ふぞろいが反面教師で、ノウハウ全面禁止。増枠時代の試験のミライを先取りします。

【5月が開幕戦】「運営」スコアは5月に伸びる

暗記知識の再構成。

「運営」スコアは5月に伸びる。つまり本来暗記科目である「運営」は、「情報」以下の3兄弟で暗記スキルを鍛えた後に取り組むと、面白い様に点が伸びます。

【5月が開幕戦】「運営」スコアは5月に伸びる

さらに抜け駆け合格スタイルを選ぶと、

「生産管理」は、JIS定義中心に確実な暗記を進め、
「事例Ⅲ」で問われる知識は、重点的に体系化。

そうなんです、スト合格者の言い分とは、絵に描いた餅。一事が万事上手く行く気がして仕方ありません。ではその絵に描いた餅を実現する力を磨くのが「運営」。こんな所から思い出します。

スピテキ改訂が追い付かず。「Ⅲ」出題順に自力で並び替え

http://fuxin24.net/2017/12/21/post-9168/

「2次」が問う4事例のうち、「事例Ⅲ」「Ⅳ」は出題が急速に難化し、受験校の対策やテキスト改訂が追い付いていない。そこを知ると、「Ⅲ」を先に得意化し、それに合わせて「運営」知識を再構成。抜け駆け合格の効果を実感するのがここ。

診断士試験は砂金取り。「1次」の意外な所が「2次」に出る。

http://fuxin24.net/2017/12/16/post-1905/

「運営」対策は、小難しくせず基本に忠実に。

http://fuxin24.net/2017/01/05/post-25/

今日のまとめ

「運営」スコアは5月に伸びる。

さらに、「情報」以下の3兄弟が「暗記のメカニズム」とすれば、「生産管理」は「作業を効率的に進めるメカニズム」です。つまり、「運営」を得意にし、テストの点を取る効率が上がると、

「経営」「経済」「法務」も芋づる式に得意化できる。

うん、やはりスト合格者の言い分は絵に描いた餅。それを実現する力を磨くのが、5~6月の完成答練期と言えそうです。

ふぞを反面教師にノウハウ全面禁止
1,500人増枠時代が待ったなしです↓

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村

>増枠時代の採用面接試験への備え

増枠時代の採用面接試験への備え

ノウハウ君と多年度ベテの合格自慢を一掃すべく、難関国家資格の称号を投げ捨て、「1次」合格時点で〇〇診断士を名乗ってOKとした出題側。ふぞろい200hでコロコロ2割受かるなら、最新ふぞ14の発売を待ち、その真逆をすれば確実5割はイケるだろう。新たな仮説が始まります。

CTR IMG
PAGE TOP