【史上最多(涙)「2次」落選7,000名】2年目学習指針:試験のクセを掴んでチームで★キラキラ

ふぞ15発売延期で、今年のベテ冷遇&短期決戦化が確定。ネット2級の100h★チャレンジで思考の加速な。

ド苦学で350hかかる2級を、100hで受かるteam学習。スピード感をそこで培い、秋の試験に乗り込みます
■■テンプレここまで■■

史上最多の7,000人が落選し、「2次」の路頭に迷うのに、超短時間たまスト自慢の例のサークル。あそこへのクレームは、当サイトが全て承ります。

当記事はYouTubeでも配信中
「2次」当落は採点係の好みで決まる「採用」「面接」化
そして今年は更に合格枠増+いまだに試験はノウハウ!と勘違いする奴らのお陰で、カコ最大級に受かりやすい。なお面接不合格の最大理由は、「社風と合わない」。(100字)
Q
ほう、さすがは歴戦の評論ベテ。合格所要時間が年々短縮するのは、ノウハウに毒されないためで、アレが後講釈でノウハウに夢中になるほどドボンに一択。
A

そりゃ45名+αで9,000枚ノルマをこなすと、被験者の性格やクセまで丸わかり。社風に合わない奴は一発退場D判定です。

【史上最多(涙)「2次」落選7,000名】2年目学習指針:試験のクセを掴んでチームで★キラキラ

さてカンファ会員から良く出る不満が「具体策がない」
そりゃ仕事がデキる君メインの集まりで、指示待ちなゆとりは対象外。それは「自分で考える」ものであり、ここの強みは毎朝ドキドキなド正論+落選原因究明力です。(100字)
主催側の採用方針:ベテは死んでも受からせない
すると採点時は、①加齢臭なヘタクソ国語に最優先でバツをつけ、②毎年Ⅰ~Ⅳを難化させ苦手意識を植え付けて、③80分の時間切れに追い込み、④悪目立ちする奴はD判定に。

要はこの試験、ヘタクソ国語なベテの主張の真逆をやれば5割はイケる。そして今年はそこから一歩踏み込むぜ。

「1次」は過去問重視が正解。では「2次」は?
その解も、試験の主催側はヘタクソ国語のベテが心底嫌い。つまり「2次」長期学習が有利になる「Ⅲ・Ⅳ」では差をつけず、「Ⅰ」の国語力+「Ⅱ」のセンスに点差をつける。
Q
そうか、若返り政策上、「Ⅲ・Ⅳ」は下駄を履かせて点差をつけない方向へ。そして今年は国語力+センスで勝負せよ?
A

国語力とは帰納・演繹・因→果でつなぐ縦のロジカル、センスとは「マーケ」で視野を広げるヨコのラテラルです。

今日のまとめ

3大試験サークルで当落ボーダーに一番近いのが一発パクリ=視野の狭い合格ノウハウ至上主義。ラテラルや柔軟性など、いかにも苦手そうだろ?

難関資格=学習量と合否が比例。当試験はそっちじゃない
「2次」が11週間で十分受かるのは、事例の答を覚える勉強は頭をカタくするため。そこでチームを組んで①答案見せ合い ②互いを補い ③余計な奴を仲間に入れない。(100字)
参考:「2次」対策はなぜこれまで「ノウハウ」偏重?

①考えることのブレ防止
②その方が教えやすい
③低ノウ君にウケやすい
そこに勝手に決めつけてんじゃねーよ4事例総難化の頭まっ白事例をぶつけてからかう。それが、主催側の作問姿勢です。

Q
そうか、試験のクセを掴んでチームで★キラキラ。ド苦学よりチーム学習の当選率が高くなるのは、当然だ。
A

そして当試験はもはや「難関国家資格」ではなく、ベテ要素をいかに省くか。具体的には、余計なノウハウを全て捨て、80分で解ける手順にECRSです。

■■記事はここまで。以下は固定のバナーです■■

4/30発売開始。入手はamazonから、ご本人の告知動画も追加しました。