【当たれば英雄外せば非人】ノウハウブログの利点と欠点

昨年まで40,000円必要だった「TACの赤本」がより使いやすくなって、乗り換え割引2,600円(税別)の驚きキャプティブ・プライスに。そのベストな使い方を、当サイトがさっさと決めておきました。

キレイな国語路線一択の「Ⅰ〜Ⅲ」のベストな使い方が揃うのは、まだまだこれから。今日からまず「Ⅳ」の週10h×3wで、正しい解答プロセスを身につけます。

「Ⅳ」はどうせ猫でも60点で、かつ70点を狙う上値は重たい。そこで最初に得意化すると、12週の後半は「Ⅰ〜Ⅲ」のキレイな国語に集中できます。 ■■テンプレここまで■■
試験前の有頂天が、あわれ有為転変
決めつけドボンの主犯どころか、あのみっともないノウハウ連呼=合格枠1,200名の原因なる汚名を着せられかねないアヤカ様。

わかってない決めつけノウハウで9,000名の失笑を買ったアヤカ様。このからかいシリーズは、ごめんなさい、もうしませんと謝るまで掲載な。

ノウハウブログの利点と欠点【当たれば英雄外せば非人】

「ド素人が決めつけてんじゃねーよ」

予想に違わず作問激変し、しかも答が割れて誰を受からせるかは主催側の専権事項に。その逆鱗の主犯と目されるのが、希代の決めつけ姫=アヤカ様です。

たまたま受かって、まるでわかってないアヤカ様
希代の決めつけ姫の名を欲しいままにする、笑劇の第1号がこの記事です。
後講釈とは言えウケるのが、決めつけシリーズのハズしぶり
史上最多の9,000人から、1,200~1,500人を当選させる、超買い手市場のR3試験。①答がバラけるように難化させ、②後出しジャンケンで採点基準を決める程度は、猫でも知っておくべきマストです。
試験委員の逆鱗のリスクをよく知る誘導館様
①ふぞ先輩が余計な知見をブログでおもらし厳禁であること位、②猫でも知るギョーカイ常識。③その治験の舞台にされたパクリ道場こそいい面の皮です。

一発パクリ=誘導館のサブブランド。誘導館と命運を共にするのは、まさに本望です。

今日のまとめ

ありがとう、アヤカ様!
あの決めつけだけはしてはイカンと、9,000人の記憶に鮮明に。そこで末永く活躍すべく、当サイトからあだ名を進呈いたします。

初めまして、干物様です。わかってない決めつけがいかにリスクか、これから反面教師を務めます。

そう、ブログの世界は当たれば英雄、外せば干物。そして干物とは、噛みつけば噛みつくほど味が出るものです。

■■記事はここまで。以下は固定のバナーです■■

最新の都市伝説=近年AAAAや270、280点超えの高スコア合格が爆増し、その共通点はキレイな国語。そこで今年最初に事例を解くときは、あえてWord打ち+推敲のキレイな書き方に時間を割きます(詳細後日)。
あの一言多いクセを改め、短文で発信するとなんだか上手く行く。それは読み手の時間を取らせず、単位あたり情報発信量が高まるからです。