1・2次並行学習

【2020年合格目標】知識セオリー×国語力=ストレート

更新日:

受かるだけならスタディング
過去問の皿回しなら同友館
プチMBA気分を味わうTAC

仮にも難関と言われる国家資格なのに、試験ブログには日々モレとダブりがありまくり。同じ所をグルグルループと思えば、最後まであきらめない!と8割狙い撃たれるゾーンに総出でまっしぐら。

そんなセンパイ達の姿を見て、この人達の国語力は大丈夫かと不安になった【2020年合格目標】のあなたのために。ちょっと耳よりなお知らせです。

2019年は合格者数の過去最高を更新
2020年はストレート合格率の 〃
①「2次」受験者数を所定の4,600人に収めるには「1次」合格者を3,000人弱にする必要があるのに、今年は4,444名合格の調整ミスを。
②2019「2次」は1,100~1,300名合格に緩和され、過去最高の合格者数を記録するが、それでも溢れた4,444名中の2,700名が来年「2次」の敗者復活へ
③すると2020「1次」は合格枠1,900~2,300の超難化年となるが、「1次」知識不足のバブル免除組が多数いるため、「2次」のストレート合格率は過去最高を記録する。

こういう将来予測を教えてくれるのが、TACベテラン講師陣の良い所です。そして例年の「1次」ならスタディングや同友館で十分だけど、来年の超難化の「1次」をクリアしたついでに「2次」スト合格を果たすには。【2020年合格目標】に限っては、TAC通学がベストの選択になります。

【2020年合格目標】知識セオリー×国語力=ストレート

何言ってんの、お花畑な事例とバイトル採点がバンドルされたTACの「2次」なんて、クソの中のクソ。ヘンな癖がつく分、おカネをドブに捨てるより性質が悪いぜっ。

うん。でもそれは「2次」がクソなのであり、10年以上の指導歴を誇るベテラン講師陣やテキスト類を揃えた「1次」対策は、超一流のギョーカイ折り紙つきです。そこで、特に良書とされるTACスピテキ「経営」「財務」のどこが良い? スピテキの目次⇔「2次」レイヤーを見比べて、確かめます。

画像をアップロード

そもそも、スピードテキストとは?

【TAC公式教材で安心】
中小企業診断士試験の合格に必要な知識を科目別に凝縮、簡潔かつ的確な記述で、要点をコンパクトにまとめた、まさに「スピードテキスト」という名前の通り、スピード合格へと導くテキストです!
出典:TAC出版 CYBER BOOK STORE

スピテキは、1,000~1,300名の通学生を抱えるTACスト本科のテキスト(A4版)をそのままB5サイズにして市販したもの
つまり毎年改訂されるので、モレやダブりの心配なく、このシリーズで「1次」の必要知識が揃います。
ここは慌てず2020年用7冊最新刊のオトナ買いを。なお賛否が割れるスピ問は改訂頻度も低いので、Book-off利用が得策です。
画像をアップロード

◎スピテキ「経営」は「事例Ⅰ」にピタリ対応

「経営」スピテキの章立ては「事例Ⅰ」の全社→組織→人事レイヤーにピタリ対応するため、「経営」高得点がそのまま「Ⅰ」のレイヤーを意識した与件の想定読みにつながりますTACにスト合格者が多い、「事例Ⅰ」に強いとされる理由がここです。

特に2019年改訂では、①馴染みのある競争戦略(ポーター)→②これからの成長戦略(VRIO、バーニー)の順に代わり、学説やリアルなビジネスの流れに沿って、使いやすい良書になりました。

画像をアップロード

◎スピテキ「財務・会計」も「事例Ⅳ」にピタリ対応

TACスピテキ「財務・会計」の強みは、「事例Ⅳ」第1~4問の順に章立てされ、簿記学習でつまずくことなく「Ⅳ」で60点を取れること。つまりTACにスト合格者が多い、もう1つの理由がここです。
1次「財務」はファイナンス出題が半数を占めるので、残りは「Ⅳ」対策を兼ねた経営分析・CVP・NPVを押さえると、「財務」「Ⅳ」ともに60点クリアです。

これは2010~2011年頃の改訂ですが、「診断士合格に簿記はマストではない」を実証した、当時では画期的なイノベーションでした。

画像をアップロード

▲コストダウンで改訂を怠ったスピテキ「運営」は、クソの中のクソ

ギョーカイ屈指の良書である「経営」「財務」に対し、「運営」スピテキの目次は試験案内の「科目設置の内容」をコピペしただけの工夫ゼロ。
IEを昇格させて「日程・調達・工数計画」で括るだけで「事例Ⅲ」に即応するのに、こんなクソテキストで講義をさせられるベテラン講師陣が可哀想です。

当サイトがネットの端っこで遠吠えする程度では改訂する気配をピクリとも見せない面の皮の厚さは、かつて業界の盟主と言われただけはあるねっ。

【2020年合格目標】知識セオリー×国語力=ストレート:まとめ

TACは「1次」に強いから、知識重視の今の「2次」にはもってこい。でもベテラン講師陣×キレイな校舎×学習仲間と3拍子揃うのに、なぜ「2次」対策があんなに不評で、合格者数がダダ下がりっ?

ギョーカイ最大手がせっかく自ら転んでくれたから
そんなの決まってるじゃん。意味不明なオジサン語でぼやくコーチと、頭がお花畑なダナドコ講師が作る演習事例をセットにしたら、国語力を鍛えるどころか、トンデモな明後日の方向に。

そこで、TAC「1次」対策のイイトコを活かして、「2次」に備えた国語力は別の所で早めに磨くときっと良い。明日から4回に分け、今年10月の「2次」対策も兼ねた、「1次」知識セオリー×国語力の磨き方を紹介します。

ボタンを押して今日もイタダキ↓。
試験の進化は待ったなしです。

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村

-1・2次並行学習

Copyright© 200%抜け駆けスタイル 診断士試験 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.