生産管理 ③目的語(用語入れ替え)【範囲の経済】

2019年5月18日

規模の経済
生産量の増大に伴い、原材料や労働力に必要なコストが減少する結果、収益率が向上すること

経験曲線
過去からの累積生産量が多いほど、その生産や販売などに掛かるコストが下がる現象をいう。

範囲の経済
共通の生産能力や顧客に基づいて製品の種類を増やすことによって収益を増大させることをいう。

出典:コトバンク

範囲の経済でフロントランナー

仕方ないじゃん。そっちの方がキャズムを説明しやすいし。

画像:ITメディアエンタープライズに一部加筆

「2次」の合否がサイコロコロコロとは聞いていたけど。学習努力や実力が高まるほどなぜかドボンし、たまスト生に逆転を許してしまう。そこで、

①学習努力を増やすことが規模の不経済になり、

経験曲線効果が日々薄まり逆転を許す試験なら、

③周囲が気づかない「範囲の経済」で逃げ切れ。

そんなぶったまげをネットに書いても。「採用してやってもいいか」なんて思うのは、良くてアーリーアダプターな方くらいでしょう。そこで「運営」誤答選択肢と「Ⅲ」に相乗効果はあるのか? 試験史上初な検証のお手伝いをお願いします。

過去問×範囲の経済:生産管理 ③目的語(用語入れ替え)

テキスト代わりのABランク

H26第6問 基本用語 Bランク

QCD、3S、5S、4Mあたりは、全員最初に丸暗記。

工程管理で用いられる用語および略号に関する記述として、最も適切なものはどれか。
×ア 改善を行うときの問いかけとして、「なくせないか、一緒にできないか、順序の変更はできないか、標準化できないか」があり、これらを総称して「ECRS の原則」と呼ぶ。
×イ 職場の管理の前提として、「整理、整頓、清掃、習慣、躾」があり、これらを総称して「5 S」と呼ぶ。
○ウ 生産活動を効率的に行うための考え方として、「単純化、専門化、標準化」があり、これらを総称して「3 S」と呼ぶ。
×エ 生産 管 理 が 対 象 とするシ ス テムの 構 成 要 素 と し て、「Man,Machine,Management」があり、これらを総称して「3 M」と呼ぶ。

ごく基本用語の入れ替えひっかけです。アは×標準化→○単純化、イは×習慣→○清潔。エは×3M→4Mで、MaterialとMethodが足りません。

H26第2問 レイアウト Bランク

「2次」に出ないレイアウト(SLP)は、理解よりも用語の暗記で。

工場レイアウトの分析手法に関する記述として、最も適切なものはどれか。
〇ア アクティビティ間の相互の関係を近接性の観点から検討するために、アクティビティ相互関係図表を用いる。
×イ 職場や生産設備の近接性を職場や生産設備の向き(Direction)と関係強度(Intensity)の観点から検討するために、DI 分析を用いる。
×ウ 複数の品種について流れの共通性を製品の品種と生産量の観点から検討するために、多品種工程図表を用いる。
×エ レイアウトを作成するときに重点をおくべき製品の種類(Product)を流量 (Rate)の観点から検討するために、P→R 分析を用いる。

製造業の社長が診断士に工場レイアウトを相談することはない。すると理解でなく暗記で良いと割り切れ、聞き覚えのある〇アを選べます。エは×P→R分析でなく〇P→Q分析、ウは細かいですが×生産量→加工経路です。イのDI分析なんて聞いたことないので違うでしょう。

H26第8問 管理方式 Bランク

ド定番の用語入れ替え問題。

工程管理方式に関する記述として、最も適切なものはどれか。
〇ア 完成品や仕掛品の現品管理を容易にするために、追番管理方式を採用した。
×イ 工程間の仕掛在庫量を管理するために、製番管理方式を採用した。
×ウ 受注見積りの時点で信頼できる納期を提示するために、かんばん方式を採用した。
×エ 注文品ごとに部品を管理するために、生産座席予約方式を採用した。

