2次答案(顧客)

当たれば時短で、ハズすと妄想【解答骨子メリデメ】

投稿日:

試験評論家歴10年のクソベテのくせにっ

このサイト、ごくたまにイイコト書いて、周囲をどっきりさせるじゃないか。うん、日々多様な文章に触れると、同じ繰り返しはスルーして、オヤっと気づいた差分を素早くイタダキなのです。

そこで同じテーマを扱いながら、①えらく気合の入った一発道場から、②2週に1回のブログ当番の面倒くささが見え隠れするタキプロまで。③要するにピンキリな文章の骨子を見比べることで、加速的に国語力が高まります。

では今日も、使える差分を早速イタダキっ。3大サークル記事の骨子を1つずつどうぞ。

当たれば時短で、ハズすと妄想【解答骨子メリデメ】

骨子作成~キーワード+矢印法
①骨子づくりの方法
設問解釈から盛り込まれるであろうキーワードを想定し、実際に並べたら因果で文章をつなぐ
②練習してみましょう
自分が作った文章をキーワード+矢印で図解し、パターンをストックする
③骨子づくりを安定させる期待効果
論理的で読みやすい文章は、再現性も高い一石二鳥に
④与件でこれだけは見逃すな
話には必ず骨子あり。日常のビジネスから心がけるといいぜっ。

国語力があると自然に書けてしまうものだけど、こんな「見える化」も面白いねっ。

極力文字を書かずに解答骨子を作る方法
①マーカーを5色用意する
②1問1色使用
③与件文の対応付け箇所をその設問のマーカー色で塗る
④設問マーカーと別に、SWOTには3色ボールペン

設問の対応付けがズレたら? 同じ根拠を別の設問に使いたくなったら? ベテ勢にすれば疑問だらけの方法でも、段落=設問はおおまかに対応するので、やってやれないことはない。キーワードを拾えば解答できちゃうふぞろい流にも、一理ありです。

H30事例Ⅲの予備校解答をぶった切る!
第1問 SWOT
→全校一致
第2問 マン・マシーン
→KEC以外の3校はOUT
第3問 大ロットな生産計画
→冷静に解けば差はつかない
第4問 情報項目
→PDMは浮かばないのでキーワード列挙で
第5問 高付加価値戦略
→インサート成型を使えないのが国語スクール!?

こちらは興味深いシリーズで、スクール講師レベルじゃ太刀打ちできない今の「Ⅲ」は、スクールの解答速報なんてこの程度に。次は犬も食わないAAS(名)・大原・TACではなく、LEC・MMC・TBCを比較してくれると嬉しいぜっ。

今日のまとめ

試験評論家歴10年のクソベテだけに、余計なコトに気づきやがるねっ?

はい。国語の文章ってのは、読み手が持つ知識や想定により見え方が変わります。

解答骨子が当たれば行間を読んで時短になるけど、ハズすと単なる妄想だ。

うん。確かに使うレイヤー・知識が固定的な「Ⅰ」では、与件の国語読みより行間読みでピンポイントに稼げるケースが。

ところが国語トラップだらけの「Ⅲ」対応は、完答ハイスコア狙いよりも、聞かれたコトに答えるトコから積み上げで。TACや大原のハズレ速報を使えば、なんだこの程度かと、大いに安心できるのです。

ボタンを押して今日もイタダキ↓。
試験の進化は待ったなしです。

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村

-2次答案(顧客)

Copyright© 200%抜け駆けスタイル 診断士試験 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.