【干物様の決めつけ①】世間知らずなボケにツッコミ

昨年まで40,000円必要だった「TACの赤本」がより使いやすくなって、乗り換え割引2,600円(税別)の驚きキャプティブ・プライスに。そのベストな使い方を、当サイトがさっさと決めておきました。

キレイな国語路線一択の「Ⅰ〜Ⅲ」のベストな使い方が揃うのは、まだまだこれから。今日からまず「Ⅳ」の週10h×3wで、正しい解答プロセスを身につけます。

「Ⅳ」はどうせ猫でも60点で、かつ70点を狙う上値は重たい。そこで最初に得意化すると、12週の後半は「Ⅰ〜Ⅲ」のキレイな国語に集中できます。 ■■テンプレここまで■■
9,000人を苦笑いさせた、干物様の決めつけシリーズ
そして正面切って戦う時は、相手の一番弱いトコを突く。アレが謝りもせずに修正や削除をしたり、来年2割が受かってドヤっとする前に、隣のサイトが9回シリーズで落とし前をつけます。

史上最凶の決めつけ悪目立ち【世間知らずなボケにツッコミ】

全9回シリーズの初回は、こちらのリンク記事から。

ブログへのコメントがモチベーションアップにつながり、コメントは大変うれしいです!ブログの内容以外の質問なども受け付けます!

こらこら。「1次」「2次」各300hの痴呆ぼっちな一発たまストちゃん。何をパクってどう勘違いすると、それだけドヤれる? 100字以内で述べなさい。

「○ヤカが思うポイント2つ」のうち、「②問題パターンを把握して対策」について、実際に勉強して分類したパターン・キーワード・テンプレートを紹介します!

ほう、その自慢のパターン・キーワード・テンプレが、どんだけ主催側をイラっとさせ、見事にハズしたか。こりゃ史上最大の治験の始まりな。

自分でまとめる方が理解できますが、私がまとめたものをベースにご自身で改良される方が効率的です!

そこで手抜きをするから作問採点係に嫌われる。この試験の狙い=あたま真っ白に追い込み、一から自分で反省させる。それがR3で確定しました。

決めつけ:一般的に、このQCDはトレードオフの関係!
”QCDのちょうどいい状態になるように、生産管理を重視して運営を「していかなくてはなりません」”
QCDはトレードオフではあるが、「しなくてはならない」ではない

例えば、コストCは多様な手法で下げる方が良いが、納期第一の時流でも、R3C社のように品質最優先の「例外がありえる」。さらに事例には出ませんが、生産現場は必ず「安全+第一」です。

干物様が口出しせずとも、生産現場はそれなりに現場最適済。そこにヘタレをぶっこくと、大きく火傷な。

あれ。どこかのスクールか、参考書のパクリじゃね?
そんな猫でも気づくことさえ、全く知らずにマイノウハウと勘違いするのがド苦学ちゃん。それはセミナーロンダリングと呼び、一度パクった知識は全て誘導館のノウハウに変換するのがサークルに課された義務だから。
生産視点の基本:決まったことを決まった通りに

わが国における生産管理や生産現場の使命は、決まったことを決まった通りに。つまり5Sや3S(標準・単純・専門化)で生産したり、カイゼン重ねてコストダウン。「事例Ⅲ」お馴染みラス問戦略問題は、「Ⅰ」の戦略論レイヤーでそのまま解け、いちいち決めつける物ではありません。

決めつけは当たれば良いが、R3の様に外されると大火傷。反面教師の手本を示した干物様に、9,000人が大感謝です。

今日のまとめ

そもそも、黙っていても「事例Ⅲ」は難しい
それは産業構造が変化して製造業従事経験のある受験者数は減少。そのうえ国内各製造業は現場最適済で、現場の知見は試験に直接役立たないため。
Q
でもその程度は作問係は百も承知。そのうえでこれだけ難化させた狙いが、他にあるだろ?
A

そりゃ、①すぐ何でも答を決めつけず、②問題点を自力で解明できること。③そして企業のあるべきTo-Beを描き、④How要素で助言することです。

そう、こうド正論でこられると、「1次」「2次」各300hのうすっぺら一発たまスト合格の干物様ではぐぅの音も出ない。そして本人自ら謝らない限り、このシリーズは予告通りの合計9回続きます。

■■記事はここまで。以下は固定のバナーです■■

最新の都市伝説=近年AAAAや270、280点超えの高スコア合格が爆増し、その共通点はキレイな国語。そこで今年最初に事例を解くときは、あえてWord打ち+推敲のキレイな書き方に時間を割きます(詳細後日)。
あの一言多いクセを改め、短文で発信するとなんだか上手く行く。それは読み手の時間を取らせず、単位あたり情報発信量が高まるからです。