系の問題が来たって「売上をあげるには?」は同じこと
【事例Ⅲ】
・会社の強みを見つけて、その会社の負担を減らしてあげながら、新しい戦略を成功させる事例です。
・人が残業、物が滞留、「シゲヨ(進捗、現品、余力)」は管理されていますか?
・そもそも生産計画はどうなっていますか???
【事例Ⅳ】
・経営指標で悩んだら、後の問題に立ち返ってどんな提案しているかがヒントですね。
・オドロキモモノキ問題がでたら「チャンス」、基本問題を取れば周りもできてないので、しっかりと偏差値上位で夢の80点!!
・キホン問題がでたら「極めて慎重に」、周りもできてしまっているので、ちょっと計算ミスが偏差値下位への道しるべ・・・しっかりとチェック

ちゃんと、立ち返るところに立ち返れり「我」を取り戻してください。そうすればおのずと道は拓けます!!

HAKSは今期はここでペンを置きます。明日の今頃には「最新事例の申し子」という、最強の体験者である皆様こそ「最新解法の伝道者」!
HAKSは初戦は2017年モデル、、、日々進化する受験対策はみなさまの双肩にかかっています!

「行けばわかるさ!」がんばれ診断士試験!!

ふぞ採点は5,000人のマストに
競争を高めて今年でイチ抜け
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村

>増枠時代の採用面接試験への備え

増枠時代の採用面接試験への備え

ノウハウ君と多年度ベテの合格自慢を一掃すべく、難関国家資格の称号を投げ捨て、「1次」合格時点で〇〇診断士を名乗ってOKとした出題側。ふぞろい200hでコロコロ2割受かるなら、最新ふぞ14の発売を待ち、その真逆をすれば確実5割はイケるだろう。新たな仮説が始まります。

CTR IMG
PAGE TOP