これまでのアナログを、これからのデジタルに。試験のイノベーションが加速します。

【最新診断士座談会】イマの試験はここが変わった

当サイト名物といえば、座談会。

画像はSkypeより(汗)

オマエのつまらぬ蘊蓄より余程良い。でも頻繁に行えないのは、時間・場所・移動の制約があったから。ところが、

今回は、F2FでなくWeb会議でやりませんか?

そう提案をいただき、使ったのはAppear.inなる無料のWeb会議ツール。ほう、ID設定もアプリも不要で使いやすい。

診断士が3人集まれば井戸端座談会。

この時代、立ってる者とITは使いよう。当試験のオープンイノベーションは終わらない。いえまだ始まってすらいない? では座談会スタートです。

【最新現役診断士座談会】イマの試験はここが変わった。

日 時:2018年2月14日(水) 第1部20:30~ 第2部21:30~
場 所:Web会議
参加者:
第1部
Hさん1次1回2次2回 TAC新宿通学
Yさん1年目スト合格 群馬からTAC大宮通学
Sさん1次2回 2次2回 TAC池袋通学
第2部:
Tさん 1年目速習スト合格 TAC横浜渋谷八重洲通学
Mさん1次3回2次3回 TAC通信+スクーリング
Nさん 1年目スト合格 TAC八重洲通学
司会:ふうじん

※TAC合格祝賀会の縁からお声がけしたため、TAC生100%ですが。座談会内容にTAC宣伝要素はゼロなので安心ください。また2部に分けたのは、無料Web会議が4人までしか使えないためです(苦笑)。

第1部 ~「2次」確実合格を狙う余地あり

1⃣ 「2次」に合格したポイント

合格するスタイルも成功要因も、一つではない。

司会F(ふうじん):本日は貴重なお時間をいただきありがとうございます。今日のテーマは「イマの試験はここが変わった」。そのため、何が変わったかのか誰でも知りたい。では早速ですが、「自分が2次に合格した」ポイントを教えてください。

Hさん:「事例Ⅳ」で安定的に稼ぐ。そこが最大のポイントでした。逆に「事例Ⅰ~Ⅲ」は、2回受けた「2次」の1年目では、過去問5年分を国語の試験的に解くことでやっと。2年目にやり方を大きく見直し、合格に至りました。

Sさん:ポイントは2つ。①Hさんとは逆に「事例Ⅰ~Ⅲ」の解答プロセスを固めた。②受験校クラスの自主勉強会制度を活用し、見えない点、わからない点の解消を進めたことです。

Yさん:私は「1次」「2次」とも、ボーダーすれすれの合格でした。その中で、「ふぞろい10年分のバックナンバーを買い揃え」、そこに注力した。あと「Ⅳ」については、TACの教材が安心感があります。CVPやNPVなどの領域別に回転させていけば、「Ⅳ」の得点は安定するでしょう。

F:ありがとうございます。面白そうなのは、Yさんの「ふぞろいバックナンバー10年分」。なぜその作戦を選び、具体的にどうしたか、個人的に大変興味がある点です。
※後日ご紹介予定あり。

2⃣-1 今年また「2次」を受けるなら。変える点、変えない点。

皆に共通の「基本」は変えない。自分で工夫できる余地を伸ばす。
F:「2次」は本試験問題との相性で、合否が結構入れ替わると言われます。今年もう1年受けるなら? そう仮定してアドバイスをお願いします。

変える 変えない
Hさん 解答骨子など、
より確実・安定した解き方を目指す
80分間のおおまかな解答手順
時間配分、SWOT、メモなど
Sさん より論理的に思考を深める解き方、
根拠マークなどの解答処理手順を
「社長の思い」などの制約条件
「聞かれたことに丁寧に答える」など、事例の本質
Yさん 作成中 作成中

H:いわゆる「80分間の解答手順」、つまり設問文や問題本文の読み方、SWOTなどのベースになる点は変えずに維持しますね。一方、要求解釈や解答骨子の作り方など、「事例Ⅰ~Ⅲ」の解答精度を高める、安定させる努力はまだ足りないと思っています。

S:同じく、周囲が口を揃える「制約条件」「事例の本質」の所は変えません。でも、「事例Ⅰ」「Ⅱ」ごとに、事例企業にどの知識を当てはめ、妥当な答えを論理的に導くか。そこはまだ工夫できそうです。そこを進めると、事例の得点は安定しますね。

F:へぇ、「事例Ⅰ~Ⅲ」は、表面上の出題傾向は毎年変化しますが、得点は安定するものですか?

