【キラキラ★ブーム】内面や知性からにじむ美しさ

採点係視点では、事例のノウハウ・パターン化・決めつけ行為はOUT

英語:結論と語順の意識でアサーティブ
数学:デジタルにファクトを捉える
国語:わかりやすい国語で伝え、難しい与件も読みこなす
★採点係好みの加点=これからのビジネスで活躍する人材

ふぞ15発売延期で、総合バトルのベテ冷遇が確定。ネット2級の100h★チャレンジで思考の加速な。

■■テンプレここまで■■
当記事はYouTubeでも配信中
SNSで1億人のキラキラ★ブーム
そうか、最近ネットのどこを見ても1億総キラキラに。①そりゃ誰でもキラキラ輝く方が良いし、②何より当試験の主催側は若い子が好き。③それにSNSの時代は誰でも自分を「盛れる」からです。
Q
ほう。自分と答案を「盛ろう」としたら、極秘情報が「漏れて」人生ドンビリまっしぐらのふぞ先輩。まさか今日はそっちネタではないね?
A

こらこら、2月からここもキラキラ★サイト。当ギョーカイは働かないおじさん達の駆け込み寺ではありません。

【キラキラ★ブーム】内面や知性からにじむ美しさ

キラキラ★人生は誰もの憧れ。だがヲタサーの姫はお断り
男性が苦手な「キラキラ系女子」の特徴4つ!実はウケ悪いって本当?
“20代になっても30代になっても、キラキラを追い求める女性たちも少なくないですよね。トレンドを追いかけるのは絶対で何かが流行ると、すぐにInstagram(インスタグラム)にアップ。オシャレで素敵ですが……実は、そこまで男性ウケもよくないとか!?”
出典:4MEEE

キラキラ★レースの評価は信者の数と質。少なくともベテ・ヲタ相手のうすっぺらいステマは採点係にウケるだけです。

外面以外に中身もキラキラ! 企業の人事部で輝くコツは?
①新卒採用担当は会社の「第一印象」であり、②どの企業も競って若手の有望株を人事に登用。③さらに「人を見る目を養うと」「自分を良く見せるコツ」も丸わかりです。

ここのクソサイト主、評論ベテを標榜すると思えば、人事部経験もあり。人材育成なら得意だそうな。

そこでキラキラ★するには、くだらなく
例えば「茶化」「幸の日も毛深い猫」の語呂合わせ。本業キラキラ系の人事パーソンが一生知らない、くだらない語呂合わせで「ちゃかして」知識を駆使できるのも、診断士たる強みです。

今日のまとめ

「事例Ⅰ」「組織論」は【これから】の有望知識
’デジタルシフト’’マーケ主導’の時代は変化が早く、技術やノウハウはすぐ陳腐化へ。イマドキR3「Ⅰ」ファブレスの出題意図がそこにあると知らないのは、ノウハウ×バトンのふぞ先輩位だ。
Q
そうか、今年も想定通りに始まった、たまたま合格先輩の最後の悪あがき=バトンリレー。みんなで「ちゃかして」ウケようぜ。
A

そう、外面こそSNSで好きに「盛れる」が、文章とは内面や知性の美しさがにじみ出る。詐称キラキラのキーワード野郎がくすんでゴミ扱いされるのは、自然の理(ことわり)です。

■■記事はここまで。以下は固定のバナーです■■

4/30発売開始。入手はamazonから、ご本人の告知動画も追加しました。
ベテはなぜ、毎年懲りずにベテベテ落ちる?その理由は、小難しく格調高い与件文の読み過ぎで、答案にまで難解でわかりにくい文章を書くため。