この星で一番最後の過去問解説。毎朝ウルっとするか、イラっとしてガバっと跳ね起き学習するか。夏の朝は2択で始まり。

逆転に次ぐ逆転【後入先出法:スマホ→PCで視野拡大】

スウェーデンのイケオジ精神科医が提唱する、スマホ→PCへの持ち替え。急速にスマホ依存が解消します。

これまでの、スマホ脳を促進するマーケ

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 1-2.jpg

ディバイスごとのインターネット利用人口では、45歳以上だけがパソコンからのインターネット利用が多いが、それ以外の年齢にあってはスマホがパソコンを上回っているという結果だ。
(中略)これからは、45歳以上の中高年層をどうスマホに取り込んでゆくかを、考えてゆく必要がある。

出典:Live Commerce

スマホの魅力で虜にしようとしたのが、これまで。でもこれからのスクリーンタイムは、1人1日2hまでです。

そしてこれまでのスマホ偏重マーケ一辺倒が、「スマホ脳」の一言で真逆の流れへ。もちろん当試験も例外ではありません。

後出し採点で後入れ先出し【Late-in First-out】

高齢クソベテを執拗に狙い撃ちしてきた当試験。スマホ脳のtwitterバカ横行を見兼ねた、今年の採点基準が楽しみな。

そこで今年の新採点基準を楽しむために
合格にムキになるほど受からせない。そう広く知られた、昨年までの採点基準=後出しジャンケン採点+後入先出法(LIFO)の仕組みを確認します。

Late-in First-outを実現する後出し採点

後入先出法(暗記不要)
商品、製品、原材料、仕掛け品等の棚卸資産の評価、原価計算法の一つで、後から仕入れた物や製造の時期が新しい棚卸し資産から順次払い出されたと規定して棚卸し資産の評価や原価計算を行う方法です。

出典:大翔トランスポート

ではなぜ国際的には禁止の「後出し」をしてまで、合格層の若返り?もちろん、因→果の100字で説明できます。

❶消えた長文ノウハウ君

  1. 採点係に嫌われた
  2. YouTubeとの勝負に負けた
  3. 短文twitterでは問題外
  4. ブログ界でさえ飽きられた
解説
採点係に嫌われた長文ノウハウ
ブログからさえも消えた経緯は、①YouTube人気で正しいやり方が紹介されると、②こんな駄文を長々書くと読みづらくて落ちると誰でも気づき、③短文を端的に書くキレイな日本語が主役に。(100字)

❷合格平均年齢をなぜ下げる? どう下げる?

解説

なぜ下げる? そりゃ加齢臭漂うベテが嫌い。さらにマイ学問を後世に伝える生殖本能と聞いて納得です。

どう下げる? そりゃ過去問の答えをひたすら暗記するのが高齢クソベテ。そこで作問傾向と採点基準をWで変更な。(計100字)

❸もう一つのLIFO~求めているのはスタイル多様化

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: LIFO01.gif

LIFOは、『LIFOサーベイ』という自己診断を中核とした、人の強みに焦点をあて、強みを活かすための方法論です。LIFOという名称は、Life Orientationsからとっています。

出典:㈱ビジネスコンサルタント
解説
出題側は特定合格スタイルへの偏りを嫌う
①そもそも中小企業政策自体が多様性重視ですが、②ヒトの価値観が割れる時代ではよりコミュ力重視の面接試験に。③そして勉強がデキる君を狙い撃つため合格層は二極化します。(100字)

うん。同じ人類とは思えない価値観の差を、時にマウントも辞さず乗り越えるコミュ力。これからの試験のマストはそっちです。

今日のまとめ

逆転に次ぐ逆転。採点基準は今年も変わるワンポイント

  1. 後入先出LIFOで、高齢クソベテを狙い撃ちしてきた当試験。非スマホ脳の広がりで今年の採点基準は流動的に。
  2. 採点係の好みは、クソ長文でも短文twitterバカでもないキレイな日本語。後出しジャンケン前提で今年も進化を。(100字)

ではどんな悪文を書くと今年もスベる? いつもの反面教師が大活躍です。

毎年変わる採点基準の一歩先へ。誰にも好かれるキレイな日本語

  1. 修飾語を控え字数を節約
  2. 字数の長さは極力揃える
  3. 韻を踏むとリズムが良い
  4. 説得するには因→果関係
  5. 20、30、50字感覚を掴む
  6. わかっている感=信頼UP
  7. 箇条書きなら3,5,7の奇数

外すとOUTな国語の試験。①100字マス目=第一印象重視になるから、②30字×3 or 50字×2を最初に2択し、③ナンバリングを使って「分かっている感」をアピールな。

暗記で伸びる夏が来た。
朝の跳ね起きついでにクリックを
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村

>増枠時代の採用面接試験への備え

増枠時代の採用面接試験への備え

ノウハウ君と多年度ベテの合格自慢を一掃すべく、難関国家資格の称号を投げ捨て、「1次」合格時点で〇〇診断士を名乗ってOKとした出題側。ふぞろい200hでコロコロ2割受かるなら、最新ふぞ14の発売を待ち、その真逆をすれば確実5割はイケるだろう。新たな仮説が始まります。

CTR IMG
PAGE TOP