【R3筆記合格体験記】ベテ化を避ける型とスタイル:スカイさん

ふぞ15発売延期で、今年のベテ冷遇&短期決戦化が確定。ネット2級の100h★チャレンジで思考の加速な。

ド苦学で350hかかる2級を、100hで受かるteam学習。スピード感をそこで培い、秋の試験に乗り込みます
■■テンプレここまで■■
Q
今日の「筆記合格体験記」は、近年やや受かりにくいとされる、受験3年目、4年目のスクール通学からの当選? ほう、これは落選の悔し涙に暮れるオイラにゃ、興味が大だ。
A

そう。自己流に凝り固まってしまいがちな多年度受験の中で、スカイ様が気づいた・選んだ型=スタイルとは何か。ぜひ内容を想定しながらお読みください。

【R3筆記合格体験記】ベテ化を避ける型とスタイル

❶診断士に挑戦した理由・きっかけ、年齢(任意)

ビジネスに必要な知識を体系的に習得できると考え、学習を開始しました。学習プロセスの中で、アウトプットを通じた要約力の向上や因果を意識した受け答えなど、実務面でも役立つことを実感し、自分自身の自己実現と、実務で接する中小企業とのwin-winな関係構築を目指して本資格取得に本腰を入れました。41歳。

❷学習開始時の知識・保有資格、得意科目・不得意科目、「1次」科目別点数(合格年)

保有資格、得意科目・不得意科目ともには特にありません。
2018年「1次」:独学、7科目421点
2020年「1次」:スクール通信、7科目492点

❸学習スタイルとそのメリット・デメリット

  • 2017年12月より独学で学習開始。2018年1次試験合格も2次試験で180点未満となり、戦略的に学習を進める必要性を痛感し、2019年より某スクールの通信講座を受講しました。
  • スクール活用のメリットとしては、本試験からバックキャストでカリキュラムが組まれており、「何をやればいいか」も明確になるため、学習の方向性に迷うことはありませんでした。一方デメリットとして費用面での負担がありましたが、先行投資と自分に言い聞かせ、費用を捻出しました。

❹2次筆記合格までの受験回数、学習時間とその作り方

  • 1次「2回」、2次「4回」
  • 学習は基本的に「朝に行う」こととしました。仕事の都合上、夜の時間帯は不定期になりがちでしたので、朝にできなかったことを行う「バッファ」として位置付けました。
  • 休日ですが、(週末帰省できる)単身赴任ということもあり、自身のリフレッシュと家族との時間確保も兼ね、後述する100字訓練以外はオフとしていました。
  • 学習開始してからの総学習時間は1次、2次ともに1000時間程度かと思いますが、ちょっと時間を掛けすぎたかなと感じています。

❺2次筆記合格までの学習法(1次・2次)


1次試験
2018年 独学(スピテキ/スピ問/模試) 7科目421点
2020年 スクール通信(テキスト/演習/模試) 7科目492点

2次試験
2019年~2021年 スクール通信(テキスト/演習/模試)

・100字訓練:一般的になってきましたので説明不要かと思いますが。学習を進めるうえでのペースメーカー的な存在でした。必ず手書きで書くこととし、その日のお題に加え、前月・前々月の同日に出題されたものも解くなどして、毎日1時間程度かけていました。

❺-1(テンプレ追加) 私の思う当落分岐点 ~試験合格への転機を感じた、あの瞬間

私の中では2つあります。

  • 1つ目は「文章(解答)の書き方」です。学習当初は「①~、②~」と数字をふって、キーワードを盛り込むような書き方を多用していましたが、因果関係の説明が必要とされるシーンでは逆に読みづらくなることに気づき、2021年はこうした書き方を極力やめる事を心掛けました。本試験でも心の中で「因果、因果、、」と唱えながら解答を作成しました。
  • 2つ目は「再現答案の再現性が高いか」です。1度目の2次試験ではメモこそ残してはいましたが、なにをどう考え結論に至ったかも不明で、答案の再現性もかなり低いものでした。学習を重ねるにつれ、メモの書き方も自分の「型」が徐々に出来上がり、今回の本試験の再現答案も疲労感がある中で当日中に仕上げることができました。再現性の高い答案が書けるメモを残せるかどうかが私自身にとっての当落分岐点と言えます。

❼これから合格を目指す方へのアドバイス

  • 先述したメモもそうですが、学習そのものの「型」を作ることが大切かと感じます。私自身、スクールを選択したことで「何を学習するか」に思考する時間を極力なくし、「実行する」ことのみに自分の資源を集中させました。「朝=学習時間」と、半ば習慣化することができしたので、学習できなかった場合の精神衛生面での負担も少なくすることができました。
  • ブログやyoutube等、ここ2~3年で診断士学習に関する情報も収集しやすくなってきていますので、スクールも含め、自分の学習の「型」をなるべく早く見つけることが重要かと思います。
当記事はYouTubeでも配信中

■■記事はここまで。以下は固定のバナーです■■

4/30発売開始。入手はamazonから、ご本人の告知動画も追加しました。