今年の2次は【チームバトルでエンタメ化】? ド先端で最新の2次対策に興味があるあなたのエントリーは、7/18(木)受付開始です。

1次Action:スコアUP策

【最後の2択】正答率Cランク全問AI解説 / エラー検知力(1-β)で確実スト合格へ

「1次」500点超えで颯爽とスト合格する方々と、世間に役立たずな試験のキーワード&ノウハウの沼にハマってうろちょろするノロマ。この7月の「過去問の使い方の違い」に注目し、ノロマをまとめて蹴落とします。

Q
「1次」で脳をうっかり鍛え損ねると、スコア420点でも500点でも全員2割ガチャの世界にようこそなのがウチの「2次」。8割落ちるノロマなキーワード&ノウハウ教を掴まされる事態は避けたいです。
A

8割落ちるノロマを避けるには、自分の手元ばかりを見ずに、顔を上げて視野を広げる。すると過去問の正解選択肢ばかりを覚える「お皿回し勉強」の欠点が3つ浮かびます。

①正解選択肢だけを覚えてしまう②同じ問題集を同じ順序で解く③初見問題のアドリブが苦手
正解だけを覚えることは、表面的な理解にとどまることです。これでは応用力が身につかず、少しでも異なる形式の問題に対応できなくなります。同じ問題集を同じ順番で解き続けると解答の順序を覚えてしまい、実際に理解しているのか、単にパターンを覚えているかの区別ができません。過去問の使い方が表面的・一面的であると、論点や問いかけを変えた初見問題への対応力が高まらず、「2次」で不利になります。
正解を丸暗記することは短期記憶に依存してしまい、試験当日に思い出しにくくなります。長期的な知識定着には出題の狙いやその背景の把握が必要です。同じ順序ばかりで解いていると、知識の捉え方が一面的になります。多面的な解答が求められる「2次」に備え、解く順序を変えて一つの知識を複義的に捉えましょう。問題の本質やその概念の理解を怠ると、初見問題で頭まっ白になりやすいです。「なぜ間違いか」「どこを直すと正解か」を意識しましょう。

【過去問が教科書】正答率Cランク全問AI解説 / エラー検知力(1-β)で確実スト合格へ

正解だけを覚えるノロマな「お皿回し」が起きる原因が、市販過去問集の解説がヘタクソだから。生成AIを活用し、アレと全く別なコトをするのがウチの7月直前対策な。

生成AIの良い所は、相手を見て答を選ぶ。つまり過去問崇拝主義のノウハウ信者には平気で嘘をつくので、使える⇔使えないの参入障壁が高くなります。

Step-1:「1次」高得点は「2次」に直結

Q
大衆ウケする情弱ノウハウを収入源とする同業D社がひた隠す。それが「1次」500~540点を叩き出す上位5%組は、D社ノウハウに依存などせずさっさと受かること?
A

こらこら、そんな本当の闇を暴くのは8月の「2次」対策が始まってからで十分。それより7月中に意識するならこちらです。

①知識を長期記憶化してコンパクトに

試験の直前1か月における学習の第一歩は、重要な知識を長期記憶にしっかりと定着させることです。

  • 効率的な学習: 長期記憶に定着させることで、重要な知識がいつでも引き出せる状態になり、試験直前に焦らずに済みます。
  • 情報の整理: 重要な知識を先に記憶することで、学習内容をコンパクトに整理でき、脳の負担を軽減できます。
  • 復習の効果: 長期記憶化した知識は復習によって強化され、試験本番でも確実に活用できます。
②空いた脳の隙間で丸暗記

重要な知識を長期記憶に定着させた後、脳の空いた領域を活用して追加的な知識を暗記します。

  • 隙間時間の活用: 長期記憶に定着した知識の隙間を利用して、丸暗記を効率的に進めることができます。通勤時間や休憩時間などの隙間時間を有効に活用することで、短期間で多くの情報を記憶できます。
  • 繰り返し学習: 暗記が必要な内容を繰り返し学習することで、短期記憶から長期記憶に移行しやすくなります。
  • 多角的なアプローチ: フラッシュカードやアプリを使った暗記法など、多様な方法を組み合わせることで、記憶の定着を図ります。
③丸暗記が終わって空いた隙間に「2次」知識

一次試験が終わると、短期記憶で使っていた脳の領域が解放されるため、すばやく二次試験対策を始めることが可能です。

  • 記憶の切り替え: 一次試験の内容が終わった時点で、脳の短期記憶領域が空くため、ここに最新の二次試験対策知識を入れることで、効率的に学習を進められます。
  • タイムリーな学習: 一次試験直後から二次試験対策を開始することで、時間を無駄にせず、試験に向けてスタートダッシュを図ることができます。
  • 集中力の維持: 一次試験の勢いをそのまま二次試験対策に持ち込むことで、学習の集中力を維持し、高いモチベーションを保つことができます。