S:しますね。特に「事例Ⅰ」がそうです。私の開示得点は77点ですが、受験校演習でも本試験でも、65点は必ず取れる答案を書いたつもりです。具体的には、「事例Ⅰ」なら「書かせたい答え」に決まったパターンがありますよね。過去問を解き重ねたり、分析、ディスカッションをすると、その勘所を掴めます。

F:TAC池袋校は自主学習会による合格率の高さで有名ですね。今年の合格率はどうでしたか。

S:私の学習会では、13名中5名が合格しました。他のグループでも複数の方が受かっており、合格率は高いと思います。

F:ざっとですが、4割前後は受かる。「勉強会」の強みはそこですね。

S:他に市中のセミナーにも参加しました。複数の合格者が自分の解答手順を広めあう。そんなセミナーがあり、他人の解き方を知ることも役立つと思います。

2⃣-2 出題が変化したときの現場対応

出題傾向が予想外に変化した。その場をどう凌ぐ?

【事例Ⅳ】

F:昨年ひどく難化した「事例Ⅳ」ですが、「Ⅳ」が得意なHさんは、現場でどう対応されましたか。

H:開示得点は75点です。

F:おぉ、やはり「Ⅳ」は実力に応じ、ある程度安定的に稼げそうです。

H:経営分析は3問中の2問正解で良く、BS連結を考慮する負債比率の数字は外してOKと判断しました。第2問CVPは数字を当て、第3問NPVは割引回収期間法の採用まで、第4問連結はポエムを書いてこの得点です。

F:「Ⅳ」で連結が出るなど、誰も想像しませんからびっくりしますよね。ポエムを書くコツはありますか。

H:要は何か書けば良いのですが、疑心暗鬼に難しく考えると、マス目が埋まらない懸念があります。第1問経営分析で連結BSの考慮が要るので、第4問でも何か連結の知識を書くはずだ。出題側がそんなひっかけ、揺さぶりを掛けている気がします。

【事例Ⅲ】

F:揺さぶりと言えば、「事例Ⅲ」出題の変化にも驚いたのでは。どう対応されましたか。

H:前年の問題とガラリ変わった。試験委員が交代したのか?そんな印象を持ちました。第1、2問も難しいですが、第3問はマーケっぽいアイデア解答を書くことを思いとどまるのが大変でした。結果は59点です。

S:第1問のSWOT、強み根拠の「抜き」がない。でもそこは自分のメモでやり、第1~4問で散らばって使えば良い、そう判断しました。

Y:書く文字数が多い、つまり160字クラスの巨大なマス目が4つある解答用紙に驚きました。また前年事例の図を使って解く印象が強く、文章だけの問題本文に逆に戸惑ってしまいました。

F:過去問のパターンを知ればヨシでなく、その一歩先の意図まで掴みたい。そこで、「2次」対策を早めスタートする流れが強まっています。

3⃣-1「1次」「2次」平行学習のタイミング

イマ話題の「1次」「2次」平行学習。最新診断士の賛否はどちら?

F:「自分が挑戦初年度だったら」のつもりで、「2次」学習にいつ、どこから着手するか。そのアドバイスをお願いします。

H:そういっても、「1次」対策で手一杯。「2次」早期着手できる方はそう多くないのでは。「Ⅳ」を先に済ませておく方も見かけますが、現実的にはなかなか厳しいはず。

Y:「1次」「2次」を合格ラインスレスレで通過した印象から言えば、5月GW以降はとても無理。ちょうど今頃2~4月ならなんとか、と考えます。やり方としては、ふぞろいのバックナンバーを1冊入手し、流し読みする程度でも良さそうです。

S:自分が通った通学クラスの今年の自主勉強会に顔を出しています。スト生の勉強会では、「2次」のショート事例を用意し、どの知識をどう「2次」で使うか、そんな練習をしています。でもやはりGW以降は「1次」専念ですね。

F:2~4月、つまり「情報」~「中小」の暗記3兄弟の時期は、「2次」着手の余裕があるとする声が多いですね。暗記科目の学習負担は軽くなったのでしょうか。

H:「法務」はやや手強いですが、H29の難易度なら「情報」「中小」は暗記で対応できるので、学習時間はそうかかりません。

F:奇問難問を追うのでなく、周囲も知る問題を自分は確実に当てる。H28「情報」は悪問ですが、そんな効果があった様です。

3⃣-2 スト合格しそうなタイプとは?

