この星で一番最後の過去問解説。毎朝ウルっとするか、イラっとしてガバっと跳ね起き学習するか。夏の朝は2択で始まり。

【コピペ答案時代の得点差(Ⅰ)】ファブレス電子機器メーカーの技術を支える実力主義の人事制度

与件の表現を言い換えず、なるべくコピペ。

直近の開示80点答案を見ると、見事なまでに与件のコピペ。すると全受験者5,000人の半数以上がコピペに殺到し、一見答案の点差がつかない。では5,000枚の答案がそっくり化した時、採点者はどこで点差をつけたくなるか。

当サイトが試験当日に作成した「コピペ答案」と、11/4(日)開催のEBAスクール解答分析会の内容を比べ、その差に迫ります。

【コピペ答案時代の得点差(Ⅰ)】ファブレス電子機器メーカーの技術を支える実力主義の人事制度

第1問 難度C ~点差がつく

「研究開発型企業」「競争戦略」に、半々に反応できればベスト答案に。

研究開発型企業であるA社が、相対的に規模の小さな市場をターゲットとしているのはなぜか。その理由を、競争戦略の視点から100字以内で答えよ。

解説
【要求解釈】
競争戦略とズバリ聞かれたので、ポーターの5フォースがまず浮かび、次に競争優位の戦略(差別化・コストリーダー・集中)を考える。優先順として①買い手の交渉力 ②代替品の脅威 ③新規参入の脅威あたりを使い、第4段落「ニッチ市場」につなげれば100字が埋まる。
【コピペ解答例】
理由は大規模市場を標的としない集中戦略にある。①取引先の事業縮小による販売減、②生産や販売が他社委託であるため他社の参入可能性 ③代替品の脅威を考慮し、ニッチ市場に向けた製品開発により事業を継続できた。(100字)
【加点答案例】
単に「ニッチ」「差別化集中」だけでなく、研究開発型企業→研究開発投資が必要→資源を分散させず集中化、の説明に踏み込む。

分析解説会との比較
当サイトが当日作成したコピペ解答は、「競争戦略」に反応して5フォース一色ですが、これだと5割以下の得点に。加点答案例では、「ニッチ市場」「競争回避」を押さえた上で、研究開発型企業→開発投資負担が大→特定市場集中まで言及し、A社戦略の納得性を高めています。

第2問 難度B ~与件コピペで差がつかない

過去~現在を聞く問題は、与件コピペ全盛の時代では差がつかない。

A社の事業展開について、以下の設問に答えよ。
(設問1)
A社は創業以来、最終消費者に向けた製品開発にあまり力点を置いてこなかった。A社の人員構成から考えて、その理由を100字以内で答えよ。

解説
【要求解釈】
生産・販売をアウトソーシングしたファブレス企業であり、消費者向け量産化での生産利益は取り込めない。よって時流を先読みした先進的な事業展開(第11段落)により、ニッチ市場の先発優位性まで知識を浮かべ、あとは編集力で。
【コピペ解答例】
理由は、技術者が9割近くを占め、ニッチ市場向けの研究開発を重視するため。①生産や販売が外注であり消費者向け量産品での利益は狙えず、②新しい技術を取り込んだ製品領域の拡大に人材を振り向ける必要があった。(100字)
【加点答案例】
特に差がない。

分析解説会との比較
設問文「A社の人員構成から考えて」から、「技術者が9割」を最初に書くことがマストに。残りも与件をコピペするので、点差がつきません。

(設問2)
A社長は経営危機に直面した時に、それまでとは異なる考え方に立って、複写機関連製品事業に着手した。それ以前に同社が開発してきた製品の事業特性と、複写機関連製品の事業特徴には、どのような違いがあるか。100字以内で答えよ。

【要求解釈】
第4段落に「売切り型の事業の限界を打ち破る」と明記しています。そこで消耗品ビジネスと大枠を決めると、後は与件の根拠を拾えばOK?
【コピペ解答例】
違いは、製品売切り型と消耗品継続型の差にある。①取引先や顧客の声を反映させた受け身の製品を売切る以前に対し、②情報通信技術の進歩と市場の変化を先読みし継続的な取引を実現した。(87字)
【加点解答例】
特に差がない。
[/toggle]

