2次答案(顧客)

【設問解釈イノベで先制パンチ】バッチ集中→分散処理へ

のれん&バトンに、
パクらせない。

設問解釈? ボクの80分間と称して、ふぞ本誌に収録する合格記念ポエムのことか?

違います。アレは飛んで火にいる夏の虫。オトウサン達の狙い撃つ照準の前に、カモがネギしょって丸裸で飛び出すのと同じです。

ふぞ先輩のどこが情弱? あのわかってない感ベスト3
①皿回しの連呼は、採点係45名から総スカン
②合格すると、試験採点に影響を与える価格設定者
③解答手順を公表するほど、狙い撃たれて8割ドボン

受験側が過去問を研究するのと同様、出題側も受験側の手口を研究する。その時最初に8割落とすターゲットに選ばれるのが、合格者様の自称多数派。そう、あのふぞ先輩です。

バッチ集中→分散処理へ【設問解釈イノベで先制パンチ】

1⃣これやったらOUT。ふぞ先輩と疑われる3大情弱答案

①設問⇔根拠の段ズレ
②わがまま言い換えパラフレーズ
③文頭→文末の間で文意がズレる

ふぞろい解答のメリットは、与件表現重視で、ヘンテコ知識解答にはならないトコな。

デメリットは、キーワードの詰め込み過ぎが採点者に与える、「わかってない」感です。

では、①設問⇔根拠の段ズレは、なぜわかってない感=ふぞ信者と採点者に疑われるのか。ズバリ図解でどうぞ。

2⃣与件の想定読み:バッチ集中→分散処理へ

これまで:従来の手順で80分内に解けた
イマ:点差をつけるために与件が長文化
これから:想定読みで不要な手順を削る

すると与件⇔根拠の段ズレはもう起きない。「きゃっしい様の設問別マーカー」で、その効果を確かめます。

ついでに想定読み→解答構成要素を先に浮かべると、③時制の処理 ④解答の一貫性はもう考慮不要な。

そう。本試験答案を読み慣れた45名のオトウサン達は、①解答記述やそのエラーを見ると ②受験側がどんな解き方をしているか丸わかり。③そして自分の気に入らない手口や答案に、尻尾を振ってバツをつけてきます。

3⃣80分間のボクのノウハウ?~バッチ集中が廃れる理由

【システム構成技術~バッチ処理のデメリット】
①データ量増加により処理が遅延しやすい
②スクリプトやプログラムが複雑化しやすい
③ブラックボックス化により技術共有が難しい
出典:Intelligent Model
画像:GRACE GROUP

解答の一貫性→バッチ集中処理のデメは、一箇所コケると総崩れになるトコな。

分散処理でリスクを下げ、取れる所から取る。「きゃしい様の想定読み」が結果的に高得点になるのは納得です。

そう。あの長ったらしい「80分間のボクの解答手順」をうっかりパクらされたら、スクール模試は解けても、本試験では勝負にならない。

常に合格さえすりゃ言い放題とはいえ、いつもコロコロ結果オーライだから、その妥当性を合理的に説明できない。それがふぞ先輩から漂う、あの「わかってない感」です。

今日のまとめ

さぁ、「きゃっしい様の想定読み」で世界を変える
これまで:ボクの80分間の解答手順
→高度だけど遅延しやすいバッチ処理
これから:想定読み+設問別マーカー
→どこかでエラーが起きても回復できる分散処理

ふうん、きゃっしい様の想定読みでは、スクールご自慢の時制処理や解答一貫性はマストじゃない。

こらこら、スクールパクリこそが命の、のれん&バトン。そんな事をネットに書いたら、泡を吹いて卒倒です。

そう、のれん&バトンのパクリはもう許さない。分散処理の設問解釈イノベを通じ、今年の夏は先制パンチです。

わかりやすさがマスト、具体的ならベスト
ワンクリックで国語力UPの実感を↓

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村

サイト内検索

カテゴリー

2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

-2次答案(顧客)

© 2020 200%抜け駆けスタイル 診断士試験 Powered by AFFINGER5