【干物様の決めつけ⑥】人事施策はHAPPY DAYS

昨年まで40,000円必要だった「TACの赤本」がより使いやすくなって、乗り換え割引2,600円(税別)の驚きキャプティブ・プライスに。そのベストな使い方を、当サイトがさっさと決めておきました。

キレイな国語路線一択の「Ⅰ〜Ⅲ」のベストな使い方が揃うのは、まだまだこれから。今日からまず「Ⅳ」の週10h×3wで、正しい解答プロセスを身につけます。

「Ⅳ」はどうせ猫でも60点で、かつ70点を狙う上値は重たい。そこで最初に得意化すると、12週の後半は「Ⅰ〜Ⅲ」のキレイな国語に集中できます。 ■■テンプレここまで■■
干物様のうっかり決めつけの揚げ足を取り、全9回からかう当シリーズ
隣と傷を舐め合う文化のブログでは「誹謗中傷!」「個人攻撃!」と恨まれかねない所を、学術論議のために自由闊達に発言できる。それが著作権法が定める引用ルールです。
Q
そうか、24匹の低ノウふぞ先輩の正体は、①「1次」知識が薄っぺら ②「2次」はド苦学ぼっちのネット依存の挙句、③誘導館様の旗の下になぜかドヤって後講釈。こりゃコロナ時代で一番ウケるね?
A

そして著作権法の定める引用ルールに従い、全9回シリーズであの決めつけを反面教師に。2022年の更なる競争激化を促します。

8割が落ちる試験と対策【人事施策はHAPPY DAYS】

著作権法の定める引用ルールに従い、互いのプロフを丸晒しにしてノーガードの殴り合い。来年試験の難化を促し、ふぞ+パクリを蹴倒すゲームの始まりな。

「事例Ⅲ」と違い、「Ⅰ」はパターンとキーワードではうまくまとまりませんでした!

こらこら。「Ⅲ」はわかってないホワイトカラー様向けに、手加減して作問。逆鱗に触れて本気を出されると、パターン・キーワードが通用しないのは知っての通りな。

そこで事例Ⅰは論点別のまとめにしました!

世間では、それをレイヤーと呼びます。

長い年月をかけたノウハウと同様、人材や人的ネットワークは企業の宝です!

45歳定年説などどこ吹く風の干物様。先端な企業では、旧弊なノウハウや人材ほど、要らない子です。

決めつけ:コア業務は正規社員、ノンコア業務は非正規活用
うん。昨年までの「事例Ⅰ」なら、それで良い。でも作問心理とは、「これまでになかった」「これからのミライ」を提示するもの。干物様の決めつけを遥かに上回る、①正規社員は社内外をまとめるリーダー⇔②協力企業と互恵でツナがる。新作「Ⅰ」が教えてくれたミライにワクワクします。
決めつけ:人事施策は幸の日も!
いやそりゃ、もう猫でも知るフレームワーク。干物様がいまさらドヤって決めつけるネタではない。
決めつけ:組織改編は毛深い猫!
組織別・事業部制・マトリクス組織の全メリデメを、目を皿にして覚える奴は全痴低ノウ。そうでなく企業の組織構造とは、組織別→事業部制(権限移譲)へと片道切符で進化する。そこで、事業部制のメリデメだけ差分で押さえるのが得策です。

今日のまとめ

Q
そうか、ふぞパクリ⇔200では、知識を押さえる速度が丸違い。それは合格ノウハウ=全てを集めて判断するのと、差額要素=違いや間違いに注目する差。こりゃ今年はイイコト聞いたね?
A

それと同時に、「1次」わずか300hの完全マスター皿回しな薄っぺら vs. 過去問5年×6科目全問を自分の言葉でバツマルした評論ベテ。赤子の手を捻る様に、毎朝からかえます。

受験生支援!なんて息巻く輩は一生おこちゃま
そしてどうやら試験の主催側は合格ノウハウ!を「好感」しない。そこで著作権法に従い、ふぞ+パクリとノーガードの殴り合い。合格者層を丸ごと「交換」すれば済む話です。(100字)
当記事はYouTubeでも配信中

■■記事はここまで。以下は固定のバナーです■■

最新の都市伝説=近年AAAAや270、280点超えの高スコア合格が爆増し、その共通点はキレイな国語。そこで今年最初に事例を解くときは、あえてWord打ち+推敲のキレイな書き方に時間を割きます(詳細後日)。
あの一言多いクセを改め、短文で発信するとなんだか上手く行く。それは読み手の時間を取らせず、単位あたり情報発信量が高まるからです。