この星で一番最後の過去問解説。毎朝ウルっとするか、イラっとしてガバっと跳ね起き学習するか。夏の朝は2択で始まり。

【5月が開幕戦】「法務」で磨く国語力

国語のセンスでノウハウ要らず。

診断士「2次」は国語の試験!だからノウハウで勝負!

①そう信じて疑わない合格者様が1/3いれば。
②国語のセンスが端からあるのでノウハウ不要、
③「法務」でセンスを磨いてノウハウ不要が、各1/3?

いえいえ、今はまだノウハウ依存派⇔不要派が半々で拮抗。

そこで8月からの限られた時間を、「国語の読み書きノウハウ」で無駄遣いしないよう。今日は「1次」4科目で磨けるスキルのおさらいも。

「法務」で国語的、「経済」で理数的記述スキルを磨く。

画像:学校法人桐朋学園

【5月が開幕戦】「法務」で磨く国語力

「法務」なのにアウェー。まずは苦手の理由から。

http://fuxin24.net/2018/04/01/post-12026/

産業財産権は暗記の王様。表で覚えるスキルが備わる。

http://fuxin24.net/2017/03/22/post-1455/

会話形式問題で、論点を素早く読み取るスキルを磨く。

http://fuxin24.net/2018/04/03/post-2088/

今日のまとめ

「法務」の国語がスラスラ読めれば、「2次」の国語は怖くない。

とはいえ「法務」の国語は甘くない。つまり、基本知識の暗記なくして、国語的に読んでも答えが出ない。

難化した「法務」に、苦手意識を持つのが当たり前。

そこで、苦手を作らず「法務」を努力と工夫で乗り越える。すると「2次」ではボーナス点、国語力の下駄を履かせてもらえる仕組みです。

ふぞ採点は5,000人のマストに
競争を高めて今年でイチ抜け
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村

>増枠時代の採用面接試験への備え

増枠時代の採用面接試験への備え

ノウハウ君と多年度ベテの合格自慢を一掃すべく、難関国家資格の称号を投げ捨て、「1次」合格時点で〇〇診断士を名乗ってOKとした出題側。ふぞろい200hでコロコロ2割受かるなら、最新ふぞ14の発売を待ち、その真逆をすれば確実5割はイケるだろう。新たな仮説が始まります。

CTR IMG
PAGE TOP