1次Do:学習実行

【暗記試験のイロハのイ】暗記のメカニズム+4択吟味○×△法

暗記するならマンガがベスト。

画像:REMOTE ちはやふるネタバレ解説

診断士「1次」といえば7科目知識の暗記ゲー。ですが実は暗記するにはマンガが一番。例えば上のイラストを見れば ①百人一首の暗記がテーマ ②恋愛・スポ根・成長要素も盛りだくさん ③広瀬すず可愛い。記憶がスラスラ出てきます。

でも残念。「1次」知識全てをマンガ化するには、診断士書籍の市場規模ではコストが合わない。そこで「マンガでラクラク」は泣く泣く諦め、潔く活字の理屈で暗記を進めます。

【暗記試験のイロハのイ】暗記のメカニズム+4択吟味○×△法

1⃣暗記をする脳のメカニズム

暗記対策は受験校に教わる。例えば講師によっては、こんなことも教えてくれます。

側頭葉:倉庫係
海馬:記憶係
側坐核:やる気係

このとき、海馬(記憶係)が活躍するほどスラスラ暗記が進みます。具体的にはこの順で。

  • 予習して講義を受ける(過去問予習またはWeb予習がベスト)。
  • 当日中に復習を済ませ、できれば問題集にも着手。
    ★翌朝すっきりした頭で問題集を解く。
  • 1週間後に養成答練を受ける。
  • 1か月後に完成答練を2回受ける。
  • 数か月後に模試を受ける。

2⃣記憶のメカニズムから紐解く記憶術

試験合格に必要なのは「大事な順に」「長期記憶化」。

暗記の種類や仕方は脳医学的に解明済で、診断士対策なら下記のリンク先を一読して納得です。

出典:一発合格道場

要するに暗記のテストで点を取るには、①短期記憶を長期記憶に ②その手段は意味記憶(繰り返し)とエピソード記憶(くだらなく)の2通り。まずここが大切です。

次に、「2次」で使わない優先度の低い知識は「あえて長期記憶化しない」。つまり繰り返しの頻度をわざと下げ、7月直前期まで先送りし直前丸暗記してスパッと忘れる。この「さらに重要なものを選択」する絞り込みが、この後の「2次」合否を左右します。

3⃣過去問INPUT~いきなり問題集法

診断士「1次」のように暗記範囲が広い試験では、従来型のテキストINPUT→過去問OUTPUTの順では予想以上に時間がかかる。そこで近年注目されているのが、最初に過去問を解いてしまう「過去問INPUT」です。

0.5周目
問題集の設問ごとに、正解を選ぶ→○、不正解を選ぶ→×を記入。
※「正解を選ぶ問題」は用語穴埋めなら瞬殺だが、文章選択肢の場合は不正解を3つ指摘する必要があるため、 「不正解を選ぶ」問題より難しい。
1周目:
4択選択肢を一つずつ見て、正しい→○、誤り→×を記入。
正解確信なら、不正解選択肢を見てその知識もINPUT
あやふや・不正解な時は理解せずに先送り。
これで問題集1周目の所要時間を他人より大幅短縮します。
2~3周目:
全問題を解き直し。1周目より短時間で解き、少しずつ理解を増やす。
4周目以降:
3回正答した問題はもう解かない。×△問題に集中し、1つずつ苦手を解消。

4⃣過去問INPUT~4択吟味○×△法

では「過去問INPUT」を実際にやってみる。
H26第1問
コンピュータは、データ記録やオペレーティングシステム(OS)の起動ディスクとしてハードディスクドライブ(HDD)やソリッドステートドライブ(SSD)を装備している。HDDやSSDには様々な種類の製品があり、データ記録のための管理方法も複数の種類がある。
HDDやSSDにおけるFATやNTFSなどによるデータ記録管理方法に関する記述として、最も適切なものの組み合わせを下記の解答群から選べ。
a 記憶装置上のデータ記録位置を、セクタとそれをまとめた・・
b ファイルはクラスタ容量の単位で分割され、記憶装置上に・・
c 1ファイルを記録する連続したクラスタがない場合、・・
d 1ファイルの記録場所をひとつ以上のクラスタの・・
H26第3問
パーソナルコンピュータのOSには複数の利用者が使用することを考慮して、複数のユーザアカウントを作成可能なものがあり、ユーザごとに管理者が設定可能な管理項目が設けられている。このような管理項目に関する記述として最も適切なものはどれか。
ア 主記憶装置上の利用可能な記憶領域の範囲を・・
イ 特定の発信者からのみe-mailを受け取ることができるよう・・
ウ ネットワーク利用環境で使用する新規ユーザの登録には、・・
エ ファイルシステムに存在する各種ファイルの参照や実行、・・

文章長っ。そしてメンド臭っ!

だから過去問はつい先送りにしがち。そこでやり方をこう変えます。

  1. 正解を選ぶ問→○、不正解を選ぶ問→×を問題の頭に記入。
  2. 選択肢一つ一つに○×を記入。
〇×の記入例
○→適切なものを選ぶ 第1問(H26)
(略)最も適切なものの組み合わせを下記の解答群から選べ。
○ a 略
× b ファイルはクラスタ容量の単位で分割され、記憶装置上に書き込まれる。その物理的な記録位置はパス名で記録される。
× c 1ファイルを記録する連続したクラスタがない場合、まず記録位置の再配置を行い連続性を確保して記録する。
○ d 略
○→適切なものを選ぶ 第3問(H26)
(略)最も適切なものはどれか。
.
×ア 主記憶装置上の利用可能な記憶領域の範囲をユーザごとに割り当て、使用できる記憶容量を制限することができる。
×イ 特定の発信者からのみe-mailを受け取ることができるようユーザごとに設定できる。
×ウ ネットワーク利用環境で使用する新規ユーザの登録には、ユーザ名、パスワード、利用対象とするコンピュータ名を設定する。
○エ 略
問題集回転学習では、わからない点は先送りで良いから、まず解いてみる。1回目で間違いまで指摘するのは大変だから、正解選択肢だけ覚え、不正解選択肢はさらっと眺めて後回し。すると、過去問1周目の所要時間を短縮し、素早く2周・3周と回せます。

今日のまとめ

「1次」対策は暗記が前提。ところが単純な暗記でカバーできる量ではないため、①脳の仕組みを使ったり ②問題集を回転させたり ③4択選択肢に○×△をつけて知識を増やしたり。

テストの暗記法は様々ありますが、過去問題集を最初に解くことが最新です。ぜひお試しください。

わかりやすさがマスト、具体的ならベスト
ワンクリックで国語力UPの実感を↓

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村

サイト内検索

カテゴリー

2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

-1次Do:学習実行

© 2020 200%抜け駆けスタイル 診断士試験 Powered by AFFINGER5