【運営養成答練】目指せ9割~出題25マーク予想法

得意科目は「運営」です。

試験合格の前後を問わず、「運営が得意」と一言添えると、周囲からホウと一目置かれます。

Aさん:「経営」が得意です
→普段から勉強熱心なのですね。
Bさん:「財務」が得意です
→日頃から数字を扱い慣れているのですね。
Cさん:「運営」が得意です
→考え方が合理的なのですね。

そう、「運営管理」は誰でもムダなく動ける、合理的な標準作業が大好き。だから養成答練の出題も、最初に覚えて欲しい基本用語から順に25マーク出てきます。

そこで今日明日に「運営」養成答練がある方なら、ボケっと受けるのでなく、出題される25マークを予想して受ける。これで手応えが変わってきます。

【運営養成答練】目指せ9割~出題25マーク予想法

1⃣ヤマ掛け養成答練 ~なぜ出題予想をして受ける?

  • 単なるヤマ掛けでなく、テストに出る順に出題予想。
  • スピ問、過去問、トレーニングは一通り解き終える。
  • 次に試験に出る順、重要度順に25マークを予想する。
  • 予想通りに当てた問題はこれで記憶完了、復習不要。
  • ×問題、予想外の出題は付箋を貼って次回に備える。

「1次」7科目の養成答練を上手に使うコツは、「予想して当てた問題は復習不要」であること。つまり平均60点の周囲に対し、80点なら復習量が1/2、90点なら1/4に。では予想に進みます。

2⃣出題25マークの予想法

出題予想の最有力が、過去問マーク基準法。

TACテキスト・過去問巻末の「出題領域表」が示す通り、「運営」過去問の出題領域別マーク数はほぼ固定です。これを本試験44マーク→答練25マークに圧縮し、少し補正を加える。あとはその領域内の「大事な論点順」に選べばOKです。

領域別マーク数の補正
店舗:法律知識は今出さないので△2マーク
販売流通情報Sys:今は細かすぎるので△1マーク
MD:GMROI辺りを出したいので+1マーク
生産概論・方式:「生産管理」が大事なので各+1マーク

3⃣領域別の出題予想

出題25マークの予想例 ※タテ解きした過去問を参照。

1生産概論(2)用語(3S、4M、5S)
PQCDSME
2生産方式 (3)SLP
P-Q分析
トヨタ生産方式
3生産管理 (4)ジョンソン法
PERT
発注方式(定量/定期)
経済的発注量
4生産管理(IE) (3)工程図記号
マン・マシンチャート
標準時間
5生産業務 (2)QC7つ道具
設備保全
6生産その他 (2)CAD/CAM/CAE
自動製造システム
7店舗施設 (2)売場レイアウト
照明
8MD (3)予算計画(GMROI)
品揃え(幅×深さ)
ISM
9物流戦略 (2)物流センター(ピッキング)
輸配送管理
10販売情報Sys (2)POSデータ(PI値)
電子タグ

※「店舗管理」は一般常識で当たるクイズレベルなので、「生産管理」の出題予想が大切。

出題予想のポイントは、①他人の予想を参考に自分なりの予想をすること。そして②ヤマ掛け箇所だけ勉強するのでなく、問題集は一通り解いた上で、予想済の問題なら200%確実に当てること。そこで初めて復習不要のレベルに達し、連鎖的にスコアが伸びます。

今日のまとめ

出題25マークのヤマ掛けをしてまで、なぜ答練では80~92点のハイスコア狙い?

A:自分の学習スタイルの合理性を確認するため。

やってみると分かりますが、養成答練で80点を取るコツを一度掴むと、①次の科目も80点取れる上に ②現時点で本番60点の手応えに相当します。つまり背伸びしてでも80~92点を目指すことは、今話題の「1・2次並行学習」にマストではなくても、ベストの選択です。

「考え方が合理的」なんて言われてみたい。そう、今日明日の「運営」答練はその絶好のチャンスです。

ポチっと爽やかに頁が閉じます↓。
その爽やかさが進化の手応え。

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村