この星で一番最後の過去問解説。毎朝ウルっとするか、イラっとしてガバっと跳ね起き学習するか。夏の朝は2択で始まり。

【5月が開幕戦】忙しい時ほど「財務」はスラスラ

新入社員が戸惑うビジネス用語。

NAVERまとめ サービス終了のお知らせ…

直行/直帰に「ニッパチ」。ヒトはどうやら、忙しいほど略語や業界用語を使うそう。

そして借方貸方に始まり、当期純利益や繰越利益剰余金まで。あの暗号のような会計用語も「忙しいヒトたちの業界用語」と思えば納得。だって少し齧って使うだけで、すんなり業界入りです。

会計の世界は忙しい。つべこべ言わすセオリー通りに。

当試験、5~6月完成答練期は4月までと比較にならないほど忙しい。ここがチャンスで、いちいち考えず体で覚えた型通りに解く。すると理解が後からついてくるのでしたっけ。

【5月が開幕戦】忙しい時ほど「財務」はスラスラ

初学スト生の5~6月はクッソ忙しい。そして忙しい時ほど「財務」はスラスラ解いて、手の空いた7月は「Ⅳ」計算問題で「財務」を兼ねて一石二鳥。では思い出すのは、こんなこと。

「財務」の基本は手を動かす。「要するに」と一言添えて。

http://fuxin24.net/2018/02/23/post-10823/

「財務・会計」といえど、ファイナンス論点を除けば基本は簿記。余計なコトを考えず、手を動かして解き方を体得するのが基本です。

でも周囲が皆やる「基本」だけではそう勝てない。「要するに」と説明できる理解力が、この先の点数差になります。

「2次」では意識しにくい原価計算。理論を知るには今のうち。

http://fuxin24.net/2017/11/24/post-1794/

ファイナンス過去問は良問揃い。テキスト代わりにも。

http://fuxin24.net/2017/02/12/post-627/

今日のまとめ

なぜ忙しい時ほどスラスラ解けるの?

A:答えは簡単。①簡単な問題から解くようになるから。

その次は、②簡単だけど時間がかかる問題。これを当てると「財務」は60点を超えてきます。

努力の方向性を間違わなければ、全くの未経験者でも、財務・会計で高得点を取ることは可能です。

そう、例えば会計士を筆頭にする「財務」得意組なら、易化H29「財務」で80~92点は当り前。そうでなく、全くの未経験者でも合格点~高得点を十分狙える。頼もしいセオリーが出てきたものです。

ふぞ採点は5,000人のマストに
競争を高めて今年でイチ抜け
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村

>増枠時代の採用面接試験への備え

増枠時代の採用面接試験への備え

ノウハウ君と多年度ベテの合格自慢を一掃すべく、難関国家資格の称号を投げ捨て、「1次」合格時点で〇〇診断士を名乗ってOKとした出題側。ふぞろい200hでコロコロ2割受かるなら、最新ふぞ14の発売を待ち、その真逆をすれば確実5割はイケるだろう。新たな仮説が始まります。

CTR IMG
PAGE TOP