分析解説会との比較
製品売切り型→消耗品継続型の違いが明確。言い回しの差はあっても与件のコピペ全盛の時代では有意な点差がつきません。

第3問 難度C ~点差がつく

後継者の育成をここで使うと70点答案に。

A社の組織改編にはどのような目的があったか。100字以内で答えよ。

解説
【要求解釈】
第8段落で、①技術別組織から機能別組織に大幅改組しています。これに②混成チームによる組織学習、③経営危機を意識した組織変革プロセスの推進とつなげば、3要素で100字が埋まります。
【コピペ解答例】
目的は重要な経営資源である技術者の活用にある。①技術別組織から機能別組織への改組により、②混成チームでの組織学習が進み、③部門長や管理業務を兼任して従業員数増加を避け、④経営危機を乗り切ることができた。(100字)
【加点解答例】
経営課題=後継者育成をここで使う。具体的には、編成替えと役員の部門長兼任の権限移譲を、後継者育成として指摘する。

分析解説会との比較
コピペ解答例では、「コピペと知識を並べてどれだけそれっぽく」を狙ったため、出題者の意図を正しく汲めていません。加点解答例も与件のコピペですが、製品開発部門長への権限移譲→後進の育成につなげており、ここに踏み込むと70点答案になります。

第4問 難度D ~確実合格への勝負問

ズバリ1次知識を列挙する勝負問。現行人事制度の弱みを見抜き逆提案をすると◎の満点答案に。

A社が、社員のチャレンジ精神や独創性を維持していくために、金銭的・物理的インセンティブの提供以外に、どのようなことに取り組むべきか。中小企業診断士として、100字以内で助言せよ。

解説
【要求解釈】
外発的動機付けがダメなら、内発的動機付け。ブロックシートで⑯グループダイナミクス(集団の凝集性)⑱エンパワーメント(権限の委譲) ⑳職務拡大を思い浮かべ、与件表現を拾えば3要素で100字に。
【コピペ解答例】
従業員の内発的動機付けに取り組む。①従業員数の増加を抑えて集団の凝集性を高める、②高齢のA社長から部門長の役員への権限移譲を進める、③混成チーム内で業務を広げる職務拡大、などの施策を助言する。(96字)
【加点解答例】
現状の成果主義型人事制度を是とせず、ここ10年の業績停滞の原因として、①新卒採用 ②個人評価→チーム評価への転換を助言する。
当サイト注)かなり踏み込んだ内容であり、これがもし正解であっても本試験で書くには勇気が必要。

分析解説会との比較
コピペ解答では、与件の表現を列挙して1次知識で言い添え、「内発的動機付け」でまとめました。加点解答例では、一見成功例(強み)になっている現行人事制度が直近10年の事業停滞の原因と指摘し、①新卒採用 ②個人→チーム評価への転換に踏み込んでいます。

今日のまとめ

100点を取る試験ではない。だから多少のミスは当然で、そこをくよくよ悩んでも意味がない。そこで60点のA答案とはどれ位で、どこを書けば頭一つ抜ける70点のS答案に届いたか。

もうそんなこと、わざわざブログに言われなくても、誰でもわかる時代です。

与件に忠実に、しっかりコピペをすれば60点。
与件に忠実に、出題意図を正しく汲めば+αの70点。

ふぞ採点は5,000人のマストに
競争を高めて今年でイチ抜け
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村

>増枠時代の採用面接試験への備え

増枠時代の採用面接試験への備え

ノウハウ君と多年度ベテの合格自慢を一掃すべく、難関国家資格の称号を投げ捨て、「1次」合格時点で〇〇診断士を名乗ってOKとした出題側。ふぞろい200hでコロコロ2割受かるなら、最新ふぞ14の発売を待ち、その真逆をすれば確実5割はイケるだろう。新たな仮説が始まります。

CTR IMG
PAGE TOP