スト合格とは試験対策の巧拙より、ライフスタイルや人生観?

F:とはいえ、試験の倍率上、「2次」を早くやる=スト合格でもなさそうです。例えば、スト合格しそうな方の特徴などはありますか。

H:養成答練80点。これを全科目で取るペースの方なら、「2次」対策を平行して進める余裕があるかも。「1次」500点を超えると、「地頭が良い」とも言われ、その位の知識があれば「2次」に受かりやすい気はします。

F:合格体験記でたまに見かける「答えは与件に書いてある」と言えちゃうタイプですね。確かにそうなのですが、「何をどう読めばそうなる?」。その発想は周囲から見えにくい所が難点ですね。

S:少しくらい小難しい文書ならスラスラ読み込なす、国語力の要素がありそう。また、「論理的思考力」も違いが出るのでは。受験各校の「2次」過去問解説を取り寄せて見比べると、思考のパターンは一つでなく、それぞれのクセの違いに気が付きました。

F:受験校模範解答は、各校のエース級講師が作るので、非凡な解答や特色が出ますね。解答や助言内容にはそう差がなくても、そこに至る思考プロセスには個体差が。「2次」の難しさは、そんな所にもありそうです。

Y:スト合格者とは、そこと張り合わず、やはり素直に解いていますね。

H:悪い事態を想定する、リスク思考はどうでしょう。本試験で「事例Ⅳ」解答用紙が配られたとき、何か変な文字がうっすら透けて読めた気がしました。「これは、今年もヘンなどっきり問題だ」。そう心構えすると、「頭まっ白」の回避につながります。

4⃣最後に~ 来年の自分からイマの自分にアドバイス

昨年と今年の自分は別物。そこが診断士取得のメリット。

F:本日は、「現役診断士の視点から」様々な話をお聞かせいただきありがとうございました。では最後に、来年の自分からイマの自分へのアドバイスを、一言お願いします。

H:診断士の肩書があると、いろんな方と出会い、対等以上の立場で話ができる。今年はいろんな所に飛び込むチャンスだよ。そう助言します。

S:堅実に成果を得る。具体的には、稼いで→再投資→さらに成長。そう助言します。

F:へぇ、「稼ぐ」「再投資」とは、どのようなことでしょう。

S:実は既に開業コンサルタントを務めています。診断士取得を機会に顧問契約を増やし、経験を積んで、ビジネスの幅を広げる。そんなチャンスの年ですね。

Y:診断士の合格同期を見ても、地方の方は少なく、不安になりがちです。距離のハンディキャップは関係ないよ。そんな行動に移したいです。

F:その通りですね。例えば今日のWeb座談会だって、やると決めれば距離は関係ない。皆様、本日は貴重なご意見ありがとうございました。

座談会第1部まとめ

イマの試験はどこが変わった?

ええとそれって、

  • 出題のランダム・ルーレット化?
  • 現場対応能力?
  • はたまた組織学習によるラディカル・イノベーション?
    いえいえ、それももちろんあるけれど。
自分の合格スタイルこそが正しいと、
いちいち主張・強調する手間が省けた。

だって4つ並んだ開示得点を見せ合えば。自分の狙いは確実合格かビギナーズラックか。いちいち言わなくたってわかるんです。

すると合格スタイルは一つでなく年々多様化。そこを上手に組み合わせると、リスクを下げてリターンが増加。さぁH30「2次」のミライがうっすら見えてきた。第2部は明日に続きます。

これまでのアナログをこれからのデジタルに
クリックする度に試験が進化します↓

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村

>200%ミライスタイル

200%ミライスタイル

たまたま受かったあの合格自慢は要らない子。これまでのやり方では努力するほど8割落ちると当確した試験で、最低5割で勝ち上がるこれからのスタイルとは何か。
そして合格者様や支援サークルを一掃した先の、次のミライはどうなる? ぜひアイデア・ご意見をお寄せください。

CTR IMG
PAGE TOP