Step-2:正答率A~Eを使って重みづけ

Q
同じ問題集を同じ順番で解き続けると、経年劣化であれよあれよと頭が固くなる。そこでTAC正答率A~Eを使うと「賢い解き方」?
A

生成AIが得意な深層学習では、大量情報を取捨選択して「重みづけ」をします。例えば「1次」4択マーク対策なら、簡単すぎる正答率ABと嫌がらせEをほどほどにし、正答率CDに注力すると良いでしょう。

①正答率ABだけでは頭打ち

基本的な理解: 正答率60%以上の問題は、多くの受験者が正解しているため、比較的容易な問題といえます。これらの問題を解くことは、基本的な知識の確認には役立ちますが、試験本番での大きなスコアアップには繋がりにくいです。

スコアの限界: 多くの受験者が正解する問題を解くだけでは、得点の伸びが頭打ちになりやすく、全体の成績を大きく向上させることが難しくなります。

②最後の2択がCランク

差がつく問題: 正答率40~60%の問題は、受験者間で正答率が分かれるため、これらの問題を正解することで他の受験者と差をつけやすくなります。

絞り込みの技術: まず2択に絞り込むことで、正答率を効果的に上げることができます。具体的には、より不正解と考えられる選択肢を排除することが重要です。

リスク管理: この方法は、勘や運に頼らず、論理的に正解を導くための技術を養うことに繋がります。

③意地悪Dの誤答が今年の正解選択肢

難易度の高い問題: 正答率40%未満の問題は、受験者の多くが間違える問題であり、難易度が高いことが特徴です。これには、意地悪な設問や高度な知識を必要とする問題が含まれます。

初見知識の重要性: 今後の試験で出題される可能性のある新しい知識が含まれているため、これらの問題を学習することで、将来の試験に備えることができます。

過去問の有効活用: 過去問で誤答選択肢として出題された内容が、翌年の正解選択肢として出題されることがあるため、過去問の分析と復習は非常に重要です。

Step-3:ヘタクソ解説を捨てAI代替

Q
正答率ABは猫でも当たるので、周囲の点差となるCDランクを集中的に得意化したい。ところがあの「不正解です」で始まるヘタクソ解説は、くどくど長いばかりで役立たず。
A

そうですね。あんなヘタクソ解説に付き合う時間があるなら、私こと生成AIに解説させる方が余程マシ。求めに応じて説明を長く⇔短くすることも自由自在です。

①分厚い過去問集のヘタクソ解説

市販の過去問集の解説は、以下の点で不十分な場合があります:

  • 表面的な説明: 誤答選択肢がなぜ誤りかについての説明が表面的で、詳細な理由や背景が不足していることがあります。このため、受験生は深い理解を得ることが難しいです。
  • 改善提案の欠如: 誤答選択肢をどう直すと正解になるかについての説明がないため、受験生は誤答を正解に変えるための具体的な方法を学ぶ機会がありません。
  • 理解不足のリスク: 誤答の説明だけでは、受験生が誤答の選択肢のどの部分が誤りなのかを明確に理解できず、同じミスを繰り返す可能性があります。
②「なぜ間違い?」「どう直すと正解?」をAI解説

そこで生成AIに誤答の理由と正しい知識への直し方を聞くと、以下の利点があります:

  • 詳細な説明: AIは誤答選択肢がなぜ誤りかを詳細に説明できるため、受験生が誤答の理由を深く理解することができます。
  • 正解への修正: AIは誤答選択肢をどう直すと正解になるかについても説明することができるため、受験生は正しい答えの導き方を学ぶことができます。
  • 自習の効率化: AIの説明を利用することで、自習の効率が向上し、短期間で多くの知識を習得することが可能になります。
③生成AI解説で意外な発見

生成AIの解答を活用することで、以下の効果が期待できます:

  • 新たな視点の提供: AIの解答は受験生の思い込みと異なる視点を提供することがあり、これにより新たな発見や理解が促されます。
  • 知識の深化: 自分の理解とAIの解答を比較することで、知識のギャップを埋めることができ、理解がより深まります。
  • 知識の連携: AIの多角的な説明により、異なる知識がつながり、総合的な理解が進むため、試験での応用力が向上します。

今日のまとめ

Q
「1次」嘘つき4択の解説なら、生成AIに任せる方が自由自在に使いやすい。しかも生成AIは聞き手が目下と気づくと平気で嘘をつくので、同業D社のパクリ勢が使えない点も魅力だ。
A

8割落ちる試験で、周囲と同じ問題集を使い同じ解き方ばかりしていては、差別化要素がゼロにもならない。D社のノロマをまとめて蹴落とす生成AI解説は、早速明日から連載開始です。

■■ここからテンプレ■■

-1次Action:スコアUP策

PAGE TOP