【干物様の決めつけ⑧】正論ジャーの躱し方

世の中【これから】、キラキラ★ブームに。そう聞きつけ、2月限定のサイトタイトルを用意しました。
可愛らしい絵柄につられてウマ娘を眺めると、課金システムから攻略法までいろいろ納得。同じく超巨大「2次」受験人口が爆誕した当試験では、無料から課金まで好きなガチャを選べます。
当記事はYouTubeでも配信中
ロジカルハラスメント:もし上司が正論者だったら?
”正論で相手を論破し、追い込んでいくというハラスメント。正論と言うからには、道理にかなった正しい意見なのですが・・(後略)。”
出典:美人のマネ活

YouTubeをちょっと眺めりゃ、イケメンYouTuberが正論をわかりやすくズバリと解説。そこに我が意を得た正論ジャーは、目下にロジハラまがいをおっ始めます。

【干物様の決めつけ世界観】正論ジャーの躱し方

好戦的にロジハラを仕掛けてくる上司には、3つの特徴。そこを知るのが議論の最初な。

正論ジャー、正論上司にはそうする動機と手口があり、そこを逆手に取れば噛みつかれない。
正論をふっかけてくるのは、自分>相手と認識し、勝算あってこそ。その躱し方は自分を鍛えて、狙いを外します。
Q
正論ふっかける正論ジャーは問題あるが、格下扱いで喧嘩吹っ掛けられる方にも、何かの弱み?
A

その悪目立ち=ふゆかいな合格自慢を見事にハズされ、9,000人の失笑を買う干物様。腹を抱えて彼女をからかう全9回シリーズは、いよいよ後2回です。

ふぞろいな合格答案改め、「ふゆかいな合格自慢」。もし定着したらそのMVPは干物様。

経営資源が限られる診断士試験の世界観では、差別化や高付加価値化は特に重要です!

いや、大企業様がポジショニングでマウントするのはポーターの競争戦略。それより当ギョーカイが重視するのは、バーニーのVRIOで持続的な競争優位な。

強みを活かして連携し、差別化集中・リスク分散!

強み→「事例Ⅰ~Ⅲ」第1問、連携→「Ⅰ」第4問、リスク分散(新事業)→「Ⅰ」第5、「Ⅱ」第2~4、「Ⅲ」第4問。干物様の予言は的中なのに、なぜ悪い予感しかしない?

強みがあっても、顧客のニーズに合わないと物は売れません。顧客第一、提案型へ!

そりゃふぞろいはキーワード統計の強みがあれど、周囲に小馬鹿にされてもう売れない。理由は自社第一で、主催側=顧客の視点に欠ける。かつ提案解決力がゼロ以下です。

干物様の悪目立ち=(省略行動)答を決めつけ
「1次」わずか300hのたまたま合格ちゃんが、何をド勘違いしたのか、ふぞろいの研究成果をパクリで公表。すると最初から勝つ気が満々で、ストーブリーグのネタに事欠く評論ベテが、尻尾を振って噛みつく。そんな事態もやむを得ません。

今日のまとめ

さて、干物様が全9回からかわれる理由
それは親にアまヤカされて育った、世間知らずのド苦学ちゃん。①子供っぽさが抜けず、②受かったアタシを察して欲しい! ③そのヘタクソ国語で合格マウントする行為が、④恰好のネタになるため。
デジタルな時代、正論上司といえども安泰ではない
さらにオーナー社長といえば、攻撃・発散・噛みつき型であるのは日常茶飯事。その正論攻撃を躱すには、自分の成熟度を相手に認めてもらう。つまり発注→受注の上下タテではなく、仲間と思ってもらえる’互恵関係’のヨコが目安です。
Q
保守・萎縮・傷を舐め合う試験サークルでは、助成金の小遣い稼ぎが関の山。それより互恵関係を目指せとは、意外にイイコトぶっこきやがる。
A

そりゃ、世の中この先二極化するほど、正論ジャーがますます増える。マウント攻勢に反撃するには、その手口を知るのがベストな。

■■記事はここまで。以下は固定のバナーです■■
試験の最新ミライをどうぞ。YouTubeではサイトコンテンツを先行配信中です。※(PCからの視聴のみ)音が出ます
ふぞろいブログはなぜ毎朝ヤル気がゼロ以下? その説明が、「相手の時間を奪う」使用者側のマーケの基本と、「稼ぎの悪い」奴から1年で使い捨てるギョーカイ側の事情です。