【経済(予習)】「石川の経済」~日常会話で実感に訴えるわかりやすさ

診断士には「石川の経済」があるじゃないか。

画像:フリーラーニング

診断士合格といえば、通学や格安通信に負けじと独学が増加。それは与えられたカリキュラムをこなす「受け身」を捨て、自分に合った学習法スタイルを決める積極性が、出題側から高評価を受けるからなのでしょう。

そんな仮説を立てると、受け身な周囲に二歩も三歩も抜け駆けできる。それが「経済学」を学ぶメリットですが、有償テキスト+YouTube無料動画なる、独学者にピタリな学習スタイルを確立したのが「石川の経済」です。

日常会話で実感に訴える講義のわかりやすさが、絶大な支持を得る。そんな講義を、独学者の独占では勿体ない。当記事一つで、そのさわりを紹介します。

【経済(予習)】「石川の経済」~日常会話で実感に訴えるわかりやすさ

速習!ミクロ経済学速習!マクロ経済学

序論①:「経済」でつまずきやすい理由”]

「経済は理解が大事」。よく聞く台詞だがこれは要注意。誰だって「理解して解きたい」のであって、理解できなくなる根拠の特定が先。

つまずきやすい理由
①タテヨコのグラフの意味の理解が前提。
②仮定→結論→次の仮定の繰り返し。順を追った理解が前提。
③解法で解ける問題、応用が必要な問題が混在。
④この結果、一度つまずくとどんどんワカラナクなる。

「経済」で理解につまずくと、こう考えがち。

過去問が解ければいいや 。

だがスピ問レベルならともかく、「経済」過去問は奇問難問揃い。その結果。

他の科目と合わせて420点取れればいいや。

多年度合格はいざ知らず、スト合格を狙うには「考えるのを止めた」らOUT。思考停止に陥らないよう、

「経済」はまず理解を進め、次に過去問でOUTPUT。

と説くのが「石川の経済」の序章・・、という所まで初日で読めば上出来でしょう。

序論②:「石川の経済」の特徴は、わかりやすさ

1⃣全体像(フロアマップ)と思考の順路を提示

受験校テキストが1次元(線状)とすれば、「石川の経済」は2次元(地図状)。かつ順路が示してある。以下に図解。

2⃣グラフの意味・理解を重視

グラフ重視は受験校テキストも同じ。だが図解の的確・正鵠さが段違い。例えば「限界」と「平均」の違いなら、図解で一発(速習!マクロ経済学 P.22)。

3⃣用語の定義が正確(索引で辞書代わりに使える)

受験校テキスト・問題集が「過去問を解く」ことに重点を置くのに対し、「石川の経済」は経済学の理解自体に重点を置く。だから索引から論点に戻ることで、前後関係をつなげて理解しやすい。

4⃣仮定・過程と結論が明確(どちらを知りたいかで、拾い読み可能)

「石川の経済」では、結論を四角囲いで示し、本文でその仮定・過程を解説。結論を知りたいのか、理屈を知りたいのかで、どこを読めば良いかが明確。

へぇ、さすがネットの口コミ評価No.1。わかりやすさに定評があるのは本当らしいぞ。

はい、そこで「経済」の学習法をお探しの方なら。以下の「さわり」も続けてどうぞ。

ポチっと爽やかに頁が閉じます↓。
その爽やかさが進化の手応え。

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村