「絶対に」パクらせない夏が始まる。Goal for 2021~スマホを捨てて野に出よう。リアルなネットワークでコミュニケーション力をダダ上げに。

【独学有利~毛深い猫】ファーストペンギンで先行利益

ファーストペンギン

画像:ケイのblog

集団で行動するペンギンの群れの中から、天敵がいるかもしれない海へ、魚を求めて最初に飛びこむ1羽のペンギンのこと。

出典:日本の人事部

採点基準が独学・初学有利になぜ進化? 「!」を乱打しないとブログも書けない2次スクールの合格率は、なぜ軒並み2割以下? そう、200%国産和製純ドメスな当試験では、洋行帰りの一言でガラリと競争が変わります。

独学者は、自分で考え、やってみるしかないからね。

つまり合格要素をオールインワンにした「1・2次ストレート」通学も悪くないけど、独学者の「2次」対策は、①まず自力で過去問を →②ふぞろいで全体感を知る →③答案の書き方は自分で作る。

そんな独学・初学優遇の採点姿勢が、意図的にアドリブ感を出した89点答案を通じて広まると。出題側の狙い通り、合格者総入れ替えの時代がやってきます。

【独学優遇~毛深い猫】ファーストペンギンで先行利益

採点基準が独学・初学優遇とはいえ、スクールに頼らず合格できる?

うん、スクールの力も侮れないけど、変化の時代はネット勢の力が上回ります。「2次」対策を外さないコツを、 例えば「Ⅰ」で覚えた、こんなフレームワークで。

:権限移譲100点でなく60点狙いとは
:部門事例Ⅰ⇔Ⅱ⇔Ⅲの切り分け
かい:階層 レイヤー使いで鉄板回答
:ネットワーク誰と手を組むか
:コミュニケーションどう手を組むか
①権限移譲 ~100点でなく60点狙い

60点前後は安定して取れる。70~80点にはかなりの努力が要る。ではどうしよう?

②部門~ 事例Ⅰ⇔Ⅱ⇔Ⅲの切り分け

なんと8年前の人気記事。今とどこが同じでどこが違うか。変わらない所が「事例の本質」です。

③階層~レイヤー使いで鉄板回答

「2次」の事例はレイヤーで解くもの。ふぅん、レイヤーって何だい? ネットを検索すると、だいたい当サイトの記事がヒットします。

④ネットワーク~誰と手を組むか

診断士対策の特徴が、組織学習や勉強会。独学予定の方も、まずこちらを参考に。

三田紀房 公式サイト

ドラゴン桜は、個性溢れる教師による受験テクニックや勉強法により、学力が中学生以下の水野直美と矢島勇介が東京大学合格を目指…

⑤コミュニケーション~どう手を組むか

例えば、勉強仲間で互いに採点。すると周囲の良い所を真似、自分の悪い所を直して合格実力に。ふぞろい基準でホントにスクール要らず?

フレームワークが自己流ノウハウに勝る点は、①国語の法則に準じるため、②誰でも安心して使え、③説得力が高いことです。これを早く採用し、試験に限らず普段のビジネスや受験戦略で試す。するとテストのスコアが安定します。

今日のまとめ

周囲がやってるコツをフツーにやれば、この試験は外さない。さらに誰もやらないことを、思い切って最初にやると先行利益。ただし「2次」本番でするのは慎重に。

誰も書かない素敵なナイスアイデアは、採点者が理解できずに×がつく。そこに待つのは罠だらけの血の海です。少なくとも、今知られる80点、90点答案は(時間制限さえなければ)誰でも書ける内容。すると疑問が浮かぶはず。

この試験、自分で考え新しいコトに挑めばいいんでしょ。でもなぜ皆やらないの?

それは「経済学」で教えたろ。誰だって最初は新人だから、新しいコトを試すんだ。

はい。

ところが年季を食うと、新しいコトに挑む限界効用が下がり、罠のリスクが気になる。そして似通った安全答案を作りに行く手順を狙い撃たれ、8割ドボンだ。

ふぅん、だからこの試験、合格努力・実力を積み増して年季を食うほどドボンしやすい。そこで気持ちが新鮮なうちに、いろいろ試してTry&Error。特に挑戦する立場の独学・初学者には、ファーストペンギン作戦は狙い目なのです。

絶対にパクらせない夏が始まる
クリックの度に視野が広がります↓
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村

>増枠時代の採用面接試験への備え

増枠時代の採用面接試験への備え

ノウハウ君と多年度ベテの合格自慢を一掃すべく、難関国家資格の称号を投げ捨て、「1次」合格時点で〇〇診断士を名乗ってOKとした出題側。ふぞろい200hでコロコロ2割受かるなら、最新ふぞ14の発売を待ち、その真逆をすれば確実5割はイケるだろう。新たな仮説が始まります。

CTR IMG
PAGE TOP