【診断士は国語の試験】日本語3文型と5大エラー

ふぞ15発売延期で、今年のベテ冷遇&短期決戦化が確定。ネット2級の100h★チャレンジで思考の加速な。

ド苦学で350hかかる2級を、100hで受かるteam学習。スピード感をそこで培い、秋の試験に乗り込みます
■■テンプレここまで■■
当記事はYouTubeでも配信中
「2次」はラディカルに作問を変え、より国語の試験に
つまり①使う知識は同じでも聞き方・答えさせ方を毎年変える。②するとノウハウ武装したベテほど80分で間に合わず、③オジサン答案の地が出て落とされる。(100字)

だがどっこい「2次」対策とは、おじさんに長年染みつくヘタクソ国語を、改善どころか悪化させくさる。ああまでこじれて周囲の話を聞かなくなると、人生手遅れ認定です。

ベテおじさんのヘタクソ国語=文の仕組みをわかってない
“日本語は主語と述語があります。この主語と述語を含んだ文には、(中略)
「動詞が述語に」「形容詞が述語に」「名詞が述語に」の3つがあります。
出典:日本語教師キャリア

例の悪文がひたすら読みにくい原因は、①倒置 ②余談 ③ひたすら長い。ご子息と一緒に小学国語からの人生やり直しを推奨します。

採点係好みの国語=「1次」設問&選択肢
採点係=試験委員45名は当サイトの仮説であり、サークル勢のパクリは厳禁済。すると「1次」嘘つき4択にバツマルして、採点係好みの国語を培うスタイルは当サイトの独占に。(100字)
「1次」嘘つき4択は、正解のどこかを変えてバツにする

出題ミスが許されない国家試験では、「どこかを変えてバツ」「国語の制約上エラーは5タイプ」はギョーカイ常識ですが、過去問6科目×5年分を本当にバツに直して解説するのは当サイトのオリジナルです。

今日のまとめ

そういえば、パクリの隣にふぞ活先輩
パクリ+ふぞの共通点は、①試験合格が目的化してムキになり、②「自分で考える」ブレを避けたい思いが余ってノウハウ!絶叫。③すると習った「型」に囚われて試験の変化に周回遅れ。(100字)
Q
そうか、診断士→国語の試験→主催側+受験側ともに読み書き上手に。するとヘタクソ国語の合格自慢が毎朝引用されてからかわれる運命に?
A

そう、いい年こいたおじさん・おばさんのパクリ行為はみっともな「い」。国語が上手になると、アレに寄り添われる事態を回避できる、オマケ付きです。

■■記事はここまで。以下は固定のバナーです■■

4/30発売開始。入手はamazonから、ご本人の告知動画も追加しました。