イは〇かんばん方式、ウは〇生産座席予約方式、エは製番管理方式。3つを入れ替えてピタリです。

H28第1問 日程計画 Bランク

日程計画+進捗管理は「Ⅲ」の重要知識。過去問を大事に解いて、理解を増やす。

ある機械加工職場における生産リードタイムの短縮を目指した改善活動に関する記述として、最も不適切なものはどれか
〇ア 処理を開始してすべての処理を完了するまでの総所要時間を短くするために、ディスパッチングルールを変更した。
〇イ 流れ線図を作成し、「設備間の距離×物流量の総和」を計算してレイアウトを変更した。
×ウ 納期管理を徹底するために、PERT を使ってロットサイズを変更した。
〇エ マンマシンチャートを作成し、作業者の作業手順を変更した。

ウでPERTを使うなら、×ロットサイズ→〇作業スケジュールに。

H26第4問 設備 Bランク

ド定番の用語ひっかけは、ひっかけられた箇所が暗記のポイント。

製品や設備のライフサイクルに関する記述として、最も適切なものはどれか。
×ア 製品のライフサイクルは、導入期、成熟期成長期、衰退期の順序で示される。
〇イ 設備のライフサイクルにおける故障率の推移を示したグラフのひとつに、バスタブ曲線がある。
×ウ 設備のライフサイクルは、計画、設計、製作、運用、保全までを指している。
×エ ライフサイクルコスティングは、一般に環境コストを含まない

アは×成熟期⇔成長期の順序が逆、ウは×「廃棄」が抜けています。エは×含まない→〇含むに。

H27第18問 設備 Bランク

どうせ聞かれる論点は、とにかく暗記。

保全活動に関する記述として、最も適切なものはどれか。
×ア 改良保全は、設備故障の発生から修復までの時間を短縮する活動である。
×イ 保全活動は、予防保全、改良保全、保全予防の3つに分けられる。
○ウ 保全予防は、設備の計画・設計段階から、過去の保全実績等の情報を用いて不良や故障に関する事項を予測し、これらを排除するための対策を織り込む活動である。
×エ 予防保全は、定期保全と集中保全の2つに分けられる。

設備管理は細かな暗記ですが、「Ⅲ」で機械が壊れっぱなしのグダグダなC社がいつ登場してもおかしくないので、ここは我慢で暗記です。アを×改良保全→〇事後保全に直すと、セットでイも×3つ→〇4つに直せます(上図参照)。エは×集中保全→〇予防保全。

「1次」の暗記も、誤答する前に「誤答しそうな所を予防的に覚える」方が、結果として作業が減ります。

最後の2択がCランク

H28第6問 ライン生産方式 Cランク

「事例Ⅲ」で出しにくいライン生産方式は、理解が抜けがち。

生産ラインの工程編成に関する記述として、最も不適切なものはどれか
○ア サイクルタイムは、生産ラインに資材を投入する時間間隔を規定する。
○イ 正味稼働時間を生産量で除算することにより、サイクルタイムを求めることができる。
×ウ 総作業時間を生産速度で除算することにより、最小工程数を求めることができる。
○エ バランスロスは、1から編成効率を減算することで求めることができる。

サイクルタイムや編成効率をちょっと苦手にしやすいのは、「事例Ⅲ」では受注生産が多く問われ、見込生産(ライン生産)はまず出ないから。そこで盲点になるライン生産の知識は、「1次」過去問で押さえます。

見込生産(少品種多量、製品別レイアウト(ライン生産)、大手企業中心)が受注生産(多品種少量、機能別レイアウト、中小企業中心)と一番異なる点は、安定した需要が見込めること。そのため、①需要を念頭に ②サイクルタイムや工程数の効率化を考える。これは診断士の不得意領域なので、そのまま不得意でOKです。

