これまでのアナログを、これからのデジタルに。試験のイノベーションが加速します。

一発パクリ道場支持率は右肩ダダ下がり【あるある失敗学】

当サイトにおける「まとめ派」の表現ですが、野網先生より「さすがにやめてください」とご連絡いただきましたので、以後使わない様にいたします。御迷惑おかけし申し訳ありませんでした。

さすがにここまでやらかすと、ダイリューションどころかポリューション。そりゃここのサイト主が全面的に悪い。

さぁでもこれでお詫びと禊は済んだ。「まとめシート」と無関係である前提で、のれんバトンの反省会+お詫びも加速だ。

記者会見の度に右肩下がり

画像:毎日新聞~専門家が失敗と批判するGoTo会見

こらこら、試験ブログに政治や宗教ネタは持込禁止な。そこで、昔AKB48なる国民的アイドルグループがいたのを覚えているか?

そういえば、あれの人気もダダ下がり。そこで今日は【あるある失敗学】として、人気凋落の理由とその挽回・回避策を考えます。

一発パクリ道場支持率は右肩ダダ下がり【あるある失敗学】

教えよう。これが支持率がダダ下がる3つの理由です。

AKB48一発パクリ道場
チャート集計方法の変更出題傾向・採点基準の変更
主要メンバーの独立卒業主要メンバーの不在
管理の不備・メンバーの失言カスリもしない長文ノウハウ

1⃣紅白落選も必然・・AKB48が急速にオワコン

AKB48は、2016年まではビルボードでも上位を占めていた。しかし、2017年以降にランクが徐々に落ちていく。ビルボードがチャート指標の比重を変えたからだ。(中略)このルール変更によって、AKB48は“人気錬金術”ができなくなった。
出典:2020/12/27 文春オンライン

AKBの人気凋落? そりゃ自分達の組織投票がチャートに反映されないと分かれば、いくらふぞなヲタでもCDのオトナ買いは止めるだろ?

ただし、オワコンなんてふっる臭いオジサン用語こそオワコン。ネットスラングの多用は死んでもやめとけ。

2⃣オンライン活用度で明暗~Zoom普及のメリデメ

ほぼコストゼロで地域を越えて気軽に集まり、その結果、活用⇔情弱度で逆に情報格差を広げたのがZoomです。
画像:Hashikake~社員研修はオンラインでいい?

活用メリット情弱デメリット
誰でも集まれるいつも同じ面子が鉢合わせ
各種準備が不要にネット環境で動画コマ落ち
情報発信が容易隣同士で話せない
主催者側が単独優位つながりやすいが切れやすい

要するに、つながりやすいが切れやすい。さらに自分達で自分を褒め合うお友達ごっこゆえ、ネット情弱ばかり集まるのがパクリ道場の凋落原因です。

そしてZoom=デジタル技術への参入障壁はゼロだから、セミナー開催ノウハウを後輩にバトンする意味がない。今求められるのは集客力あるコンテンツ、つまり×試験ノウハウではなく、○パラワークで稼ぐ実戦ネタです。

3⃣カスリもしない長文ノウハウ

~Wで要らない子~たまたま自慢+多年度ノウハウ
合格スタイル多様化を図り、多数派ノウハウから狙い撃つ姿勢を明確にした出題&作問係のオトウサン達。そのとき格好の悪目立ちが、この3匹のノウハウだ。

いけ好かない合格自慢
阿呆なダンスの金型様
変化を拒む長文おじさん

特に最後のコイツは真正バカ認定。①努力しても8割落ちて ②ふぞろいでも2割受かる試験では、くじ引き前提の対策が全員マストな。

時流の読みを外すうえ、勤務先で相手にされないノウハウ馬鹿は、これから黒字リストラまっしぐら。転職面接ではお断り、士業での連携など以ての他です。

今日のまとめ

【あるある失敗学】
AKB48の復活はあるか→ ない
一発パクリの復活は →本人達の意識次第

ほう? あのパクリ・ステマ丸出しのれんに、まだ復活の道がある。

えっへん。それは診断士には時流のニーズが右肩ダダ上がり。そしてふっるいタテを蹴飛ばし同期のヨコでつながれパラワーク。つまり旧弊のバトンを投げ捨て、タキプロ型を目指すことです。

そうだ。どうせ情弱のれんは気づいていないから、試験勉強では教えてくれない、ビジネス上の禁止事項を2つ教えてあげよう。

禁止① 他責思考

”ボク達合格者様がとなりのふぞとコラボして、試験委員を倒そう! そこに落とし穴を掘る隣のサイトはけしからん”
→違うぞ。ボク達こそ正しいと妄信=迷信的学習です。

禁止② 受験生支援行為

”ボク達のノウハウをパクれば、あなたもたまたま2割合格!”
→うん、それは正しい。でもパクると8割スベる注意書きをしないのは、優良誤認だ。

受験技術が一巡すると、試験当落のセンス・地頭・たまたま=くじ引き化がさらに加速する。その時好まれるスタイルとは、①試験合格を目的化せず、②普段のビジネス力を磨き ③当試験をついでに合格・卒業することです。(100字)

これまでのアナログをこれからのデジタルに
クリックする度に試験が進化します↓

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村

>200%ミライスタイル

200%ミライスタイル

たまたま受かったあの合格自慢は要らない子。これまでのやり方では努力するほど8割落ちると当確した試験で、最低5割で勝ち上がるこれからのスタイルとは何か。
そして合格者様や支援サークルを一掃した先の、次のミライはどうなる? ぜひアイデア・ご意見をお寄せください。

CTR IMG
PAGE TOP