設問分析

設問分析

【要求分類】やってることはいつもと同じ

そうか、要求「解釈」ではなく「分類」か。 H13年(2001年)に現在の「事例Ⅰ~Ⅳ」制度に改められて以降、毎年5,000人が挑み8割を跳ね返す、高い壁とされた「2次」。 「得点開示」に次ぐ、その第二のイノベーションに立候補した...
設問分析

【要求分類】朝のスマホでいまさらドリル

実はスマホに最適化。 テストに暗記法と過去問INPUT。先輩ノウハウなら盗むと思えば、事例Ⅳをエクセルノート。1年でこれだけ受験常識の書き換え=後発の優位性を促す当サイトが、万全を期して送り出すのが、 2週間の朝スマホで要求分類...
設問分析

【安定回答派】わずかたった10パターン

やるだけのことはやってきた。 もう合格する気しかしない。 いや待て、それでは視野が狭い。 当サイトが過去問から抽出した「解答要求」はたった10パターン。 解答要求パターン分析・事例別編 ...
設問分析

【トリセツ】「現場対応力」を競う試験へ

「現場対応力」を競う試験へ。 実力十分受験経験者に取り、今一つ面白くないのが今から2週間。 ・実力十分経験者が本気を出すのは、ラスト2週のピーキング。 ・手綱を緩めるこの時期に、初学スト生が続々合格実力に到達。 ・実力差は歴...
設問分析

【分析軸講座⑤】さぁ自力で要求分類

人生100年組織学習。 「2次」対策では、答案の相互採点や当てっこ真似っこ、つまり合法的カンニングや集団ゴールが一般化。でもなぜ禁止される気配すらないのか? いやでもね。「他人をパクり、人並み答案を書いて、合格さえすりゃ...
設問分析

【分析軸講座④】時制の意識

時制トラップ。 事例における時制とは、カコ・現在・ミライ。ところが「時制を意識して解きましょう」。どの受験校でも最初に必ずそう指導する所に、平気でトラップを仕掛けてくるのも作問の妙味。 設問分析結果(6) 時制×難易度 と...
設問分析

【分析軸講座③】設問文をレイヤー化

組織は戦略に従うついでに、 「事例Ⅰ」では、人事は組織に従う。 分析軸講座の③回目は、全員に所与であり、最も簡単で迷わない「レイヤー」。そして「レイヤーを外さない」回答をまず心がけると、初学者の事例演習のスコアが安定。 ...
設問分析

【分析軸講座②】解答要求を用語でパターン化

自分の勝ちパターンを決める 解答要求をパターン化し、手持ちの回答パターンで答える。これ、どの受験校でも教えることに大差がないのに、試験でちゃんと点差がつく理由は以下の2点。 何を聞いているのか解らない(初見のパターン) ...
設問分析

【分析軸講座①】解答要求のパターン化

過去の分析に関する設問は、確実に当てる。 当たりにくい将来の助言は、ぼかして逃げる。 事例演習も回を重ね、この程度のことなら身に付いた。実際、「将来の助言」が当たるなど稀。だから「当たらない前提でどう逃げるか」が大事で、講師と生徒が...
設問分析

【まとめ+これから】「要求分類」の手法と効果

公募!事例にひとことキャッチコピーを。 H28 A社 社内人材の流動化で事業構造転換に挑む印刷業者 H28 B社 製品とターゲットを絞り、チャネルを広げるしょうゆ会社 H28 C社 ダメダメ子会社の生産現場を、品質面から抜本改...
設問分析

【スト生の弱点】事例Ⅰ~Ⅲの違いと対応

「Ⅱ」はスト生有利、「Ⅲ」は経験者有利。 この噂は本当かい? A:従来はそうでした。「事例Ⅰ~Ⅲ」をレイヤーで眺めると納得です。 事例の本質 戦略傾向 レイヤー1⃣ 戦略レベル レイヤー2&#x2...
設問分析

【レイヤー活用入門編】口述試験分析~事例Ⅲ

事例Ⅲは解答ノウハウの宝庫 「2次」筆記答案とは、 Q:狙い定めた品質にするため考えるブレを極力省き、 C:イージーオーダーやモジュール化によりコストを下げ、 D:80分以内にキレイな字で書くと、最も合格しやすい。 ふ...