【2017受験体験記】効率合格。通勤講座のメリット・デメリット ~まぁくん様

YouTubeでは、サイト記事の「ホワイト要素」だけを切り取って先行配信。あのお澄まし動画の裏の本音は? 動画とサイトのギャップで2回ウケます。

こちらの記事もどうぞ

5 レスポンス

  1. 匿名 より:

    こちらも大変参考になりました。
    『通勤講座』の2次対策の弱さは、私も先輩から聞いていました。
    スキマ時間活用のツールになるかと思い、『通勤講座』の2次対策講座のみの購入ができないかも確認しましたが、やはり1次とセットのみの販売という解答でした。

    受験校の様々なメソッドもよいのでしょうが、やはり『ふぞろい』を軸とした対策が効果がありそうですね。
    『キーワード抽出の練習』というのが大変参考になりました。
    具体的な方法が気になりますね。

  2. まあくん より:

    直接コメントを返答致します。

    「キーワード抽出」ですが、ご存じのようにふぞろいはキーワード採点方式のため、与件文から設問に関連したキーワードを抽出して、ふぞろいの回答にあるものが抽出できていたか、確認していました。
    当初2次試験はAASの添削で乗り切るつもりでしたが、何度挑戦しても20~30点台の採点となり、同じ回答をふぞろいで行った時には60点超となっていたため、自分のやり方はふぞろい方式の方が合っていると感じて取り入れました。

    イメージとしては「砂金とり」のようなイメージで、長い与件文の中からどれだけキラリと光る「砂金=キーワード」を拾えるかを練習していました。あまりやりすぎると暗記してしまう為、最後自主模試のための過去問はいくつか残しての練習でした。

    今回の体験記は、そのスピード感から、受験ブログの中でも相当差別化されているのを見ていて感じます。個人的には「合格してないんだけど・・・」と思いながら、いまならなんでも書けるなあと協力させて頂きました。

    • 匿名 より:

      こちらも直接ご本人から返答いただき、大変ありがとうございます。
      『砂金とり』のようなイメージだったんですね。

      あとは解答の型を固めたりと2次試験対策もやることが盛りだくさんですが、社会人に必要なロジカルシンキングを意識して身に着けたいと思います。

      ありがとうございました。

  3. まあくん より:

    本日2次試験の合格発表で、なんとか合格することができましたので報告いたします。
    今回の勝因は多分事例Ⅳだったと思われます。
    世間の「難易度が高かった」との評価に不安な時期がありましたが、事例文にメモしていた計算と解答速報の答えがほぼ一致しており、文章部分で大きな失点があってもなんとかなっているのでは、と考えていました。
    但し、事例Ⅳで勝負をかける対策はおすすめできません。
    Ⅰ~Ⅲをなんとか切り抜けて、Ⅳで事故らない様にして初めて合格するのかな、と感じていますので。

    あと口述試験が終わるまでは安心できませんが、試験期間中のモチベーションを維持できたのは、このブログのおかげといえる部分が非常に大きかったため、ここにお礼を申し上げます。

    • ふうじん より:

      まぁくん様、吉報のご連絡ありがとうございます。

      >今回の勝因は多分事例Ⅳ
      はい、得点開示を通じ、自分の合格仮説の結果をすぐ検証できる。それが当試験のいい所ですね。

      「財務」力を前提にすれば、「1次」は通勤講座で十分行ける。

      【2018年合格目標】の中には、そう聞いて自分の選択の正しさを再確認した方も多そうです。では体験記「2次」編をお待ちしております。

PAGE TOP