おベテの暇つぶしの道具に使われ、世間の役立たずどころかノロマ扱いでしかない、診断士Ⅳ固有の電卓パチパチ勉。その真逆で「Ⅳ」CVP~NPVを猫でも得意化するのが、今回のGW特集5回シリーズ「マンガでわかる管理会計」です。

キャリア&スタイル

【診断士人気の急上昇】AIを使える「2次」試験 / これから役立つスキル5選

一斉賃上げに人手不足倒産と続々変化が起きる中、職場のウザい人間関係さえ気にしなければサラリーマンは気楽な商売。【リーマンがついでに取っておきたい有望資格】とされる診断士試験の新たな魅力を紹介します。

Q
診断士試験の魅力とは、常にビジネスのミライを先取りして提示する【先読み能力】。これまでの古臭い100字手書きを全廃し、生成AI利用を認める試験になるのも、そう遠い話ではない?
A

それは鋭い指摘で、診断士「2次」で求めたスキルは既に生成AIに代替されました。そこで目敏いウチの主催者なら、【生成AIを使える試験】に今にも変更しそうです。

①AI利用で暗記スラスラ

生成AIは大量のデータを元に、関連する情報を整理し要約する能力を持っています。診断士試験の「1次」対策において、AIを活用することで、受験者は関連する法律や規則、理論などの重要なポイントをまとめたり、暗記補助を行ったりすることができます。AIは情報を効率的に整理し、必要な情報を抽出することで、受験者は暗記作業をスムーズに行うことができます。

②AI利用で「2次」もスラスラ

診断士試験の「2次」では、長く複雑な文章を理解し、要約し、論理的に考える能力が求められます。生成AIは自然言語処理技術を用いて、難解な文章を解析し、要約することができます。また、過去の試験問題を分析し、傾向やパターンを把握する支援も可能です。AIを活用することで、受験者は文章理解力を向上させると同時に、効率的な学習を行うことができます。

③素早いフィードバックで効率改善

AIベースの学習プラットフォームを活用することで、受験者は即時フィードバックを受けることができます。生成AIは受験者の解答を評価し、誤った理解や間違いを指摘し、改善点を提案することができます。また、AIを使って仲間同士の答案を採点や添削することで、グループ学習を円滑に進めることができます。これにより、受験者は自分の理解度や誤答パターンを把握し、個々のニーズに合わせた学習を行うことができます。

【診断士人気の急上昇】AIを使える「2次」試験 / これから役立つスキル5選

生成AIによる試験対策のプラス効果を一度実感すると、もうそれ以前のアナログには戻れない。そうでないアナクロ野郎は同業D社に隔離の刑です。

診断士人気上昇❶AI利用で暗記スラスラ~これから役立つスキル5選

Q
「マーケ」「戦略論」を学びたくて、診断士試験を受けることを決めました。ただ「中小」「生産管理」など、これからのスキルUPに不要な科目が邪魔です。
A

その程度は主催側の試験委員も重々承知です。そこで「中小」がいかに詰まらないかクソ暗記かを知ると、「マーケ」を解くのが楽しくて仕方ない。科目の相補・相乗効果を活かします。

「1次」7科目には相補・相乗効果があり、苦手科目があるときは、対の科目を得意化すると意外に解けます。

①中小⇔マーケ

「中小」は具体的な事例や状況を通じて学びますが、「マーケ」はより抽象的で広範囲な概念を扱います。中小企業の事例を通じて学んだ具体例を、マーケティングの抽象的な概念に置き換えて考えることで、全くことなる2つの科目を同時に得意化することができます。

②生産管理⇔戦略論

「生産管理」では具体的な手順やプロセスを覚えることで暗記能力が養われますが、「戦略論」ではその暗記された知識を応用して戦略的な問題を解決する力が養われます。暗記能力を鍛えた後、その知識を戦略的に適用することで実践的なスキルを磨きます。

③経済⇔財務・会計

「経済」と「財務会計」はどちらも抽象的な概念を扱いますが、経済学はマクロやミクロの経済現象を理解することに焦点を当て、財務会計は企業の財務状況を数値で表現します。一方を理解することで、もう一方の理解が促進されるため、相乗効果が期待されます。

④店舗管理⇔情報

「店舗」と「経営情報システム」は共通してデータを扱います。店舗管理では売上データや在庫データを管理し、経営情報システムでは情報の収集・分析・活用を行います。両者を組み合わせることで、データをどのように活用するかを理解し、実践的な洞察を得ることができます。

⑤経営法務⇔組織論

「経営法務」と「組織論」の共通点は、難解な設問文を読み解く国語力が必要であることです。過去問やケーススタディを通じて、煩雑な法的文書や組織理論の記述を理解し、適切な解答を導くための読解力が養われます。