「俺はライン生産の大工場だってコンサルするぜ」。そちらのニーズがある方は、ウを×生産速度→〇サイクルタイムに直して関連知識を覚えると、ピタリと理解が進みます。

H30第20問 生産方式 Cランク

生産方式に関する横断問題。悩んだ時は、ウソに×を付ける消去法で。

生産現場で行われる改善に関する記述として、最も適切なものはどれか。
×ア あい路工程での出来高を向上させる目的で、その直前工程の処理能力を高めた。
○イ 生産ラインの編成効率を高める目的で、生産ラインのU字化を検討した。
×ウ 同一製品を継続生産する職場での進度管理の手間を省く目的で、製番管理を導入した。
×エ 入社直後のパート従業員を短期間で組立職場に配置できるようにする目的で、1 人生産方式を導入した。

正解〇イは深い、というか不要な知識。アは×直前→〇その工程、ウは×製番管理→〇追番管理、エは×入社直後のパート従業員→〇それは1人では無理じゃね? 消去法で行きます。

H29第33問 調達計画 Cランク

発注方式は字面で考えてもダメ。細かく覚えてもムダ。診断士らしく図のイメージで解く。

画像:一発合格道場
小売店舗における在庫管理に関する記述として、最も適切なものはどれか。
×ア 経済的発注量とは、在庫量を最小にする1回当たりの発注量のことである。
×イ サイクル在庫は、定量発注方式の場合に発生し、定期発注方式の場合には発生しない
○ウ 定量発注方式を採用した場合、発注点は調達期間中の推定需要量と安全在庫の和として求められる。
×エ 補充点は、最大在庫量から調達期間中の推定需要量を差し引いた値である。
×オ 見越在庫とは、発注済みであるがまだ手元にない在庫のことである。

当問のアイは落とせますが、エオは細かすぎるので、ウエオの3択に絞れば十分です。アは×在庫量→〇発注量、イは×しない→〇することもある。これは大丈夫。

エは×調達期間中の推定需要量→〇発注時の在庫量、オは×発注済み~→〇需要の上振れに備えた在庫。発注方式はまず①定期 ②定量を使い分ければ良く、それ以外は後回しに。

H26第13問 QC・TQM Cランク

落ち着けば超易問なのに、本番で慌てさせる心理ひっかけ。

TQM(総合的品質管理)の活動要素は、次の3つに大別される。
① 新製品開発管理・プロセス保証
② 方針管理・小集団改善活動・品質管理教育
③ 標準化・日常管理 
TQMの手法と関連性の強い活動要素の組み合わせとして、最も適切なものはどれか。
×ア QC七つ道具-③
○イ 改善の手順-②
×ウ 品質機能展開-②
×エ プロセスフローチャート-①

このパターンでは、問われ方と逆にこんなメモ↓を作ってスッキリ解きます。×エでプロセスフローチャート→①を選びたくなるひっかけ。

①新製品開発管理
・プロセス保証
×ウ 品質機能展開
②方針管理
・小集団改善活動
・品質管理教育
×ア QC7つ道具
〇イ 改善の手順
③標準化
・日常管理
×エ プロセスフローチャート
H30第9問 QC・TQM Cランク

QC/新QC7つ道具は1マーク出る。名前を思い出せれば当たるので、暗記でドン。

QC7つ道具の暗記 サンチェ監督引っ張れそう
新QC7つ道具の暗記 新連携 アロマでP

画像:ME Japan
品質改善に関する次の文章の空欄A〜Cに入る QC 7 つ道具として、最も適切なものの組み合わせを下記の解答群から選べ。
ある職場において不適合品が多発している。重要項目を絞り込むため不適合の種類と発生数を調べ A を作成した。その結果、重量に関する不適合が最も大きな割合を占めていることが分かった。そこで重量の B を作成した。その結果、重量のバラツキが大きいため、不適合が発生していることが分かった。この重量に影響を及ぼす要因について、過去の知見を特性要因図として整理し、加工速度に着目することとなった。そこで加工速度と重量の関係を調べるため Cを作成した。
×ア 
A:パレート図   
B:散布図     
C:ヒストグラム
〇イ 
A:パレート図   
B:ヒストグラム  
C:散布図
×ウ 
A:ヒストグラム  
B:散布図     
C:パレート図
×エ 
A:ヒストグラム  
B:パレート図   
C:散布図

