2次判断(競合)

敗戦の弁を語ろう(前)

投稿日:

再現答案募集は
自分の巣でやれ

ふぞ先輩って面白い。合言葉は天下布武の全国統一だから、ヨソのサークルに乗り込んでは大暴れっ。

お、おう。信者半分アンチ半分なんて夢にも思わない。上洛目指して本能寺辺りに進んだ所を、試験委員から狙い撃ちだねっ。

画像をアップロード

なぜわざわざ浮かれて狙い撃たれに?

いやいや、もうダメと諦めた所でドリームジャンボが当たれば、そりゃ親近(終末)効果でキーワードこそがわが人生。浮かれポンチで12月の狂乱っぷりが目に浮かぶぜ。

ねぇねぇ。ネットで都市伝説を漁っていたら、こんなフェイクニュースが出てきたよ。

240枚分のキーワードを自称採点基準に変換する巨大コンピュータは、同友館社の地底ではなく北海道美唄市にあった
噂の巨大コンピュータは年1回しか稼働しないのに、電気をバカ喰い。交換部品の置き場にも困った同社は、北海道美唄市のホワイトデータセンター(情報H28第23問)に移転させたらしい。
画像:美唄市 WDC構想
ふぞメンとは、実はセンパイではなく、巨大コンピュータを崇める約24体の使徒だった
モレありダブりありのブログリレーにクソの役に立たないポエムと、常識的なビジネスパーソンならまず書けない文章を書きやがる。
それは彼ら約24人はもはやヒトの領域を超え、巨大コンピュータに240枚の240点答案を捧げるための、使徒の称号を得たかららしい。

うはっ、ふぞ先輩をフェイクニュースにすると、ヘタクソSFアニメの1本や2本は軽く作れるねっ。

敗戦の弁を語ろう(前)

それでさ。ふぞの結局どこがダメなのよ?

第一に、本試験直後の手応えが全員コロコロな現実を棚上げし、240点でギリギリ受かった自分が最後に1つ足したキーワード様に、余分な後光が差すこと。

そう、確かにふぞは6,300人にマストの入門書
ところがセミナー経由で勧誘されたふぞ信者は、8割ドボンの多年度ループまっしぐらは直視せず、たまたま受かった2割の事実だけをひたすら誇張します。そして自称あなたの応援団にっ。

第二に、与件の国語読みが悪目立ちし、オトウサン達が狙い撃つ格好のターゲットに。

与件の国語読みはこんなカモネギ
①設問⇔根拠の対応がズレる(←オヤオヤ)
②キーワード列挙で因果が抜ける(←オイオイ)
③根拠を詰め込む自在な言い換え(←ツメツメ)
④箇条書きを禁止されると万策尽きる(←あわあわ)
⑤苦し紛れに飛び出すアイデア解答(←ヒヤヒヤ)
採点者がバツをつけたくなるアイデア解答例
1次知識列挙型 (例:聞かれていない5S、3S、QCD)
切り口呪文型 (例:日程・調整・工数計画)
過去問切り札ワード型 (例:毛筆の御礼状、誘客、顧客愛顧)

80分では解けない試験で何かマス目を埋めることには、オトウサン達は寛容です。ところが度が過ぎると、ふぞ信者と疑われてバツがつくのです。

前編まとめ

何だ、この試験。与件の国語読みを公言してわざわざ8割狙い撃たれるふぞ信者がゴロゴロ。だからその逆やりゃ合格率5割は堅いね。

でもでも。最後に盛り込んだキーワード1つのお蔭で、自分が240点ボーダー合格を成し遂げたたまたまな事実。それこそがふぞ先輩唯一の、心の拠り所なのです。

もちろん8割ドボンな現実はひた隠せ。そこで当サイトが代理で敗戦の弁を語ってあげたよっ。

そう。だからふぞ先輩の悪いトコは、ウソこそ言ってはいないけど、ホントのコトも言ってない。そんな再現答案募集は自分の巣でやりやがれっ、なのです。

ボタンを押して今日もイタダキ↓。
試験の進化は待ったなしです。

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村

-2次判断(競合)

Copyright© 200%抜け駆けスタイル 診断士試験 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.