2次連携(協力)

まず問題を解かなきゃいけない【スト生向けの太鼓判】

投稿日:2019年8月9日 更新日:

今週末は、スクールの「2次」直前講義だ。ワクワク。

お、そこのお兄さん。これは良いトコでお目にかかりました。1・2次並行学習ブームのイマドキ、「スクールに合格の仕方を教わろう」なんて講義に来るアマちゃんは、教室の1/2もいません。

そこで慌ててペースを崩し、間違った方向に走り出して多年度ループまっしぐらは避けたい。今日から明日にかけ、マストでやっておきたいことが一つあります。

まず問題を解かなきゃいけない(汗)。

【手ぶら丸腰で講義に出かけたAさん】
うは、事例とはこうやって解くのか!
→そのスクールのやり方が自分に合うとは限らず、確率2割でコロコロして8割ドボンに。ざんねん。
【手始めに、H30「Ⅰ」を80分で解いて出かけたSさん】
そうか、80分で解けない文章を時間内に読み書きするには、その手があったか。
→丸腰の自分⇔スクールが描く理想のGAPがわかる。そこを上手に潰せば、合否半々確率5割はすぐ届く。

同じ80分間でのアウトプットで合否を決める「2次」筆記では、①同じ150分講義をフルフルに有効活用できた人が勝ち。②そのためのマストが「予習」で、③それにはH30過去問を一度自力で解いてみるのがベストです。

ほう、初学者有利と言われる当試験。今年たまたまで卒業できる気がしてきたぜっ。

ではその勢いで、「たまたまストレート(たまスト)」でなく、「初挑戦で手応え5割以上の確実合格」する試験に変えるために。ぜひ当サイトに太鼓判を捺させていただけないでしょうか。

2次スクールのマルバツAgain【スト生向けの太鼓判】

ご協力いただける方は、当サイトの【お問い合わせフォーム】に必要事項をご記入くださいっ。

記入項目の例(任意)
①受講予定のスクール名
②受験回数 1次○回、2次○回 ※2019含む
③1次、2次スコア ※前年実績または最近の模試
④2次目標スコア、学習可能時間
⑤メールでこっそり聞いてみたいこと
※記入項目はメール返答時の参考にのみ使い、メールアカウントなど個人情報の流用や集計はいたしません。
ねぇ、なんでこんな手間暇かけてお節介に太鼓判?
実はこの太鼓判、当サイトの経験則ではなく、極力その立場に近い方や実際にそのスクールに通った方に協力を仰ぎ、なるべく具体的な回答をしています。
その狙いは、①そうしてオンライン上の知恵を借りて、②自分の選択眼に自信を持ち、③試験の合否を「たまたま」→「確信・確実」に進化させることにあるからです。

そのためのドーンと太鼓判。この先はぜひ、自分の選択眼に200%の自信を持ってお進みくださいっ。

ボタンを押して今日もイタダキ↓。
試験の進化は待ったなしです。

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村

-2次連携(協力)

Copyright© 200%抜け駆けスタイル 診断士試験 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.