QC/新QC7つ道具は、ホントに実務で使えばすぐ覚えるので、試験上は語呂合わせで十分。当問ではC=散布図はすぐわかるので、ヒストグラム(=凸凹棒グラフ)、パレート図(降順の棒グラフ)程度の知識でちゃんと当たります。

H27第12問 QC・TQM Cランク

難しい国語や用語のクイズを、くだらなく簡単に解くのが診断士。

新QC7つ道具に関する記述として、最も適切なものはどれか。
○ア 2つの事象を行と列に設定し、交差するところに存在する情報を記号化してデータの傾向をつかむために、マトリックス図法を用いた。
×イ 効果的な日程管理を行うために、PDPC法を用いた。
×ウ 目標達成プロセスの過程で想定外の問題が生じたとき、できるだけ早く目標に向かって軌道修正するために、連関図法を用いた。
×エ 問題の因果関係を明らかにすることで、問題の原因の絞り込み、問題解決の手がかりの発見、問題の本質的な原因の発見に役立てるために、系統図法を用いた。

新連携 アロマでP? くだらない語呂合わせで覚えれば、後は目的語を入れ替えるだけ。イ=アローダイヤグラム、ウ=PDPC法、エ=連関とすぐ浮かびます。

H29第8問 生産情報Sys Cランク

IoTでなくたって、現場はなるべく自動で管理したい。でも実務は深くなっていくので、診断士らしくあっさり暗記で。

画像:JMAC
自動生産および生産情報管理に関する記述として、最も不適切なものはどれか
×ア 開発・製造・販売などの情報ネットワークを統合化するために、FA を導入することにした。
〇イ 複数の工作機械や搬送機器などを集中制御するために、DNC を導入することにした。
〇ウ 部材加工や、工具管理、工場内搬送などを自動化したいので、FMS を導入することにした。
〇エ 部材の取り付け・取り外し、工具の選択・交換などを行う作業者を削減したいので、MC を導入することにした。

自動製造システムのアルファベット2~3文字用語は、NC→MC→FMC→FA→CIMの順に大きくなるイメージで解けます。アは×FA→〇CIMですが、IoTの時代ではもう周回遅れの仕組みらしいぞ。

捨てるか拾うかDEランク

H26第7問 レイアウト Eランク ※捨て問

混合品種組立ライン? ×選択肢アの逆で、1つのラインに異種製品を流す方式らしい。

画像:ググっても該当画像なし
ライン生産方式に関する記述として、最も適切なものはどれか。
×ア 混合品種組立ラインでは、生産する品種により作業ステーションの構成を切り替え、多品種が生産される。
×イ 混合品種組立ラインの編成効率は、一般に、すべての品種の総作業時間の総和を(作業ステーション数 ×サイクルタイム)で除すことで計算される。
〇ウ サイクルタイムは、ピッチタイムとも呼ばれ、生産ラインの生産速度の逆数として計算される。
×エ ライン生産方式では、一般に、生産設備をライン上に配置し、作業者がラインを移動するにつれて製品が加工される。

エは×作業者→〇製品だけど、ウは不明。混合品種組立ラインなんて知らないけれど、アイのどちらかにしておこう。覚える必要も当てる必要もないけれど、まさかの「Ⅲ」出題に備え、テキストに書き込みしておけば十分です。

