【PDca→pdCA反省重視】試験の力が一番伸びるのは、試験直後の2週間

team学習は本当に有効?その「まさか」を「そうか」に変えるスタートに選ぶのが、ネットで易化した簿記2級。こちらにメールアドレス記入するだけで、好きな時からいつでも参加可能です。
戦い終えて日が暮れて
1年間、もしくは11週間のベストを尽くして試験に臨み、してやったりとニンマリするのは9,000人の一握り。そしてその境地に達すると、「他人の良さ」も素直に受け止められます。

そう。事例4つのあまりの難しさに心打たれて、「他人の良さ」を素直に受け止め。すると試験サークルの「アラ」も目につくな。

虚心坦懐:試験の力が一番伸びるのは、試験直後の2週間【PDca→pdCA反省重視】

教育心で団結し、9,000枚採点に臨む45名の試験委員

そこに「ボク達のノウハウで合格!」など叫ぶから、猫でもムカつく(=北風)。そうでなく「あの難しい事例はとても解けません」(=太陽)。そう素直に詫びる方が、合格枠が普通に増えます。(100字)
そう、自分たちの非は決して認めない、ふぞ+パクリ
理由は、①誘導館様に忠誠を誓った自分たちがお詫びすることは、②誘導館によるド苦学相手の2割合格商法=ふぞろい+全痴低ノウビジネスを、③根本から否定するため。(100字)

あのウンコな長文ブログの狙いは、①読み手を思考停止に追い込み、②ノウハウ×キーワードこそ正義と思い込ませる。③与件を素直に読みたきゃその程度の行間は読むことです。

そう、試験に受かろう? その邪念を解き放って虚心坦懐

この試験は、①今年で受かろう ②他人より良い答案書こう ③普段の自分の120%の実力を! そんな邪念を持つから多年度ループに一直線で、周囲の200%の力を備えて80%の力で試験を受ければ普通に受かります。

全員出来が悪くても、1,500人以上は誰かが受かる
その時主催側に観察されるのは、難化した事例は80分ではとても解けない。そう諦観=あきらかに見る力を持つか否かです。
Q
諦観? 合格するまで応援するのを諦めない=諦めの悪いサークル勢と比べた、利点と欠点を教えてみやがれ。
A

利点は、ものごとをあきらかに見る力。所詮はガチャと割り切れば、どう対応すべきかも明確な。

欠点は、お馬鹿と付き合うのが莫迦らしくなるコトです。

■■記事はここまで。以下は固定のバナーです■■

4/30発売開始。入手はamazonから、ご本人の告知動画も追加しました。