診断士人気上昇❷ AI利用で「2次」もスラスラ

Q
わざと長く複雑なオジサン文で書かれた与件で根拠を読み取り、100字マス目に引用するに過ぎない「2次」筆記。「2次」が既に生成AIに代替された所に目をつけ、【AIを使って20分で解かせる試験】に変わる噂を聞きました。
A

もちろんそんな筈がありませんが、いかにもAIが苦手そうな同業D社の間抜け面を見ると、満更ない話でもない。そこで「2次」ではちゃっちゃと生成AIを使います。

洞察力:インサイト創造力:イノベーションコミュ力:文の読みやすさ
AIによる変化生成AIは大量のデータを瞬時に処理し、膨大な情報から洞察を導き出す能力に優れ、人間が見落とす可能性のある重要な情報を素早く抽出することができます。このようにデータから得られる洞察を解釈し、意思決定に活かす能力は既にAIがホワイトカラーを上回っているのです。生成AIは異なる情報やアルゴリズムを組み合わせ、新しいアイデアやアプローチを提案することができます。AIは従来の制約にとらわれず、大胆な発想や新しい視点を示すため、変化が激しい時代に新たなアイデアを打ち出す能力は既にAIがホワイトカラーを上回っているのです。生成AIは自然言語処理技術を用いて、人間に近い自然な言語でコミュニケーションを行うことができます。AIは文章や会話を生成し、その受け答えを用意することが可能です。そこで診断士試験において生成AI利用を解禁することで、 ベテの無駄勉をより素早く一掃できるでしょう。
試験に活用試験に出題される複雑な与件文や企業情報から、生成AIを活用して重要なパターンやトレンドを素早く抽出し、洞察を得る練習をします。これにより、経営課題や問題解決のための戦略を素早く策定できるでしょう。過去問の答を覚えるような勉強を避けるべく、あえて過去問をAIに解かせて、同業D社と異なるアプローチがないかを模索する。古いノウハウを読み漁るよりAIに答えさせることで、頭の回転が速くなっていくでしょう。100字でわかりやすい答案を作るには、手書きをやめて生成AIに答を作成させ、それを添削して短く収めるスキルを鍛えます。そのアウトプットを仲間と持ち寄って見比べることで、答案作成力はすぐ上昇するでしょう。

診断士人気上昇❸ 素早いフィードバックで効率改善

Q
試験で生成AIをフル活用するコツは、古臭いノウハウを一掃するとして生成AIを敵視する同業D社勢を、学習仲間に決して入れない?
A

新たな変化を積極的に取り入れる上位5%⇔たまたまで一過性な試験G格を一生の自慢にする同業D社の違い。それがネットワーク学習⇔ド苦学の埋まらない差です。

①与件文骨子や解答をAI作成

AIは大量の過去の試験問題や模範解答を学習し、それらのデータから与件文の骨子や模範解答を生成することが可能です。与件文の骨子とは、問題文の要点や関連する情報を的確に把握し、問題解決のための基本的な枠組みを示す部分です。AIが与件文の骨子や模範解答を生成することで、受験者は問題の構造や解法を理解しやすくなり、効果的な対策を立てることができます。

②生成AIで相互採点+添削

受験者同士が学習仲間として、互いの答案を共有し合って採点や添削を行います。生成AIは受験者が提出した答案を解析し、誤りや改善点を指摘することができます。これにより、受験者同士が互いの間違いや弱点を理解し、相互に学び合うことができます。また、AIの添削を通じて、受験者は自分の理解度や誤答パターンを把握し、それに基づいて学習計画を修正することができます。

③全員の答が一つに揃うと全員合格へ

学習仲間が相互に添削を行った後、AIを使用してそれらのフィードバックをもとに、最も読みやすく高得点を狙ったモデル答案を作成します。このモデル答案は、AIが解析した情報や傾向を元に構築されており、高い合格率を目指すための最適な解答を示します。チーム全体がこのモデル答案に向かって努力することで、全員が合格に近づく期待があります。

今日のまとめ

Q
要するに、「1次」「2次」ともに生成AIをフル活用すると受かりやすい。そして「2次」が事実上AIに代替されたファクトを踏まえ、×試験合格のために生成AI→○生成AIを上達するために試験を使うのが、上位5%のマインドチェンジ?
A

文章の読み書きを競う「2次」が真っ先にAIに代替されたのは、それがビジネスに欠かせぬスキルだったから。これからはその領域をAIに任せ、「マーケ」「戦略論」「財務・会計」といった、診断士本来の知識教育が猛加速します。

■■ここからテンプレ■■

ベテやふぞが過去問の答を必死に覚えてその小さなオツムを固くする隣で、柔軟な話題にさっと答えてタイムマネジメント力をダダ上げする【過去問RTA】。世間の誰も気づかぬ内に、今年R6の「2次」対策は既に春爛漫の満開モードです。

-キャリア&スタイル

PAGE TOP