H29第9問 トヨタ生産方式 Dランク ※興味があれば詳しく

当問の正解ウは×平準化生産→〇在庫の削減。解説を知りたい方は動画をどうぞ。

動画:コンサルソーシング㈱
かんばん方式に関する記述として、最も不適切なものはどれか。
〇ア かんばんは、あらかじめ定められた工程間、職場間で循環的に用いられる。
×イ かんばん方式を導入することにより、平準化生産が達成される。
〇ウ 仕掛けかんばんには、品名、品番、工程名、生産指示量、完成品置場名などが記載される。
〇エ 引取かんばんのかんばん枚数によって、工程間における部材の総保有数を調整することができる。

記述でなく4択マークの「1次」では、細かすぎる暗記より、ふんわりイメージで時に鉛筆コロコロの方が、脳のリソースの節約に。ムダを削減するのがトヨタ方式なので、覚え過ぎないことも一つのコツです。

H26第18問 設備 Dランク ※テキスト代わり

ディレーティングにバーンイン? そんなの覚える必要ないけど、出されたら意味ぐらいは知っておく。

設備の信頼性や安全性の向上対策に関する記述として、最も適切なものはどれか。
×ア 故障が生じても設備の安全性を確保するために、フールプルーフの考え方を取り入れて設備設計を行った。
×イ 人為的に不適切な行為があっても設備の信頼性を確保するために、フェールセーフの考え方を取り入れて設備設計を行った。
〇ウ 設備の信頼性向上や寿命の延長を図るために、ディレーティングを実施した。
×エ 定常運用の前に設備の問題個所を把握しておくために、バーンインを実施した。

アイの×フールプルーフ⇔フェールセーフの入れ替わりは気づくので、ウエの2択でコロコロします。エの×把握しておく→〇取り除くなんて細かすぎて覚えられないけど、負荷を減らす(ディレーティング)⇔負荷を与える(バーンイン)でセットになるので、どこかで役に立つかも。

H29第3問 VA/VE Eランク ※テキスト代わり

4択全てがもっともらしい。悩んでも当たらないと自信を持って鉛筆コロコロ。

画像:CYBERNET
製品開発・製品設計に関する記述として、最も不適切なものはどれか
×ア 下流工程での問題を可能な限り上流で防止し、短い設計納期を実現するために、バリューエンジニアリングを取り入れることが有効である。
〇イ 試作品製作は製品開発プロセスの中でも重要な位置を占めており、試作時の製作方法や加工条件から、量産時の工程編成における重要な情報を得ることが可能である。
〇ウ 新製品の設計段階でデザインレビューを活用する際には、設計構造の矛盾や誤りを排除することに重点がおかれるため、設計の熟練者がレビューアとなることが有効である。
〇エ モジュール設計の考え方を取り入れると、生産工程の合理化・簡素化が期待できるが、設計に問題が発生した場合にその影響が大きいというデメリットもある。

アが×バリューエンジニアリング→〇フロントローディングですが、こんなの悩んだって見抜けません。本試験で当てなくて良いので、テキスト代わりに 〇イウエの3つを教わります。

※「生産管理」DEランクは、覚え過ぎになるので暗記は不要。ただ正解選択肢をテキスト代わりに「読んでおく」ときっとどこかで役立ちます。

今日のまとめ

「生産管理」知識は覚えようとしたらキリがない。でもテストに出るトコ、「Ⅲ」に出そうなトコから覚えれば、「Ⅲ」対策の最新テキスト代わりに。

そう、当試験でさっさと受かるには、①規模の経済は大前提、②経験曲線で一人前、 ③範囲の経済を利かせて確実50%の圏内に。

△規模の経済 〇経験曲線◎範囲の経済
(相乗効果)
→解く問題量を増やし、傾向を知る。→誤答パターンを知って、正答率を上げる。→他科目知識とつなげて、思い出しやすく。

そして暗記の「1次」を通過するには、「2次」からバックキャストして暗記を減らす「範囲の経済」が効果的でしたっけ。次回はこの勢いで、2年目上級生の「Ⅲ」対策に欠かせない、難関「計算問題」を一気にやります。

ボタンを押して今日もイタダキ↓。
試験の進化は待ったなしです。

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村